2011 / Coppa del lavoro Italiano

Coppa del lavoro Italiano 9月18日に開催され晴天の元、無事終了致しました。
主催のおかんの頭の頭さん、温泉さん、カメロンパンさん。そしてスタッフの皆様、
当日は何とも楽しく、はしゃぎたくなる時間と愛機のクセと改良点を見いだせる場を
作って頂き感謝。更に一緒に走ってくださった皆さんにも感謝です:-)

当日は雑用、撮影班+タイム計測のサブスタッフとしても過ごしましたが、
肝心要の「カメラ」をバッグごと家に忘れてくる大失態。
よって皆さんのblogの様に写真や動画を織り交ぜてのご紹介は出来ませんが、
a0152288_14222222.jpg
photo / ラムネ風さん

ラムネ風さんに素敵な写真を撮って頂けたので、掲載許可をもらい
載せさせて頂きます:-)ありがとうございます。
今回は文章主体の記事になりますが、辛抱強く長文読んで頂けたら嬉しいです:-)
a0152288_14275423.jpg
このCoppa del lavoro Italiano 、名阪スポーツランドで開催された第1回目の
ジムカーナ大会であります。案外知られていないと感じたのが、
「ジムカーナ」と言っても、よくあるようにパイロンを使いコース構成するものと
違い、既定のコース(コースレイアウトを変更)を使用することにより、
1台1台出走しタイムを競うものになっております。

下は500ccから上は2000ccまで混在するレースではありますが、混走では
無いので各々自分のモチベーションと技術、クルマの性格を反映させ
走ることができ、他の車種の走る姿も存分に楽しめる大会でありました。
a0152288_14391189.jpg
そのような大会故に様々な楽しみ方があり、そのような雰囲気が許容されるこのような
走りの大会はなかなか無いような気もします。中でも初めてサーキットを走った、
と言う「ういろうさん」(抹茶グリーンのとても綺麗なfiat 500)が
汗を大量にかきながら「いやぁ、楽しいっす」と絞り出す様に仰り、満面の笑みで
あったこと、とても印象的でありました。(更にういろうさんは当日に参加決定)
a0152288_14445911.jpg
そうかと思えばサーキットではいつもアグレッシブでありながら、
豊富な知識と理論立てた熱い走りを見せてくれる温泉さんのX1/9が攻め、
ある部分では両極端な二人の御仁が、同じ場でベクトルは違うけれど楽しんでいる。
更に、写真にはありませんが2000GTVを駆る「くるくるさん」、
ジュリエッタSVを駆る「ミケーレさん」、元来あまり歳のことを言うのは
好きではありませんが、お二人とも失礼ながら私の親と言っても差し支え無いお年。
そんなバラエティに富んだ「人」が同じ楽しい時間を共有出来るという1日は
なかなか無いであろうな、と振り返って思うのであります:-)
a0152288_15285041.jpg
更に家族連れ、ペット連れで来られている方も多く、
ジムカーナの後は同じコースを家族、ペットと一緒にゆっくり走行の
ファミリーランまであり、主催者の楽しんで欲しいという気持ちが
ひしひしと伝わってくる大会でありました。
a0152288_14561570.jpg
己との格闘、他者との競合、場の雰囲気を楽しむ、クルマのポテンシャルを知りたい。
どんな理由であれ、走ることはやっぱり楽しく、それは当たり前ですが知識や
経験が浅い故の個人的意見を書かせて頂くとすれば、やはりクルマは眺めることでなく
エンジンに火が入り、動力を車輪に伝達し、挙動を操り正しく人馬一体となって
走ることによって、その車体と人の魅力が昇華されるのでは無いかと思うのです。
(文化的価値を否定している訳ではありません)
a0152288_14331796.jpg
私は…と言うと、元来負けず嫌いのビッグマウス故、上記の写真、
オートマイスターのカメロンパンさんが駆る「コルサ号」に
何とか一矢報いるつもり満々で最後まで走りました。あの日はほぼ100%、
皆さんが初めて走るコース、例外無く私もそうでありましたから、
最初のステップは自分との戦い。それは1回目でどの程度のタイムを弾き出せるのか、
そしてカメロンパンさんとのタイム差は…と言う所から始まりました。
a0152288_15125145.jpg
a0152288_15124493.jpg
走りを重ねていく毎に開くタイム差。丁度私の出走が終わった後にカメロンパンさんが
走られていましたから、その走りをじっくり拝見することが出来ました。
タイム差が3秒、4秒、5秒とコンマ秒では無く1秒単位で開いて行くとに、
案外暢気に「まだ行ける」と思い込み、そのどこからやってくるのか解らない、
裏付けの無い自信は最終出走まで続きました。勿論結果は大差で、カメロンパンさんは
850ccクラスで優勝、そして総合でも4位という大快挙。
嬉しいやら悔しいやら、そりゃ当たり前という気持ちやらで複雑でありましたが、
追う立場として、これほど楽しいことは無く毎回の出走で次こそは!という
モチベーションを高められ、気持ちは常にアグレッシブでもありました:-)
本気でカメロンパンさんに勝つと思っていたのは、ココだけの話でありますが…。

