mamma aiuto

a0152288_22454539.jpg
紅の豚に出てくる憎めない空賊「マンマユート団」。
劇中でポルコ・ロッソに成敗されて尾翼部分を撃破される訳ですが、リペアは
したものの塗装代に窮して地金のままで再飛行し、空賊仲間に笑われるシーン。
a0152288_225087.jpg
同じく飛行艇ならば尾翼になろうかと思う部分、思惑と訳あって一次的に
このような状態となっています。マンマユートと同じだな、と何故か
少し嬉しい気持ちになりつつ、本当は一部分だけ剥離を施すつもりでしたが、
範囲拡大への手は止めれず、もう少しだけと思いつつ結局総剥離と相成りました。
a0152288_22561737.jpg
a0152288_23411857.jpg
剥離材でクリアー、ホワイト、プラサフを浮かして、スクレイパーでシコシコと
落としていった訳でありますが、工場出荷時に塗装されているであろう黒の
錆び止め塗装?がなかなか落ちず、またスリット部分の剥離に難儀して両腕が筋肉痛に
なったこと、また当初の目的とは違う方向に行ってしまったことで、
現時点までで不毛な黄金週間(3日間使用)となってしまいました。
それでも塗装、板金に関してのプロフェッショナルの苦労の一端というのは
多少でありますが、理解は出来ましたし、塗幕がこれほどの重量を占めている
ということに驚きました。剥離したエンジンフードパネルは思いの外軽いですが、
当然このままでは色々と支障も出て来ますので、塗装をお願いしようと思います。
(イタリアンジョブに間に合いますように…)
a0152288_2385018.jpg
そんな作業が一段落したころ、カモシカ六ちゃんになった
フォルギエリさんが、滋賀の工場からの帰りにお立ち寄りくださいました。
a0152288_23111595.jpg
a0152288_23332840.jpg
常々ギミックやステッカーのチョイスを真似させてもらっている
六ちゃんでありますが、こうして並べて見るとfiat 500と600の差(違い)
というのはあらゆる箇所で顕著であることが理解できます。
fiat 500を調べ始めた時は、その名称からfiat 500が出て600が発売されたと
思い込んでおりましたが、今となっては比較出来る幸運な環境にあり、
その作りの違い・工程の違いというのは時代格差を表しており、fiat 600の
廉価版(悪い意味では無く)として、多くの人にカーライフを、という思想のもと
fiat 500が生み出されたことがよく解る時間でもありました。
こうして見てみるとプレスラインの工程だけでも大きな違いがあることが解ります。

不毛であった3日間の作業も、フォルギエリさんとパートナーも含めた
クルマ談義だけで無い会話と暖かいコーヒーで、楽しく終えることが出来ましたが、
プロフェッショナルにお願いすべき所は、したいな…と実感した時間でもありました。
[PR]
Commented by いちろうちゃん at 2011-05-05 01:26 x
すっぽんぽんになった鉄って、意外や美しいんだよね〜。
ウチの、どんどんボロが進行しとります・・・
Commented by roadking at 2011-05-05 05:33 x
よくここまでキレイに剥離しましたねー。凄いや。腐食の対処じゃなさそうってことは、カラーリング変更かな?なんか楽しみですね!
Commented by KAMEO at 2011-05-05 09:37 x
あらまぁ~なんと!!

てっきり兵庫のお山に行ってらっしゃるのかと思ってました。

鉄板むきだしにするとすぐに錆が出ますから薄くオイル引きましょうね~
それとも、錆びるのが狙いかな???

