lap time

スクラップブック的な自身の資料として、lap timeを。
訂正としては、前回の記事中に「コンスタントに11秒台を…」と有りましたが、それは
私の希望的観測であり、都合の良い思い込みでした。実際11秒台を出したのは2回。

a0152288_22482360.jpg
1回目走行時。
何とか無事に走り切ろうという思いが、今となっては良かったと感じます。
滑りながらもコースの様々なポイントを落ち着いて確認することが出来ました。

a0152288_22481420.jpg
2回目走行時。
3周を過ぎた辺りから本来のコースコンディションで走れることを実感。
クリアラップは少なかったのですが、5周目辺りからタイヤが良い塩梅に
なってきたことも実感することが出来ました。
チャオイタ時の気温では7周目ぐらいから今回とは逆で、タイヤが
少しダレてきた感覚があることを思い出しました。

2分10秒も切れず、遅過ぎるところで色々と考えているようで、速い人達から
見れば半ば滑稽に見えるかもしれませんが、時には理論、時には感覚で
ゆっくり「速く」なっていけるよう、精進していこうと思います:-)

+追記

海外のfiat 500でのレース「Historic Challenge 700」の動画です。
E/gに関しては様々な手が入れられて、足回りなどはかなり変更されています。
勿論、この形状・チューニングの仕方に好き嫌いの好みは分かれますが、
fiat 500の世界で、ですが何とも素晴らしい加速とコーナーワークを魅せてくれます。


常に白煙を上げているのはオイルなのか、タイヤスモークなのか…謎であります。
[PR]
by fotografiat500 | 2011-04-28 22:52 | autodromo