Ciao italia 2010 / ex run-No,2/2

*今回、2回のエキサイティングラン出走で気持ちに余裕が無く、
あまり写真を撮る事ができませんでした。反省。
a0152288_23573466.jpg
前回のユーロカップの時はサーキットを走った興奮と、もう1つ例えて言うならば
三輪車に乗れるようになってこれ見よがしな子供が、お兄ちゃんの乗る自転車に
ド偉いスピードで追い越された時のような喪失感と羨望にも似た、
そんな気持ちも同時に体感したのでありました。
a0152288_133951.jpg
Photo / お頭 (バックストレート+オートマイスター・コルサ号)

ですが1度目の走行を終え感じたことは、三輪車を卒業し補助輪付き自転車に
ステップアップ出来た、ということでしょうか(フラつきながらですが)
元のタイムが散々なだけにベストラップを更新した、ということも安堵しましたが
カメロンパンさんに基本の走り方とfiat500のクセをしっかり教わり、それが
あるレベルまで「出来た」ということは、自身かなりの満足感を得ました。
勿論レースではありませんから、順位は無いのですがフェラーリからランボルギーニ、
アルファロメオという混走の中、自身の立ち位置を見つけ、それを糧に楽しみながら
走るということの面白さは、今回チャオイタに参加して気付いたことです。
a0152288_0515614.jpg
そして信貴山での楽しかった集まりの中、キャブが完調になった私の500に
乗って頂きポテンシャルを気付かせてくれたroadkingさんの走りも大きい所です。
今回も一緒にサーキット走行を楽しみましたが、追い抜き様のroadkingさんの
ポーズはもはや恒例になりつつありそうです:-)
a0152288_12101127.jpg
同じく参加されたfiat500の方々や、お久しぶりにお会いした方々と
楽しく話していると、あっという間に2回目の走行時間となりました。
1回目の走行ではいきなりの赤旗が出て、再度スタート。
その後カメロンパンさんが2周程、前を走ってペースカーの
役を引き受けてくださり、そのライン取りや進入速度やブレーキングを
勉強させてもらい、ベストラップを更新出来ました。
a0152288_12173755.jpg
Photo / Fさん

しかし2回目の走行はカメロンパンさんの本気の走りをミラー越しに見ることに
なり大迫力の中、自身白熱した走行となったのでした。その走りの一部をどうぞ。
2回目の走行時は車載動画にiphoneを使用する事を諦め、GRデジタルで
撮影したところ目線位置の不足はあったものの、まだ観れるものになりました。
こちらはカメロンパンさんが撮影された2回目のex run 時の車載動画。
この動画の方が、個人的にはかなり楽しめました:-)
2分過ぎから、ちらちらと前を走る白鼠号。カメロンパンさんが
速度を押さえて走ってくれ動画に納めてくれているのが解ります。
感謝…ですが、コルサ号が後ろから迫ってくるのをミラー越しに確認したときは
迫力があり、怖いってこういうことなんだな、と楽しみながらも感じました:-)
a0152288_1522314.jpg
Photo / KAMEOさん

2回目の走行は2台のfiat 500と1台のabarth 595が出走となりました。
(1回目はfiat 500x3台・abarth 595x1台)
abarth 595の方とも楽しく話をさせて頂きましたが、もう十数年維持されている
との事で以前はサーキット走行をされていたようですが、久しぶりの走行です:-)
ということらしく、このオーナーの方との走りも楽しませて頂きました。
ある一面ではレース用としてチューンされた往年のマシンと一緒に走れるのは
興味深い時間でした。595はやはりサーキットが似合っておりました:-)
a0152288_15321282.jpg
Photo / KAMEOさん

更にお頭もキャブセッティングの確認の為、決勝前のこのエキサイティングランに
出走され、同じサーキットで走行することが出来ました。
車速は違うものの何故かお頭が迫って来たら「簡単には抜かせまへんえ」と
意気込んで威勢だけは良いものの案の定、至極当然、枯れ葉の如く
舞い上がらされる当然の結果となりましたが、それでも非常に楽しい時間でした:-)

カメロンパンさんはアクセルペダル周辺のトラブルでE/gが吹け上がらず
本調子で無いにも関わらず、それでもストレート・コーナー共に
当たり前ながら追いつく事すら出来ませんでした…。

そんな混成の楽しいエキサイティングランが終わり、手応えを覚えリザルトを見ると
a0152288_1359446.jpg

Best Lap / 02:11.237秒
チャオイタ1回目のベストより-3.638秒のベストラップ更新することが出来ました。
ユーロ時の走行がやはりへっぽこ過ぎたのかユーロ1回目とチャオイタ3回目で
比較して-7.404秒の短縮となりました。
a0152288_14241765.jpg
Photo / takeさん

2度目の走行は油温がメーター読みで「150度」に迫っており、途中で
熱を少しでも逃がすため、室内ヒーターを入れクルマを降りた時には
緊張とこの日の暑さとヒーターの熱さにやられヘロヘロでした。
ただブン回した空冷2気筒E/gは私の比では無い程の過酷な状況だったと思います。
そんな中、一緒に楽しんでくれたfiat500に感謝です。
a0152288_14262490.jpg
2速6500rpm・3速6300rpmまで回し、今のところE/gはへこたれず
走行後もアイドリング、足回り、油圧、全てにおいて異常は見当たらず
改めて、主治医カメロンパンさんの整備に感謝したのでありました。

一緒に走ったカメロンパンさん、お頭、roadkingさん、zyさん
楽しい時間をご一緒出来て、気持ちの良い汗かけました!
それに応援してくださった皆さん、裏ストレートで手を振ってくださる姿が
エキサイティングランと言えど、どれだけ嬉しいか:-)
ありがとうございました!

+つづく

*何やらやたら「感謝率」の高い私のblogですが、包み隠さず
 大袈裟でもなく案外本音で書いております。
[PR]
by fotografiat500 | 2010-10-21 22:24 | autodromo