pollo !

a0152288_1331993.jpg
a0152288_12452524.jpg
5/25セントラルサーキット-EURO CUP 2011/第3戦 エキサイティングラン。
予想通りの雨は7:00am辺りから本降りとなり、2本の走行を予定していましたが、
前回の滑る感覚がまだ理解出来ておらず、午前の1本目は棄権…。
a0152288_12523290.jpg
a0152288_12553427.jpg
そんな中カメロンパンさんはと言うと「俺は行くよ」と軽く手を挙げ、
文字通り暗雲立ちこめる中、コースに向かうのでありました…。
この辺りのメンタルの強さは(勿論経験+テストの為もありますが)、私は無い
部分であり「レース」という競技を楽しむ上では必要なのかも知れません。
a0152288_135980.jpg
サーキットでの体験談や駄目出しを強くしてくれる温泉さんも、天候の具合を見て
余念無くショックの調整を。私はというと体育の授業を休んだ生徒のように、
少し手持ち無沙汰な感がありましたが、これからスコールの様相を向かえる
パドック内の荷物を豪雨から守る、という多分重要であろう作業に専念いたしました。
a0152288_1313490.jpg
写真を撮ろうものならカメラが水浸しになる程の強い雨、
「ほぼ川」と化したコース上は素人目から見てもかなり危険であり、そんな中
水しぶきを上げて果敢に走るチンクエチェントの姿を見て、やっぱりこのクルマを
選んで良かった、と思うその反面、時速30kmでも良いから、
この状態を体験しておくべきだったと思ったのも事実であります。
この豪雨のせいか、計測器がまともに機能せずラップタイムを知ることは
出来ませんでしたが、動画を確認した所2分20秒ほどで走っていたそうです。
a0152288_13195738.jpg
a0152288_13285618.jpg
その後は温泉さんの予選。特徴的なLSDの音を合図に同じくほぼ川となったコースへ。
この後、やはり最後まで計測機は機能を果たすことなく、決勝レースまで進む訳ですが、
その不具合は全カテゴリが2度予選を走る結果にまでなりました。
a0152288_2231376.jpg
私はと言うと路面のコンディションは良く無いのに加え、計測器も未だ故障中とあり、
前回から引き続きコースを確認しつつ普段の走りでは得られない何か、を感じよう
という気持ちで走った訳でありますが、本当にビビリ過ぎでありまして
自分のへっぽこ具合にはホトホト嫌になった次第です。
今回は前回の走行時よりも滑りが激しかった訳ですが、その分ステアリング操作を
前回の3割増ぐらいで体に覚え込ますことが出来たと感じれたのは収穫であり、
次回に向けて新たな課題が更に増えたことは、嬉しいことであります。
a0152288_2237169.jpg
+温泉さんX1/9とグリッドボーイを務める温泉さんJrとカメロンパンさん

ただ今回カメロンパンさんや温泉さんの走りを見て、そして感じ
そのアグレッシブさには本当に感動すら覚えました。
サーキットでは常々「自走帰宅」を心がけているのですが、時たま見る
お二人のような走り、そしてチャオイタでのお頭や28ばんさんの走りは、私の様な
石橋を叩いて渡ると言った風情に、絶妙のタイミングで心地よい刺激を与えてくれます。
言わば「静」の状態としてセオリーと物理的理論を取り入れ、そして4人のような
アグレッシブな走りを目の当たりにして、「動」の状態として感情に
燃えと萌えを取り込み、影響を与えてもらえる状態でサーキット走行を重ねていけるのは
非常に恵まれた環境である、と改めて感じた次第です。
a0152288_2334999.jpg
a0152288_2256164.jpg
今回のサーキットでは鼠ならぬ鶏だったかも知れませんが、
まだまだサーキットを知らない私は長く楽しむことが出来そうでありました。
[PR]
by fotografiat500 | 2011-05-25 23:08 | autodromo