結果は総合で36台中20位、カメロンパンさんは4位…ということは…
まだまだfiat 500楽しめそうです!!

来年は表彰台、行きたいなぁとビッグマウスで締めたいと思います。
改めて当日ご一緒した皆様、お話したいと思っていてもなかなか出来なかった皆様、
ありがとうございました!今年参加出来なかった皆さん、来年はご一緒しましょう。
もちろん何の垣根も無く:-)



当日のサーキットの雰囲気は公式blogでもあるお頭の該当ページからどうぞ:-)
あにいさんの素敵なムービーや、沢山の車載動画、該当記事へのリンクが便利です。
[PR]
Commented by take at 2011-09-20 17:23 x
素晴らしい結果を残していると思いますが、まだまだと云う気持ちもわかります。
奥が深いとこんな私でも感じる事ができました。
まだまだ上を目指せると思います。
表彰台を目指して頑張って下さいね。
本当に楽しい1日でしたね。
Commented by おかんの頭の頭 at 2011-09-20 19:21 x
上手に書けてる!!
私なんか明日の記事が半日かかっても今回書けない(普段30分もかからないのに)

どう切ろうか、どう伝えようかって悩んでたので、少し真似させてもらいます。
尚明日にはWeb上で写真見てダウンロード出来るようにしますので、それら写真を使ってレポートでも思い出でも書いて下さいねぇ

当日は沢山手伝っていただき感謝感謝、そして翌日も最高だったね!
Commented by KEI at 2011-09-20 19:31 x
お疲れ様〜。
次回は、サクッと勝って下さいね。
でも、簡単には負けないゾ(排気量倍だもん)。
Commented by fotografiat500 at 2011-09-20 21:34
takeさん

おつかれさまでした!解っていただけますかっ、嬉しいです(笑)
やっぱり走るのは楽しいですねぇ。私だって1年前までは
1回もサーキット走ったこと無かったんですから、
takeさんなんかやっぱりうまいなぁと思いますよ。
ある意味憧れでもある「アルファロメオ」に一石を投じた
カメロンパンさん、そしてfiat 500というファニーなクルマも
充分走れる+走りたい人が居る、ということを知らしめた
takeさん初め500乗りの方々。今回の大会はそんな
印象の変化をもたらすことが出来たと思います:-)
いや、そんな大袈裟な意味でなくてただ単に楽しかったなぁ、
またやりたいなぁ、まだあと1年もあるのか…、と
イタリアンジョブのようなイベントが1つ増えただけでも
嬉しいことでありますね。
ヘルメット、来月の23日に使いましょうねー!(笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-09-20 21:41
お頭

ありがとうございました(シミジミ)
本当に楽しい1日で、天気には最後までハラハラさせられましたが、
ここはやっぱり晴れ男の多い(もしかしたら晴れ女の人も居るかも?)
イタリア車勢、全く問題無く1日を終えることが出来ました。
当日はカメラを貸して頂いてありがとうございました:-)
やっぱりイベントに集中するのも良いですけど、私には
写真を撮る、記録を残すというgrungeさんの弟子として
こういうイベントに貢献出来るのは嬉しいことであります:-)
お頭が半日かかっても記事が書けないのは、楽しすぎて
じゃあ無いですか?その気持ち解ります。
何がどう楽しいかって、言葉にするには難しい程、
様々な場面、時間で多かったんだと思います。
だから頭の中は「楽しかった」という大きな母体は
あるけれど、それを選別するのは膨大な時間が必要ですよね。
温泉さん、カメロンパンさん、スタッフの方々と
実は本当に綿密に作り上げた企画、大成功で私まで
嬉しくなっちゃいました。来年もやりましょう!!
(ちなみに来年は「あったらいいなリスト」道具編を
しっかりメモっときましたので)

