Euro Cup 2010 rd4 / ex run

a0152288_2192522.jpg
まだ夜も明けきらぬ4:45am
カメロンパンさんと滝野杜I.Cを降りたコンビニエンスストアで待ち合わせ。

fiat500から降り立つと、この間までの暑さは何処へやら。
長袖が必要なほどの寒さを感じました。少しその寒さが嬉しくなり
ホットコーヒーを買い「自走帰宅」を目標に初めてのセントラルサーキットへ。

5:30セントラルサーキット到着。既にお頭は到着されていました。
なんと順番待ちの列の前から3番目(!)
程なくroadkingさん夫妻も到着されてゲートオープンの6:30までしばし談笑。
ゲートも開き、場所取りもお頭のお陰で良い場所に陣取ることが出来ました:-)
a0152288_21224349.jpg
秋を感じさせる雲に涼しさを感じながら、しかしジリジリと最後の力を
振り絞るがごとく夏の顔をした陽が勢力を伸ばし、後の暑さ(熱さ?)
を予感させる1日の始まりでした。
a0152288_21372091.jpg
受付を済ませ、車体に受け取ったゼッケンを貼付けます。
このゼッケンを貼る行為、何だかクセになりそうです。大袈裟ですが車体が
一般道を走っていた時とは別物になり、サーキットで走ることを許された証のような、
少しトルクが上がったような…それは明らかに気のせいですが。

その後、私は初めてのエキサイティングランとなるので、事前に15分程の
ブリーフィングを受けました。サーキットを走る上で必要最低限のルールと
注意事項など全くのど素人には参考になりました。
a0152288_2241850.jpg
a0152288_22102949.jpg
a0152288_22114969.jpg
各々の出走時間まで、朝食のおにぎりを頬張りながらいつもの
ミーティングの様な雰囲気でダベリを。その中でカメロンパンさん始め、
お頭、roadkingさんにサーキット走行での注意点、ラインの取り方から
カウンターをあてる場合のコツなど多岐に渡り色々と教わりました。
教えてもらえる環境も勿論そうですが、そんな風に会話を一緒に楽しめる
人に出会え、またサーキットには自分のfiat500を診てもらっている主治医である
カメロンパンさんも居る、様々な面で私は非常に恵まれていると思います。
そうは言っても技術的な面やサーキット走行での知識などはいつまでも
甘えてる訳にもいかず「あいつはほっといといて大丈夫」となるように、
いつかは成らねばならぬ、と誓う楽しい一時でした:-)

そうこうしてるうちに「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の
予選が開始されました。
a0152288_22254149.jpg
お頭のサーキットでの本気の走りを初めて間近で見て、やはりジュリアという車は
今更ながら速く、美しい車なんだと心底思いました。更に良い音色でした:-)
a0152288_074740.jpg
そして僭越ながらグリッドガールならぬ、グリッド親父をさせて頂きました。
サーキット上を歩くなんて中々無い経験です。ありがとうございます:-)
自身の手で長く丁寧に整備を施し、試行錯誤されながら改善し、
サーキットで操り、走行後「あっちぃ〜」とぐったりしているお頭は
やっぱりかっこ良かった、と思います。今回は以前のベストラップより、
更新されたとのこと…ここで私が先に書くより、種々詳しくはお頭のblogで。
a0152288_237493.jpg
一緒にエキサイティングランに参加した、カメロンパンさん、バイクでのダート等の
様々なレース経験と知識を持ったroadkingさんの走りを欲張りながら
見たかったのですが、勿論叶わず。ただカメロンパンさんのblogで公開されていた
車載動画を見て大変勉強になりました。とても綺麗なライン取りと適切な加速と
減速は、自身でセントラルを走ってみて「なるほど」と思える教材になりました。

MOVIE:euro cup 2010/rd,4ex-run-No.1

MOVIE:euro cup 2010/rd,4ex-run-No.2

その動画と比較してよく解る私のへっぽこな走り…。
それを2本の全編ノーカットでお時間がある方はご覧下さい。縁石乗り上げや
リアが滑り右へ左へ、更に360度スピンでカメロンパンさん、roadkingさんと
サーキット上で目が合うという当日エキサイティングランに参加された方に
ご迷惑をおかけした走りでございます…。
*車載カメラの取り付けがうまくいっていない為、動画にはノイズがあります
a0152288_017292.jpg
photo / お頭(バックストレートにて)

無事帰還という目標は達成出来、ベストラップは02:18.641/平均速度72.81km
という結果でした。これからまだまだ詰めるべき所はあり、それ以前に来月の
チャオイタリアでは「丁寧に走り、曲がる」ということを目標にしたいと思います。
a0152288_235768.jpg
正直な所、走行後は6:4で「恐さ」という感覚が勝ったのは事実です。
車速の違う混成のサーキット走行で、スピンをしサンドトラップに入りかけ、車体は
うねり油温は上昇をやめず…ですが、それにも増して走る+走り終わった爽快感と
程よい緊張感、レーシングスーツとヘルメットでコスプレを楽しめ、
自身にも車体にも次の改善点を発見出来、何よりも皆と一緒に楽しく
本気で走って過ごせる時間というものは、やはり良いものです:-)
a0152288_22115592.jpg
fiat500を購入する以前、「セントラルサーキット」という場所で
「ユーロカップ」なるレースが開催されている事、そしてそのレースに興味を
持つきっかけを作ってくれた28番さんも勿論来られていて、
私のエキサイティングランが終わった後、お声を掛けて頂きました。
その28番さんの走り、実際に拝見して最早異次元。
何ともあの柔和な表情からは想像出来ない程の強面な走りに圧倒されました:-)

そして写真はありませんが、当日は温泉さんと次男くんも応援に駆けつけてくれました。
暑い中ありがとうございました!もう少しお話ししたかったのですが、
また基地に近い内にお邪魔させて頂きます:-)

ご一緒して頂いた、カメロンパンさん、お頭、roadkingさん夫妻、
ありがとうございました!
[PR]
by fotografiat500 | 2010-09-21 00:52 | autodromo