Ciao italia 2010 / family run and

a0152288_0473335.jpg
2度のエキサイティングランが無事終了し、一気に疲れが出た昼過ぎ。
それでもその疲れは心地いいもので、それと共に自身が走ることにしか余裕が無く、
せっかく現地まで来られた方々とも碌にお話出来なかったことを後悔した
ファミリーラン出走前。初めてのファミリーランですが、
カメロンパンさん・takeさん、Sさん夫妻の2台のfiat 500とジャルディニエラと共に
a0152288_1345064.jpg
今しがたレースを終え、ドライバーも車も走りきった感のある、
リトモを駆る温泉さんもお子さんを乗せて出走の準備を。

自分は楽しいのは当たり前ですが、ご家族揃っての応援と走行を楽しまれている、
温泉さんの姿はこれからの自分と車と家族の付き合い方を考える上で、
いつかはそうありたいと思うと共に、羨ましく思うのでした。
a0152288_1215677.jpg
a0152288_1142100.jpg
Photo / パートナー(カメロンパンさん+takeさん)

takeさんはノーマルの足回りとは言え、E/gに関しては隠し味がかなり効いており、
ストレートでは快音を奏でながらもとても安定した加速を見せてくれました。
息子くんとの参加でしたが、これまた羨ましい境遇で息子くんの表情はこの日の
サーキットランと、父親であるtakeさんのfiat500を自慢に思う気持ちがその笑顔にも
表れていて、息子君が10年後の山吹色のfiat500を駆る姿を楽しみに思いました:-)
a0152288_1242066.jpg
ある意味貴重なサーキットでのジャルディニエラとリトモの激走。
a0152288_1293266.jpg
バックストレートからの登坂ももろともせず加速

Hさんの奥様Cさんはこの日行われたファミリーランに2回エントリーされ、
2回とも独占するという、ピュアなサーキット好きとして、また
ジャルディニエラという一般的には商業車、バンとしての認識を覆す走りと
エキゾーストノートを響かせ、周辺を驚愕の嵐に巻き込んでおりました。
しかしお世辞抜きに、Cさんのジャルディニエラは本当に速くコーナーワークも
安定感のある走りで、将来ライバルになる予感が…。
a0152288_1313021.jpg
チェッカーフラッグが振られ、惰性での1周を隊列を組みながら余韻を味わい、
無事ファミリーランも終了。ファミリーランと言えども、fiat500にはそれなりの
スピード感とサーキット走行の面白みを味わえ、尚かつ同行者も同乗出来、
穏やかなサーキットも堪能でき、素晴らしく楽しい時間でした。
a0152288_1411120.jpg
お付き合い頂いたブロンソン様、ありがとうございました。お疲れ様でした:-)
a0152288_1513182.jpg
a0152288_1514184.jpg
そしてこの日行われたクラッシクカーチャンピオンレースの表彰式にて。
改めて脅威のスピードと、素人でも解る流麗なライン取り、そしてドライバーの
疲労感を感じさせない「静」の走りを(個人的に)感じさせる28ばんさんが
貫禄の総合優勝。おめでとうございます:-)観ていて興奮の走りでした。
a0152288_1531487.jpg
塾長・温泉さんはDLT3クラス優勝!
リトモの走りを初めて拝見することが出来ましたが、果敢に攻める
温泉さんの走りには車速の違うfiat500でも学ぶべき所は山ほどあり、そして
お子さん達と一緒に上がる表彰台は、あの場所へ上がる為のモチベーションを
持たせてくれる光景でした:-)おめでとうございます!いつかは私も。
a0152288_1593419.jpg
a0152288_20238.jpg
最近は様々な助言などを頂く機会があり、勝手に兄貴的存在と感じつつある、お頭。
今回総合10位、そしてCT3クラス3位!という走りを見せてくれました。
おめでとうございます:-)
パートナーとの観戦では、なぜか同じな識別カラーのもう一台に惑わされながらも、
中盤からは二人とも熱いお頭の走りで判別出来るようになるという、観ていて
とても胸の熱くなる(本当に)爽快な赤と白のサーキットラインでした。

お会い出来た皆様、応援に手を振ってくださった皆様、本当にありがとうございました!
来年もこんな晴天と夕焼けの中、お会い出来ること楽しみにしております:-)

+ 最後になりましたが素晴らしい写真、ムービーを撮ってくださったKAMEOさん、
 あにいさん、takeさん、いちろうさん、お頭、クマさん、Fさん、
 ありがとうございました!
 どんなエエ機材と有名どころのプロが撮るよりも、一緒に楽しんだ皆様の
 写真だけは感傷的ではなく、本当に劣らず素敵だと生意気ながら感じました。
[PR]
Commented by 28ばん at 2010-10-26 05:49 x
表彰式写真ありがとうございます!
おかげさまで良い記念になりました。
それにいたしましても、我が身にはあまりにも過分なるお言葉・・・ウチのレース仲間に笑われてしまいますデス、はい・・・。
Commented by おかんの頭の頭 at 2010-10-26 06:16 x
もう1週間が過ぎ楽しかった1日は思い出となってますが、記事見させてもらい、再び楽しい思いをさせていただきました。
少し頼りない兄貴ですが、今後も一緒に楽しめるよう頑張りますので応援よろしくお願いします。