あ・・・明日のレポートも楽しみにしています(笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-09-20 21:46
KEIさん

初めてサーキットを走るフルビアスポルトを拝見しました。
独特の多面体を思わせるボディは素晴らしく美しく、
私のパートナーも、大好きなクルマらしいです。
(車種名は知らないと思いますが…:汗)
私は20位、KEIさんは19位。来年は!と意気込んでおりますが、
KEIさんのこと、更なる見えない進化を遂げてやってきはると
今から身構えております。
「サクッと買ってくださいね」の背後に妙な
プレッシャーを感じている次第です…(笑)
現状は丁度排気量は倍、ですが来年は1.25倍ぐらいに
なっているかも知れませんよ!:-)
また今度はフルビアのこと、たくさん教えて頂ければ幸いです。
ありがとうございました!
Commented by ラムネ at 2011-09-20 22:09 x
写真を使って頂いてありがとうございます。

僕の撮り方はグニャグニャしてますので好き嫌いあると思いますが(^。^;)

こうやって使って頂けると参加はしていませんが、行って良かったとほんまに思います。

皆さんほんまに良い笑顔でしたね~。
参加したいです(`Д´)
Commented by コニーリオ at 2011-09-20 22:40 x
楽しかったですね~♪
優勝を狙っていたのですが…
明日からは白鼠様と呼ばせて頂きます。
またご指導くださいませ。
Commented by ヒロ at 2011-09-20 22:51 x
お疲れ様でした!
応援に行こうと思っていましたが、仕事が邪魔をしてくれておりました(涙
目標には届かなかったのかですか?
実は内に秘めたモノはシッカリこなしていそうな気が・・・(笑
皆さんホントに楽しそうですよね~~
来年はボクもっ!って仕事が・・・


Commented by フォルギエリ at 2011-09-21 03:12 x
やっぱりカメロンパンさんは凄いですね。改めて見直しました。
腕と人格を備えた人はそう居るものではありませんよ。(微笑)
白鼠号も決して悪くは無かったですが、師匠との差は歴然でしたね。
来年は頑張ってください。とは言っても表彰台の半分以上をチンクで占めて
しまったらアルファ勢がビビってしまうので、ほどほどに、、(笑)
Commented by いちろうちゃん at 2011-09-21 09:39 x
なんという負けず嫌いなんや(笑)
当日は、相変わらずのバカ話にお付き合い頂き有難う御座います♪
わたくしもバージョンアップする予定なので、来年はさらに差を広げます(笑)
Commented by 温泉 at 2011-09-21 11:57 x
楽しかったですね。
主催の人間がいうのもおかしいですが・・・いままでに経験したサーキットイベントの中で一番楽しかったです。
あの場にいた全員が“楽しませてチョーだい”ではなく“楽しんでやろう”という気持ちになっていたのだと思います。
順位発表のときの皆さんの笑顔をみて“なんて気持ちのいい人たちなんだ”って思いましたもん。
Commented by fotografiat500 at 2011-09-21 17:11
ラムネさん

写真使わせて頂きありがとうございます:-)
やっぱり自分の走っている姿というのは、絶対に自分では見れませんから、
嬉しいものですね。更に一瞬の切り取りによって様々なことが思い
浮かべられます。本当にありがとうございます。
グニャグニャしてますか?(笑)ピンがきっちり合った写真も良いですが、
当日の雰囲気が伝わってくる良い写真だと思います。
来年は例のエンジンでブイブイ言わしてくれること
本当に楽しみにしております!まだ1年ありますもの、大丈夫です!
今回はありがとうございました:-)来年は是非ご一緒いたしましょう。
Commented by fotografiat500 at 2011-09-21 17:16
コニーリオさん

いやいや、リザルト見たらコンマ数秒しか変わりません。
来年はコニーリオ号がどのような変化を遂げるのか、
はたまた機関はそのままで、更に磨きをかけるのか
今からとても楽しみであります。白鼠様はやめてください〜(笑)
今回は前回程のロールではありませんでしたが、その分
しっかりとしたジュリエッタの走りを魅せてもらいました。
「ジュリエッタ」と言えばもう既に半世紀以上の年数が
経っているクルマでありますが、コニーリオさんも
ミケーレさんも、そのようなクルマをサーキットで走らせて
楽しまれているのは、見ている私にとってはとても貴重な
体験であります。たいていの人が、そのような場面を
ビデオなりDVDでしか見たことはないのじゃ無いでしょうか。

