a0152288_13311945.jpg
4/24 EURO CUP第2戦エキサイティングラン(走行会)ですが、参加します。
この時に…と、様々な意見・批判があるやも知れませんが、どのような
言葉も正しく(極論除く)、皆思うこと向う所は同じだと感じています。
もし何かを求められることがあれば、微力ながら出来る範囲で、と思っております。
a0152288_1340583.jpg
多分、走行した結果や感じたことをblogに記すと思います。
いつもと同じ、とは行かないかも知れませんが、ほぼ普段通りかも知れません。
a0152288_13472894.jpg
私のfiat 500については前回のチャオイタ走行時より、主治医に整備改良をして頂き、
中身とそれに伴うプラス方向への変化も顕著です(ドライバーはさておき)

一番大きな変化としては、圧縮費が大幅に上がったことと、
バルブ径の拡大(それに伴う軽量化)、次に足回りに関しては主治医特性の
ローダウンスプリングにしたことにより適度な硬さになり、しっかりと
地面を掴む良い感触を得ています。またレスポンスの良さを得るために
重すぎたフライホイールの軽量化もして頂きました。FRともバンプラバーの
変更もして、それらの複合的なバランスが相まってコーナリングでの
ポテンシャルは格段に良くなっています。
整備としてはジャダーの症状が薄ら出て来たのでクラッチassyの交換、
国産ホイールシリンダー・マスターシリンダー、ブレーキホースを
ステンメッシュにしてフィーリングもよくなりました。
a0152288_13552481.jpg
+納車前の白鼠号E/g

セダンタイプに関しては650ccがマジョリティだと思いますが、私自身はこれほど
長く(そうは言っても3年ですが)、現状のE/gで乗るとは考えていませんでした。
主治医に見て頂き始めてから、実は結構すぐにボアアップのお願いをしていたのですが、
現E/gがまだそれ程悪くないこと、そして主治医に不良箇所をその都度見て頂き、
650ccのポテンシャルを表面化して頂けたことが大きな理由だと思います。

そのfiat 500で今度の日曜は、前回よりもタイムを縮められるか、楽しみでありますが、
「車両」だけを見ればベストタイムが出るのは火を見るより明らかなのであります…。
a0152288_14145337.jpg
Photo / KAMEOさん
それとも自分でも気付いていない、車両に対しての過信と傲慢が仇となるか。
その辺りを思い返し、思う存分走って楽しみたいと思います。
[PR]
by fotografiat500 | 2011-04-20 14:15 | autodromo