いつか表彰台に登る事と28ばんさんとバトル出来る日を夢見ております。
Commented by take at 2010-10-26 07:26 x
ファミリーランを甘く見ていました・・・
バックストレートからの最初のコーナーで息子とカメラが
グラっと・・・・
運転に集中できず・・・(汗)
次回は、ひとりで出たいかもって思ちゃいましたよ・・・
ファミリーランでなくなっていますがね(笑)

そうそうジャルディの奥様は、本当に凄いですよね。
後で聞いたのですが、4速のみで走りきったて・・・
4速でカーブも失速せずに本当に凄い!
驚きですね。
Commented by KAMEO at 2010-10-26 13:30 x
白鼠さんのチンクにかける情熱の片鱗を感じることが出来、
あらためて感心させられました。

チンクでサーキットを走ることが、往年のアバルト595、695のレースを
時間を超越した疑似体験の機会だなと感じ始めています。

また拙い写真を褒めて頂き、はずかしい限り。

コンパクトデジカメはシャッターを切ると画面は真っ黒になり、
クルマがどこに居るのか、感だけでフォロー・・・
次に見えた時には画面にはいない、の繰り返しでした。

次回はちゃんと一眼を持参したいと反省です。



Commented by fotografiat500 at 2010-10-26 19:12
28ばんさん

こちらこそ当日は観ていて楽しくなる走りを見せて頂き
ありがとうございました:-)当たり前すぎて、自分の
ボキャブラリーの貧相さにあきれるのですが、
やっぱり速かったっす!
サーキットでの速さというものは、語弊があるかも
知れませんがある一面では絶対的なものだと思います。
もちろんそれに至る過程も大切なのですが、
あの凄みというものは、ド素人の我がパートナーでも
感心しきりでございました。

>我が身にはあまりにも過分なるお言葉
心中お察しいたしますが、今回だけは何卒お許しを(笑)
押さえきれなかったもので…。
Commented by fotografiat500 at 2010-10-26 19:17
お頭

記事がのびのびになってしまい(汗)
皆さんもう知ってる事ばかりかなと思いつつ書きました。
そう言って頂けると嬉しいです:-)

勝手に兄貴呼ばわりされて気持ち悪い(笑)かも知れませんが、
今後も一緒に楽しんで行ければ、更に大きく出ますが相互作用
なんて出来るようになれば御の字でございます。
まだ先は長いと思いますが(苦笑)

いつか表彰台、是非見たいですね!!:-)
その時には下の席より超望遠持って
写真撮りますので楽しみにしております。
これからも応援しております!
Commented by fotografiat500 at 2010-10-26 19:20
takeさん

ははは:-)そんなことがあったんですね。
ひとりで出たい、それは至極当然のことなのかも知れません。
息子くんもそんなtakeさんを見てみたいと
思っているんじゃないでしょうか。
いつかエキサイティングラン、ご一緒出来れば嬉しいです:-)
もちろんtakeさんとのゆったりしたドライブも。
ミーティングもダベリだけも走りも全て楽しめるのは
ほんとエエことですね!

ジャルディのCさんはほんと速いと思います。
チンクの中で速いと言っても皆様、知れてると
お思いかもしれませんが(汗)でも速いんですよ。
しかも走った場所がサーキットとパークウェイという
生粋の走り屋(笑)ですものね。
Commented by fotografiat500 at 2010-10-26 19:26
KAMEOさん

当日は本当にありがとうございました。
一つ非常に残念だったのは、今回からはチャオイタ
エントリー車以外はパドックに車両を止めれなくなったこと。
せっかくKAMEOさんも来られていたのに、一緒に
fiat500を並べる事が出来ず、それだけが心残りです。
写真、しかもCDで送ってくださり感謝です。
どれもコンデジで撮ったとは思えないショットで、
やはりプロは素晴らしいな、と同業ながら思いましたよ:-)

>チンクでサーキットを走ることが、往年のアバルト595、695のレースを…
そうなんです!私のは所謂レプリカなのですが、
往年のアバルトを駆ったドライバー達の気持ちや
葛藤を少しでも感じる事が出来れば、それは
すごく嬉しいことです。幸いなことにそれを実現出来る
車両も主治医も一緒に楽しめる仲間も居る。
まだサーキット走行は始めたばかりですが、いつかは
きっとそういう感覚を感じてみたいと思います:-)
Commented by ちら at 2010-10-26 19:43 x
当日は色々とお気遣いいただきありがとうございました!
ブロンソン共々感謝感謝です。

初めてのチャオイタ、ほんとに楽しくて充実した一日でした。
京都白鼠さんご夫妻をはじめ当日おご一緒させていただいた皆さんのおかげです。

記事を読ませていただいき、楽しかった当日のことがまたまた甦ってきました。
緊張していた時間が長かったので(笑)、
見過ごしたり知らなかったシーンもいっぱいあったのですが、
こうして沢山の写真や動画を拝見することができて本当に嬉しいです。

