LADO TAPIA

少し時系列が前後しますが、1週間程前に3/28に初参加してみる
チンクエチェント・ポーリに向けて、fiat500のオイル交換を。

私のfiat500のオイル遍歴と言えば(Sはセルフ・Aは主治医交換)
MOTUL(S)-NUTEC(S)-NISMO(A)-BRAD PENN(A)-NUTEC(A)と
来ていましたが、ここ最近は主治医がブレンドしてくれたNUTECに
落ち着きそうでした。しかし…
a0152288_0562762.jpg
LADO TAPIA
「ラドタピア」なるオイルが登場したことにより、元来ミーハーで
新しもの好きな性格故に試させてもらうことに。

NUTECにも同じ「10w-60」粘度はありますが、本当にその粘度?と
思う程、粘り気が強いものでした。しかし、性能は私のような素人でも
(毎日使用している為か)解る程良いと思います。
油温計が90度(ラインは100度程)からの底力があり、3000km走行後でも
オイルが抜けてしまうようなヘタリをあまり感じませんでした。

LADO TAPIAでも700kmほど走りましたが、始動性はNUTECと変わらない印象。
ヘタリも同じく、ただ油温75度からのスムーズさは私のfiat500の場合、
こちらに軍配が上がる?かも知れません。
登坂時にもわざと少しエンジンに負荷をかけてみましたが、
トルクが落ちてオイルが抜けるような感覚は無しでした。
もちろん気温・空気密度・その日の「精神状態」…で感じ方は変わると思いますので
もう少し距離をかせぎ、色々感じ取ってみるのも楽しみです。
a0152288_173699.jpg
次回交換時、どの程度の粘り気を維持しているか…それも楽しみです。
*主治医もまだ勧めている訳では無く、テスト中のようです。
[PR]
by fotografiat500 | 2010-03-21 01:15 | メンテナンス