pompa benzina

一般道を走行中に、いつもは五月蝿い電磁ポンプの音がストップ。
今までも作動音は不安定だったので気にせず、走行していたら
ゆっくりとエンジンストール。これは電磁ポンプかな…と珍しく
さほど慌てず路肩に止め、フロントボンネットを開けて確認。
やはり電磁ポンプの作動音が聞こえません。
配線を確認したものの特に異常は無し。いろいろいじり、もう一度キーオン。
鈍く「カタ…カタ…」と再び作動音が聞こえました。
a0152288_2249347.jpg
FACETの小さな電磁ポンプ。納車時からこれが付いていました。
a0152288_2259852.jpg
中央のシール部分を見ると「94]と「12」に三角の切れ込みが。
a0152288_22534384.jpg
「1994年12月生産」ということでしょうか。
a0152288_22574918.jpg
16年ものの電磁ポンプに別れを告げ、国産メジャーのミツバ製に交換しました。
エンジンストールからFACETのポンプは何とか動いている状態でしたが
前々から少し心配だったので既にミツバ製は購入済みでした。

装着後、試運転をしガソリン漏れや不具合が無いか確認。
心持ち低速から高速時のエンジンの吹け上がりのスムーズさが
上がったような…気のせいでしょうか。
a0152288_2354863.jpg
その後は、主治医のブログで言及されていたフューズボックスの清掃を。
(左2箇所が未清掃の状態です)
a0152288_238926.jpg
結構、酸化皮膜が覆っていましたが、そこそこ綺麗にし今日は作業終了しました。

だいぶと京都も暖かくなってきましたが、花粉が少し飛散しているようです。
年中無休のfiat500ですが、春のドライブは格別に気持ち良いものだと思います。
初参加の500 POLIも3/28に迫りました。ドライブ時などアクシデントが
あったとしてもで自分で「基本的」な作業が出来ると出来ないとでは、
雲泥の差があると感じます。(私自身も勉強中です)
「作業なんかしない」としても知識として理解しておくだけでも、いざと言う時
パニックにならなくて済むと感じました。日々楽しく勉強です。
[PR]
by fotografiat500 | 2010-03-12 23:18 | メンテナンス(自力)