随分と気が早いですが、来年に向けて
ジャルちゃんも自身の運転にも磨きをかけたいと思います(笑)
Commented by 温泉 at 2010-10-26 20:38 x
白鼠さん!なんだか背中がくすぐったいです。こちらこそこれからもお付き合いよろしくお願いいたします。
まあ、でもみんな楽しそうでしたなあ・・・。この雰囲気が続けばこれからももっと楽しくなりそうな予感がします。

追伸
ジャルディニエラ女史には後ろから悪そうなクルマが来てプレッシャーを感じておられたら申し訳なかったっす(笑)
また裏ストレートでチンク編隊を全開で抜いてごめん。子供に3速全開加速を一度経験させたかったんで・・・・(笑)
Commented by roadking at 2010-10-26 21:39 x
>チンクでサーキットを走ることが、往年のアバルト595、695のレースを… 
そうなんです!私のは所謂レプリカなのですが、
往年のアバルトを駆ったドライバー達の気持ちや葛藤を
少しでも感じる事が出来れば、それはすごく嬉しいことです

この想い、素晴らしい! 
こういう気持ちが大切だと思います。深く賛同します!

アホな僕ですら、あのちょんまげ540でダウンヒルを
駆けるとき、この気持ちが心の底にあるのです(笑)。
ちょっと感動しましたね。


Commented by ちら at 2010-10-26 21:52 x
温泉さま

強面のリトモにビクついてしまって...というのは冗談で(笑)
ずっと緊張状態が続いていたのでスタート時にエンストしてしまいました(汗)
機転を利かして抜いてくださりありがとうございました。
そのおかげで温泉さんの後ろを走ることができて、
短い時間でしたがライン取りの勉強をさせて頂きました!
Commented by fotografiat500 at 2010-10-27 00:52
ちらさん

こちらこそ乗りもしないタープを購入し、あげくの果てに
そちらの積載能力に優れたジャルディに乗せてもらえますか?
でしたからお世話になりました:-)

ちらさんの興奮とてんぱった感情の切り替えが
見ていても失礼ながら楽しかったです(笑)
ファミリーランも一度ご一緒出来ましたけど、
後方から見ていてパートナーと二人で
「おおお!飛ばすねぇ〜」と盛り上がっていましたよ。
来年も是非ご一緒しましょう:-)
それまではマリオカートで対決、ということで
よろしくお願い致します。手加減はしませんよ!(笑)
Commented by fotografiat500 at 2010-10-27 00:58
温泉さん

どうも私はむず痒くなる文章を書くのが得意なようで…(汗)
しかし当日、温泉さんファミリーを端で見ていて
とても微笑ましく、羨ましく思いました。
いつも温泉塾に行くと家族あっての趣味、と
私は言い聞かされていますので(笑)温泉さんには
良い感じにバランスを保たさせてもらっています:-)

私自身もサーキット走行を始めたばかりですが、
これからどうなっていくのか見当もつきません。
ただとにかく楽しく、また緊張も味わえ
そして達成感も、ステップアップもという
様々な思惑を感じられるのがレース(サーキット)
なんだなぁ、と感じました。なのでこれからも
続けていく所存です:-)fiat500もまた私が知らない
昔のように盛り上がっていけば楽しいでしょうね。
これからもご指導宜しくお願いします!
Commented by fotografiat500 at 2010-10-27 01:14
roadkingさん

ありがとうございます:-)
往年のレーサーなんて、私なんか足下の遥か遠くに
居るのですが、その気持ちを少しでも触れることが
出来るかもしれない可能性の1つが
サーキット走行なんだと思います。
だから自然にコスプレにも力が入ってしまいます(笑)

ただサーキット至上主義なんてことは全く無く、
ちょんまげ540が箕面から大阪市内へ下って行く
ダウンヒルの時、ルームミラー越しにroadkingさんの
目が三角になった子供の表情(良い意味ですよ 笑)を
見た際に、fiat500というクルマの楽しみ方の
1つを教わったような気がしました。
と言うのも、それまではあの細いタイヤでポジキャンで
面白いようにレーシーに豹変したfiat500を見たことは
ありませんでしたから。楽しかったです。
でもそのポテンシャルに最初から気付いていたのは、
roadkingさんたる所以なんですよね:-)
また一緒に楽しく目を三角にしましょう!
Commented by fotografiat500 at 2010-10-27 01:16
ちらさん(再び)

ちらさんなら私と同じく気持ちだけでも、
温泉さんのリトモに付いて行ったる〜って想いじゃ
なかったでしょうか(笑)しかし来年のチャオイタ、
今から楽しみですね。Hさんがエキサイティングランで
ちらさんがファミリーラン、もしくは逆?でしょうか(笑)
by fotografiat500 | 2010-10-26 02:20 | autodromo | Comments(16)