来年は表彰台クラスに一緒に食い込みましょう!
追う側は精神的に楽、ですし:-)
Commented by fotografiat500 at 2011-09-21 17:31
ヒロさん

ご無沙汰しております!:-)
下見の際に「この時期は忙しいから無理だなぁ」と
仰っていたので、解っていましたが、サーキットで
走るヒロさんのスーパーも見てみたかったです。
私は48秒台だったのですが、目標は47秒ー46秒後半を
目標にしておりました。それだけのポテンシャルを持つ
マシンだと自負しておりますが、まだまだ伸びしろたっぷりな
ドライバーのようで(笑)一進一退、地道に腕を
上げていきたいと思います:-)
何より、長く楽しめる分お得ですし!

来年はぜひご一緒いたしましょう。
きっと大丈夫、忙しい中でもなんとかなります!(無責任)
Commented by fotografiat500 at 2011-09-21 17:37
フォルギエリさん

ほんとカメロンパンさんにはいつも背中ばかりで
なかなか追いつくことができません。もしかしたら、
一生無理なんでないか、と期待もしておりますが(笑)
(微笑)ってなんですか(笑)今回は完敗で差も歴然、
ですがいつか足下ぐらいには追いついてみせますよ!
ヒートアップし易い性格故に、フォルギエリさんの
冷静な分析はいつも参考になります。
いけいけドンドンだったら、エラいことになっていると
思いますし…(汗)
六ちゃんに乗せて頂いて本当に感動しましたよ。
600は500との比較対象になり易いですが、全くの別物。
裸電球とシャンデリアぐらいの違いです。
どちらも良い所があるのは周知の事実ですが、一つ一つ
丁寧に仕上げられているのが解りますね。
溶接の具合だって明らかに違いますもの。欲しいなぁと
本気で思ってしまいました(笑)
今回もお相手して頂きありがとうございました。
チャオイタまでには、少し引かれたお腹のポッコリ治しときます…(苦笑)
Commented by おとうさん鼠 at 2011-09-21 17:48 x
白鼠よ

師匠のカメロンパン先生は20年500にお乗りですぞ
かついまだに500の研究に励んでおられる
あれだけ車のポテンシャルを100%出し切って
姿勢が乱れぬ運転見ていておとうさんは卒倒しましたぞ
たぶんクラッチ蹴っての走法じゃろう

もう一人の師匠などは

「俺はもしかしたらペケ1やリトモを走らすために生きてるような気がする」

なんと美しい言葉
あの鬼神にせまるテクニックは
その言葉より成せるテクニックじゃ

心配する出ない、
師匠お二人が20年のノウハウを伝授くださり
誰よりも早く師匠お二人の域に導いてくださるはずじゃ

くるくる
Commented by fotografiat500 at 2011-09-21 17:52
いちろうちゃん

負けず嫌いです!(笑)いちろうちゃん、会場で、私に
「何位だった?」って聞きましたよね。
私が「20位」って答えると「俺10位〜〜」って言いましたよね。
私はその言葉覚えておきますよ(笑)来年は隠れ目標に
いちろうちゃんを掲げております。肉薄してこの悔しさ
思いっきりぶつけたいと思っております(笑)
でもまたジュリ子さんも進化するんですか?
いやはやこれは楽しみです。ノンスリとか?

と言っても、何よりいつも楽しい時間を
ありがとうございます。ぼそっと面白いことを仰る
いちろうちゃんにはいつも笑わせてもらってます:-)
またコレに懲りず遊んでやってくださいね!
Commented by fotografiat500 at 2011-09-21 18:11
温泉さん

主催お疲れさまでした!昨年G-1で話していたこと
本当に実現して、尚かつ天気も回復、更に大会も大成功。
そして2位での表彰台。さすが温泉さんだと思いました。
「もう無理や〜、今のが限界!」と仰ってからのベスト更新、
あれはめちゃくちゃかっこ良かった!痺れましたよ:-)
ケツを振りながらも姿勢制御をこなし、その後の
加速も考えたライン取り、いつも勉強になります。
今回は本当にお疲れさまでした!
来月はチャオイタですよ。また温泉さんに
叱咤激励されたいと思っておりますので、
これからも色々と面倒な奴ですが、宜しくお願い致します!

