kobe Osaka Cinquecent Metting

3/14
京の都では31stTSMとCoppa di Kyotoが華々しく同時開催されていました、が
なかなか無い主治医のチンク会。様々な車達を愉しむのも良いですが
それはいつものユルいTSMの時にし、今回はkobe Osaka Cinquecent Mettingへ。
a0152288_748362.jpg
fiat500Dのリア部分。F/L/Rとの違いが解るでしょうか。

総勢15台?ほどだったかと思います。
それぞれのオーナーによる、溺愛ぶりを堪能させていただき
また楽しい会話は収まらず、ついつい写真を撮るのもそっちのけ、でした。
a0152288_749058.jpg
社用車にするなら、ジャルディニエラかムルティプラ。
ムルティプラは大好きな車ですが、初めて拝見させてもらいました。
13年程、ひっそりと地道に楽しんでこられたようです。
a0152288_7492266.jpg
20年目に突入の滋賀のYさんのfiat500。
乗ることの楽しさと、如何にそれを持続するかということを知った気がします。

全員のオーナーと楽しく話させて頂きましたが、ついついfiat500ばかりの
話で、お名前などを聞き忘れるいつもの駄目な癖が出てしまい
お伝え出来るような写真も撮れずじまい。

ただ沢山のオーナーと、AM11:00からPM5:00までの何でもないダラけた
1日を過ごせたことはやはり楽しかったです。
そして、いつものTSMに負けないユルさが
この会の醍醐味ではないかと思います。
そうした繋がりの場を提供してくれる主治医に感謝です。

帰路にて。
a0152288_17203223.jpg
急にアクセルが軽くなり、もしやワイヤーが切れたか?と思い路肩へ。
エンジンを確認した所キャブレターのリンケージ部分のピンが破損しただけでした。
a0152288_1722494.jpg
主治医から頂いたスペアで1分ほどで再起動。

ともあれ、始動前確認を怠らずやれよ、と言うことでしょう。
精進します。(ほんとに)
[PR]
by fotografiat500 | 2010-03-15 17:24 | イベント