ラリーと裏六甲

a0152288_16224835.jpg
2010 LIAISON CLASSIC CAR RALLY FESTIVAL
11月7日、六甲ポートアイランドにあるリエゾン・ドライビングスクールを
起点としたラリーに参加してまいりました。

+メイン写真はフィルムで撮影しており、まだ現像所に出していない出不精な為、
 あまり良い写真はありませんがデジタルカメラの恩恵に授かろうと思います。
 当日の気になった車両の写真は後ほど掲載したいと思います。
a0152288_16254533.jpg
a0152288_16255341.jpg
フォルギエリさんheyさんのblogを見ていつかは参加したいと考えていた
リエゾンですが、fiat500購入当初はどのように参加申込をすれば良いのか解らず、
また勝手に敷居の高いイベントだと思い込んでいた為、参加ぜずにおりました。

そんなところ、フォルギエリさんの奥様も「あれやったら行ってもいいと思う」という
心底説得力のある一言を頂き、また神戸の街を走り、中間地点である六甲山を目指し
そこで昼食を楽しみ…というこのイベントだったらパートナーも手持ち無沙汰に
なること無く風景を楽しんだり、丁度見頃になった紅葉も楽しめるんで無いかと
「都合の良い」解釈をさせて頂き、参加する次第になった訳であります。
a0152288_163845100.jpg
踏ん張り具合がK点越えなブロンソン君

ラリーのオフィシャルサイトがある訳ではありませんが、参加方法は
至って簡単でして、リエゾン・ドライビングスクールに電話をし参加したい旨を伝え、
申込書を送付してもらい返送すれば受領書が送られてきます。
私は本性であるズボラさが災いし、電話をせず友人のSさん夫妻に申込用紙を
pdfにして頂き、それを送付して事無きを得ることができました。
a0152288_16585940.jpg
a0152288_17384312.jpg
起点となる教習所のコース内に大まかな車種毎に車両を並べ、ラリースタートまでの
時間も雑談と様々なクルマを楽しみ、そんな時間もやはりこのようなイベントの
魅力の一つでは無いかと改めて感じました。
a0152288_1714079.jpg
当日は曇り空から小雨が降る天気でしたが、スタートと共に青空も少し顔を覗かせ、
青空と紅葉のコントラストを楽しめるような予感を感じさせてくれました。

スタート後暫くすると、視界の端に見慣れたカワサキグリーンと心地の良い咆哮が…。
a0152288_1710288.jpg
「あかん!間に合わんかった」と温泉さんと娘さんが一緒にお見送りに来て頂けました。
信号待ちの少しの時間でしたがお会い出来て嬉しかったです:-)
a0152288_17165363.jpg
所々紅葉も始まっており、何箇所かクルマを止めて撮影したい…と思えるような
見事な紅葉が見れた「ナルシストゾーン」もありましたが、車列が乱れるかと思い断念。
来年はトライしたいと思います。
a0152288_1733411.jpg
中間地点であるフルーツフラワーパークでのデジタルでの写真はありませんが、
端的に記しますと、そこで用意された昼食(バーベキュー)を取ることになります。
個人的には主催者側が選別用意した「御弁当」のようなものでも良いのかな、
と思いましたが(自由な場所で食べれますし)、そうそう我家も牛肉を食べませんので
これはこれで久方ぶりのバーベキューを楽しませて頂きました。
a0152288_17494916.jpg
折り返しは裏六甲を走り北野坂辺りまで降りてくる訳ですが、
ここで周辺よりブーイングが…。前を走るMGミジェットやらセブンに
引っ張られるように、下りの車速を上げていたのですがコマ図を見ている
パートナーからは「酔った」と(汗)ご一緒したSさん夫妻や、
takeさんからは飛ばし過ぎで付いて行くのに疲れる、と(汗)
フレンチブルドッグのブロンソン君や、ご家族で参加されているたけさん一家、
パートナーのことを考えず、ここぞとばかり頑張り過ぎたようです。
その節は申し訳ございませんでした…本当にすみません。
a0152288_185527.jpg
スタート地点に戻って来た頃にはもう陽も傾きかけ、表彰式が始まる頃には
夕焼けも終わり、それと同じくして楽しかった一日も終わりをつげます。
a0152288_1833644.jpg
昨年の記事を拝見していた時は「タコ焼機」を捕獲されていたheyさんでありますが、
今回は神戸ワインを捕獲されていました(羨ましい)
来年も同様な写真を撮れるような予感がいたします。
来年は勿論ゆっくり景色も見つつですが、私も入賞目指して更に副賞として
ワインかラジコンを頂きたいと思いました。
+
デジタルカメラの写真がへっぽこだった為、ラリーに参加されていた他の車両や
当日の雰囲気を伝えることができず「流れ」のみの記事になってしまいましたが、
リエゾンに参加して思ったことは神戸の街を走り、ワインディングも楽しめ、
昼食にと旧車を通じて知り合った人たちとの親睦を深めることが出来た
非常に楽しく有意義な一日でありました。
そのようなイベントをある意味、安価でセッティングしてくれ楽しませてくれた
主催者・スタッフの方々には感謝、であります。

また当日ご一緒させて頂いた皆様、ありがとうございました:-)
またお話し出来ること、一緒に走れること楽しみにしております。
[PR]
by fotografiat500 | 2010-11-11 18:17 | イベント