(あ、今気づいたのですが下見の際に撮影した写真、
その3日後ぐらいに 送ったのですが、もしかしてサーバーで弾かれてますか?:汗)
Commented by fotografiat500 at 2011-09-21 18:22
おとうさん鼠さん!!(笑)

おとうさんの言葉身に沁みます(笑)
確かにカメロンパンさんは20年、私は3年。
本来ならば「勝てる」なんておこがましくてクチから
出ないのが常識人でありますが、なんとも私の場合
出てしまうのが悪い所、黙ってられない性分のようです(苦笑)
そして歴然たる差を見せつけられて前へ進む…。
さらにもう一人の師匠のお言葉、これほんとですか?(驚)
こんな言葉、格好良過ぎです。でもそれは結果が出てるから
自然と出てくる言葉なんでしょうね:-)

思えば真面目な話、私は恵まれてると思うんです。
くるくるさんも含め、温泉さん、カメロンパンさんともに
それだけの沢山の経験を持ちながら、私の様な素人にも
真摯に接してくれる。私が逆の立場だったら、
そんな風に出来るんやろか…というのが正直な気持ちです。
一つ言えるのは、そうありたいと思える人とこうして
一緒に遊んでいることで、少なからずとも私は
エエ方向へ影響を受けて、その先へ繋げられるんで
ないだろかということ。
師匠連に諦めの溜息を付かせない為にも、自身でも
知識と経験を積んで精進してまいります!

ありがとうございます、くるくるさん(笑)
Commented by roadking at 2011-09-21 19:44 x
ミッションを交換しましょう!
それでアナタも優勝候補さっ!(笑)

さあ来月のチャオイタはどーしよう。
今や完全に妻のモノとなったnewFIAT500を借りるか、
904nさんとWエントリーで、1300GTジュニアで走るか・・
悩ましいこってす。
Commented by fotografiat500 at 2011-09-21 21:01
roadkingさん

ミッションの件はまたどこかでお話しましょう(笑)

当日はありがとうございました:-)
ベビーbucoのヘルメットと新調したホイール、どちらも
roadkingさんらしくて、さすがやなぁと思っておりました。
この辺りのチョイスも自分の好みとキャラクター、そして
時代設定など考えると色々迷って楽しいですよねぇ。
私もヘルメットは新調しましたが、真っ白だと何だか味気ない。
またデザイン案相談に乗ってください:-)

チャオイタ、選択肢がたくさんあって良いじゃないですか!:-)
無責任に言うと、904nさんのGTJでWエントリーが
是非見てみたいなぁ…RRからFR、排気量は約3倍。
しかもエキゾーストからあの咆哮、更に調子の良い
904nさんのGTJならば、きっとかなり楽しいはず。
各々の楽しさと言うのは「絶対」では無いから、
相対で楽しむのは私、賛成です:-)
またコンビニで待ち合わせしますか!904nさんの
朝寝坊が心配ですが(笑)あ、904nさん分の
タープや椅子、私が持参しますので(笑)どうですか!904nさん。
Commented by s800 at 2011-09-22 00:38 x
昨今イタジョブ杯の記事があちこちを賑わしている中
遅れ馳せながら、やっとこさここのコメント欄にたどり着きました
文才の乏しいワタシは作文に時間がかかりすぎて・・・
当日の模様が克明に記されておりますね!
えっ!”ホントは全部読んでないだろう”って?
いやいや、ちゃんと読みましたって!!
だって、同じマシンに乗せたら師匠より絶対俺の方が速いって
写真の裏に書いてあったし(笑)
それにしても闘志が滲み出ておりますな~、いやムキ出しか!
というか、こっちもうかうかしてられませんね
白鼠さんが師匠に追いつくということは
すなわち、また多数のカワイソウな自信喪失の方々を増やすワケですから(笑)
当日の走り見ててももうすぐ背後にひたひたと近づいてるのを本当に感じましたし。
こっちも負けませんよ~!
Commented by fotografiat500 at 2011-09-22 12:06
s800さん

