2011 / Coppa del lavoro Italiano

Coppa del lavoro Italiano 9月18日に開催され晴天の元、無事終了致しました。
主催のおかんの頭の頭さん、温泉さん、カメロンパンさん。そしてスタッフの皆様、
当日は何とも楽しく、はしゃぎたくなる時間と愛機のクセと改良点を見いだせる場を
作って頂き感謝。更に一緒に走ってくださった皆さんにも感謝です:-)

当日は雑用、撮影班+タイム計測のサブスタッフとしても過ごしましたが、
肝心要の「カメラ」をバッグごと家に忘れてくる大失態。
よって皆さんのblogの様に写真や動画を織り交ぜてのご紹介は出来ませんが、
a0152288_14222222.jpg
photo / ラムネ風さん

ラムネ風さんに素敵な写真を撮って頂けたので、掲載許可をもらい
載せさせて頂きます:-)ありがとうございます。
今回は文章主体の記事になりますが、辛抱強く長文読んで頂けたら嬉しいです:-)
a0152288_14275423.jpg
このCoppa del lavoro Italiano 、名阪スポーツランドで開催された第1回目の
ジムカーナ大会であります。案外知られていないと感じたのが、
「ジムカーナ」と言っても、よくあるようにパイロンを使いコース構成するものと
違い、既定のコース(コースレイアウトを変更)を使用することにより、
1台1台出走しタイムを競うものになっております。

下は500ccから上は2000ccまで混在するレースではありますが、混走では
無いので各々自分のモチベーションと技術、クルマの性格を反映させ
走ることができ、他の車種の走る姿も存分に楽しめる大会でありました。
a0152288_14391189.jpg
そのような大会故に様々な楽しみ方があり、そのような雰囲気が許容されるこのような
走りの大会はなかなか無いような気もします。中でも初めてサーキットを走った、
と言う「ういろうさん」(抹茶グリーンのとても綺麗なfiat 500)が
汗を大量にかきながら「いやぁ、楽しいっす」と絞り出す様に仰り、満面の笑みで
あったこと、とても印象的でありました。(更にういろうさんは当日に参加決定)
a0152288_14445911.jpg
そうかと思えばサーキットではいつもアグレッシブでありながら、
豊富な知識と理論立てた熱い走りを見せてくれる温泉さんのX1/9が攻め、
ある部分では両極端な二人の御仁が、同じ場でベクトルは違うけれど楽しんでいる。
更に、写真にはありませんが2000GTVを駆る「くるくるさん」、
ジュリエッタSVを駆る「ミケーレさん」、元来あまり歳のことを言うのは
好きではありませんが、お二人とも失礼ながら私の親と言っても差し支え無いお年。
そんなバラエティに富んだ「人」が同じ楽しい時間を共有出来るという1日は
なかなか無いであろうな、と振り返って思うのであります:-)
a0152288_15285041.jpg
更に家族連れ、ペット連れで来られている方も多く、
ジムカーナの後は同じコースを家族、ペットと一緒にゆっくり走行の
ファミリーランまであり、主催者の楽しんで欲しいという気持ちが
ひしひしと伝わってくる大会でありました。
a0152288_14561570.jpg
己との格闘、他者との競合、場の雰囲気を楽しむ、クルマのポテンシャルを知りたい。
どんな理由であれ、走ることはやっぱり楽しく、それは当たり前ですが知識や
経験が浅い故の個人的意見を書かせて頂くとすれば、やはりクルマは眺めることでなく
エンジンに火が入り、動力を車輪に伝達し、挙動を操り正しく人馬一体となって
走ることによって、その車体と人の魅力が昇華されるのでは無いかと思うのです。
(文化的価値を否定している訳ではありません)
a0152288_14331796.jpg
私は…と言うと、元来負けず嫌いのビッグマウス故、上記の写真、
オートマイスターのカメロンパンさんが駆る「コルサ号」に
何とか一矢報いるつもり満々で最後まで走りました。あの日はほぼ100%、
皆さんが初めて走るコース、例外無く私もそうでありましたから、
最初のステップは自分との戦い。それは1回目でどの程度のタイムを弾き出せるのか、
そしてカメロンパンさんとのタイム差は…と言う所から始まりました。
a0152288_15125145.jpg
a0152288_15124493.jpg
走りを重ねていく毎に開くタイム差。丁度私の出走が終わった後にカメロンパンさんが
走られていましたから、その走りをじっくり拝見することが出来ました。
タイム差が3秒、4秒、5秒とコンマ秒では無く1秒単位で開いて行くとに、
案外暢気に「まだ行ける」と思い込み、そのどこからやってくるのか解らない、
裏付けの無い自信は最終出走まで続きました。勿論結果は大差で、カメロンパンさんは
850ccクラスで優勝、そして総合でも4位という大快挙。
嬉しいやら悔しいやら、そりゃ当たり前という気持ちやらで複雑でありましたが、
追う立場として、これほど楽しいことは無く毎回の出走で次こそは!という
モチベーションを高められ、気持ちは常にアグレッシブでもありました:-)
本気でカメロンパンさんに勝つと思っていたのは、ココだけの話でありますが…。

結果は総合で36台中20位、カメロンパンさんは4位…ということは…
まだまだfiat 500楽しめそうです!!

来年は表彰台、行きたいなぁとビッグマウスで締めたいと思います。
改めて当日ご一緒した皆様、お話したいと思っていてもなかなか出来なかった皆様、
ありがとうございました!今年参加出来なかった皆さん、来年はご一緒しましょう。
もちろん何の垣根も無く:-)



当日のサーキットの雰囲気は公式blogでもあるお頭の該当ページからどうぞ:-)
あにいさんの素敵なムービーや、沢山の車載動画、該当記事へのリンクが便利です。
[PR]
by fotografiat500 | 2011-09-20 15:35 | autodromo