ヤレた感を出したいとか(笑)
Commented by fiat124とし at 2011-05-05 12:25 x
 一番大変なところを経験しましたね。
自分らも、その作業が一番大変だと思います。 剥がしてあれば色を塗るのはとても簡単ですから。
 ちなみに、古い車には剥離材使用はあまりお勧めできません。表面が溶けるだけで綺麗にめくれなかったのでは?
 自分はヒートガンで塗膜を暖めてめくる方法を採用してます。(誇り等でないし剥離材が他につく心配が無い)
 次やることがあればご連絡ください。 もっと簡単に綺麗に落とす道具(埃は立ちますが)とか紹介できますよ。

兎にも角にもイタジョブに間に合うといいですね。
Commented by fotografiat500 at 2011-05-07 00:29
いちろうちゃん

ボロとおっしゃいますが表面をめくればまだまだ
綺麗な鉄が出て来ると思いますよ:-)チン子さんは
それほど状態も悪く無いような感じがしましたが…。

確かにバフがけしたくなるような素地でした。
全てむき出しにすればだいぶ軽量化出来るんだろうなぁ、
なんてアホな妄想もしてしまいましたが(笑)
鉄むき出しでもエエやん、と言われましたがさすがに
この無骨過ぎる感じは躊躇してしまいますね(汗)
綺麗に白くプロに仕上げて頂こうと思っとります:-)
Commented by fotografiat500 at 2011-05-07 00:33
roadkingさん

ここまでする気は全くもってなかったのですが、
エエ経験になりました(笑)
缶コーヒーを飲む時にいやに手がプルプルして、
とまらなかったのが何故か笑えて来ました。
久しぶりに長い時間ガレージに居た訳ですが、やっぱり私には
「乗車」するだけの方が向いているようです…不器用ですから。
カラーリングは変えませんが色々と考えることがありまして…。
来週にはお会い出来ますね:-)そのときにでも、さ細な理由お聞きください:-)
Commented by fotografiat500 at 2011-05-07 00:36
KAMEOさん

あら、なんかの集まりがあったのですか?
エエ天気でしたものね、走るに限ります:-)

私はシコシコこのような作業に貴重な時間を使ってしまいました(笑)
取りあえずすぐに塗装するつもりですので、今のところ
何も塗布せずむき出し状態です。今日明日にでも錆が出て来たら、
またペーパーがけに勤しみたいと思います(笑)

ヤレた感、いえいえ(笑)それも憧れるのですが、
なかなか私にはその勇気がありません。でも本当は
使い倒して錆びも出てきても良いなぁとは思ってるのですが。
髭親父さんのDみたいな車両、お世辞抜きに素敵ですものね。
Commented by fotografiat500 at 2011-05-07 00:43
としさん

やっぱりプロの方でも、この作業は大変なんですね…。
更に人様の車両とくれば失敗も許されない訳で、
私みたいな素人と違い気苦労もあるかと思います。

>表面が溶けるだけで綺麗にめくれなかったのでは?

その通りです!(驚)何本、剥離材を買いに走ったか…。
剥離材がお勧め出来ない何か理由があるのでしょうね。
ヒートガンですか!そんな方法があるとは。
としさんにお電話して…と一瞬考えたのですが、お忙しく
されていると思いましたので掛けずじまいでした。
あの溶けてドロドロになった塗幕が腕に付いたりして
難儀しておりました。ヒートガンでやると確かに、後始末も
含めやり易そうですね。

もっと簡単に出来る方法、後学の為できましたら、
イタジョブの時に教えてください(拝)
イタジョブに間に合うか…何とかお願いしたいと思います(汗)
Commented by フォルギエリ at 2011-05-07 11:27 x
先日はお邪魔しました。妻鼠さんにもいつも快く迎えて頂き感謝です。

塗装の方は、このままピカ~ルで磨いて鏡面仕上げもエエかも(笑)

Commented by fotografiat500 at 2011-05-09 18:38
フォルギエリさん

返信遅れてしまいました、すみません。
こちらこそいつも来て頂き、妻鼠共々楽しい時間を
過ごさせてもらっております:-)
当日は部屋が散らかったままで失礼をいたしました(汗)

塗装は今日お願いをしてまいりました(笑)
皆、このままでエエやん、と仰って頂いてますが
白鼠号として白く塗りたいと思います(笑)
今回、この作業をしてパネルの状態も解りましたが、
としさんにもお茶会で色々教えて頂いたり、
エエ経験になりました。少し赴きが変わる形状に
なりますが、またイタジョブでお会いしましょう:-)
by fotografiat500 | 2011-05-04 23:42 | メンテナンス(自力) | Comments(10)