コメントありがとうございます:-)
いやぁ、楽しかったですね。2日間とも煙草仲間として
過ごして頂き、お陰様で肩身の狭い思いをせずに済みました(笑)
記事、全部読んでくれはったんですね!ありがとうございます。
いやいやいや、カメロンパンさんにはまだまだ追いつけないですし、
同じマシンでも絶対無理です、ホントの話:-)
所謂メンタルの部分でも差があるんですよね。サーキットを
走って、どうそこから自分を構成していくか、それは
ライン取りや進入速度、その辺りの考え方の「カン」が
皆さん優れてはるんやと思います。私はまだまだその辺りも
経験不足。しかし、いつかは〜と燃えております。
そういう時の方が楽しかったりして(笑)

皆で川の字になって寝た夜。s800さんの寝言には
驚くというより、多いに笑わせてもらいました:-)
夢の中でも闘ってるs800さん、素敵ですよ!(笑)
次回はチャオイタでご一緒出来るのかなぁと今から
楽しみにしております!
Commented by sono at 2011-09-22 22:20 x
お疲れ様でした!!!
白鼠さんの出番待ちの緊張した顔と、最高の笑顔が忘れられません~~~!
ココで謝罪を・・・正直、チンクがあそこまでポテンシャル高いとは・・・!
おそらくジュリア系よりも奥が深いと思われますね!
嗚呼!余裕があれば・・・!蛇と鼠を飼いたい!!
本当に白鼠さんのチンクもかっちょよかった!!
またご近所ですから色々遊んでくださいね!
次回のイタジョブ杯も楽しみましょう!!!
Commented by grunge at 2011-09-24 15:35 x
随分と出遅れましたが当日は、ホントにお疲れ様でした。
カメロンパンさんは、参加者一同ビックリな程にホントに速かったですね!
まだまだ速くなりそうな感じだし、次回が楽しみですね。
排気量がアレ程ありながら差が無いタイムどころか、白鼠号にもこれ以上ポテンシャルアップさせたら・・・言い訳出来ないじゃん!
また、遊びましょう!
Commented by 白鼠@携帯 at 2011-09-24 22:47 x
sonoさん

当日は本当にお疲れ様でした:-)
コースイン時に「どうぞ〜」と笑顔で送り出されるだけで
緊張がほぐれ「やったるで〜」という気持ちになれました。
こうして考えると主催者のお三方は勿論、皆さん本当に
大人なええ人ばかりで、私みたいな面倒臭さがりには
冗談抜きでいい経験になってます。
ですが今回は臨時スタッフやらせてもらって
この皆で作り上げていくという楽しさが改めてわかった次第です:-)
しかしsonoさんの主治医さん早かったですね〜!
片輪ロックしながらのコーナーワーク、見てて鳥肌ものでした。
そして軽量化したsonoさん、低い姿勢でグングン力強く、
なおかつシャープに突っ込む走りはスーパーの新しい
魅力に気付かせてくれました:-)
500でこの旧車の世界を知った私ですが、こうして
様々な人に出会い、ゆっくり親睦を含めていき
更に様々な車の魅力を知っていける。速さを競う
サーキットですが、それだけでは語れない
面白みを教えてもらっています:-)
またまったりツーリングもご一緒してくださいね!
Commented by 白鼠@携帯 at 2011-09-24 22:56 x
grungeさん

当日はたくさんの写真ありがとうございました:-)
私、grungeさんが走っている時、コントロールタワーで
計測補助してたので、grungeさんの写真が
無かったのが心残りです。次回もgrungeさん弟子として
撮影班やらせて頂き、grunge写真集進呈させて頂きたいと思います。
今回はステアリングを預けてくださりありがとうございます:-)
本当にいい機会でありましたし、やはりスパイダーは
想像していたフィーリングでありました。
それほど回してない(というかパワーバンドには
乗っていないと思いますが)のに、あの吹け上がりの
軽さとそれとは相反するトルク感。
アルファロメオという車はいつ乗るたび、
運転させて頂くたびに、驚きと発見があります:-)
何より楽しさが「異常」ですね(笑)
いつか自分もと思いますが、その時まで待って
頂き、これからも末長く宜しくお願いします:-)
あ、今度コニーリオさんとノタリどうですか?
お頭が怒るかも、ですが(笑)
by fotografiat500 | 2011-09-20 15:35 | autodromo | Comments(28)