Coppa del lavoro Italiano / +pLUS

怒濤の勢いだった仕事の状況も3日程前から少しだけ落ち着きを取り戻し、それと共に
過ごし易い季節になってきたこの頃、やっと書きたかった記事を書くことができました。
a0152288_22223255.jpg
Photo / grungeさん

上記は`10年MINI G-1に出場した際にgrungeさんが汗だくで撮ってくれた写真の一部。
リアのバンプした状態でありますが、この時はfiat 126用のノーマルコイルスプリング。
a0152288_22281194.jpg
Photo / grungeさん

そして同じくgrungeさん撮影の`11年Coppa del lavoro Italiano
偶然にも同じ角度で同程度のコーナー角の写真があったので比較対象となりました。
今年のラヴォイタでは、主治医のオートマイスター謹製のスプリング。
街乗りを多少犠牲にした硬めのスプリング(とは言え街乗りでも全く問題なし)の、
イエロースプリングVer.2で走行した際のバンク角です。

その他の違いはタイヤ幅を145サイズから165サイズに変えたこと。
この2つの効果というのは素人故に驚く程違い、誰が運転しても体感できる程
車体の安定感は増し、その費用対効果というものは大変大きなものでした。
a0152288_2251168.jpg
開発段階からサーキットを走る、なんて想定されていないfiat 500でありますが、
それ故に思わぬ底力を発揮してくれることもあるというのは事実です。
しかしそうは言ってもイタリアのおばさま方がちょっとそこまで
お買い物に、ということに経済的、利便性で秀でていたであろうfiat 500は
その設計思想が示すように足回り・エンジン、シャシー剛性、ウェイトバランス、
あらゆる所において実際は泣き所の方が多い訳であります。
a0152288_23375714.jpg
その「泣き所」についてはようやく理解の入り口が見えて来たかな、と
先日のラヴォイタで感じたことでもありました。主治医の勧めもあり
145サイズ+126用コイルスプリング、という走りに特化している訳でもない
設定でサーキットを1年掛けて何度か走り、その設定での滑り始めのタイミング
というものは感触として掴めたことは大きな収穫だったと、少し「走り」に振った
今回の設定にして改めて実感することが出来ました。
a0152288_225751100.jpg
更にそれは私自身が、リアのコイルスプリングを硬くしたらどうなるか?
タイヤを太くしたらどうなるのか?という2つの部分を「知った」だけであり、
これから経験を積んで理解に繋げていければ、fiat 500を操る楽しさを今より
知ることが出来るのだろう、と感じることも出来ました。
まだ、エンジンの特性、ミッション(ギア比)、フロントリーフの強化、と
知っていくメニューはありますが、それを車両に強いると同時に私自身も
テクニックというものを磨いて行かなければ…と思った次第です。

泣き所が多いから、と何も卑屈になって反骨精神を旺盛に!ということが
言いたい訳でも無く、ピッコロがジャイアントキラー!というのも少し違っていて、
フラットな感覚で対策が反映されたことの喜びと、その素直なメカニズムに改めて
可能性を感じることの出来る1日でもありました:-)

また密かにラヴォイタ当日嬉しかったのはトロフィーは勿論ですが
a0152288_2339236.jpg
ゼッケン。
ゼッケンを貼る作業というのは、何だか鉢巻きを締めるような気分でもあり、
乗用車からレーシングカーにコスプレ出来る瞬間でもあります。
大きな大会やラリーなどでは定番ですが、Coppa del lavoro Italianoで
このアイテムがあったのは、その心意気に共感できた次第でありました:-)
[PR]
Commented by フォルギエリ at 2011-10-11 02:06 x
昨日は楽しい一時を過ごさせて頂き、ホントに有り難う御座いました。
妻鼠さんにもくれぐれも宜しくお伝えください。

自分もクルマもステップアップして行く過程が楽しいのでしょうね。
その意味ではチンクはエエ「素材」だと思います。
マイスター目指してこれからも頑張ってください。


Commented by おかんの頭の頭 at 2011-10-11 06:44 x
ありがとう!リンク集にUPさせてもらいました♪
まだまだ続くよラヴォイタは!ですねぇ

チンクのポテンシャルの先はカメロンパンさんが見せてくれてますので、まだまだ楽しめますね~
私も白鼠さんに負けぬよう精進します(笑)
Commented by roadking at 2011-10-11 09:10 x
僕も負けぬよう精進いたします(笑)。
Commented by take at 2011-10-11 13:14 x
白鼠さんのいつも心の底に秘めている闘志を発揮された一日でしたね。チンクでどこまでできるか!って部分はチンク乗りとしては非常に楽しく期待していつも応援しています。
これからもまだまだ楽しみにしていますよ。

ゼッケンは、同感でチャオイタの時もかなり嬉しくって1週間ほどつけたままでした。
今回も勿論、つけたまま1人で帰りましたよ。(笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-10-11 23:19
フォルギエリさん

こちらこそ貴重なお休みの日にお越し下さり感謝です:-)
なかなか我家は大人数をお迎えする機会がなく、
あまりお持てなしすることが出来ませんでしたが、これに
懲りずお気軽にお越し下さいませ:-)
妻も楽しんでいたようで、今日仕上げの作業をしていました。

ステップアップ、というのは自身で行わなければ
ならないのは当然ですが、フォルギエリさんにはその為の
重要なファクターである、歴史や意外な側面、そして
それに精通しておられる様々な方を紹介して頂き本当に感謝しています。
500は確かに私の様な素人にも裾野を広げてくれる
いい素材だと思います:-)マイスターになったとフォルギエリさんが
認めた暁にはスペチアーレなパスタ、奢ってください(笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-10-11 23:38
お頭

しつこく書きますよ。ラヴォイタでは想うことや感じたこと
たくさんあったので、思い出したらまた書くかもしれません。
お手数ですがリンクアップ宜しくお願いします(笑)

カメロンパンさんや温泉さんも勿論なのですが、お頭の存在は
前にも書きましたが兄貴的存在でもあり、負けると
解ってても挑みたくなる相手なんです:-)それは軽く見てる
とかでは決して無いのですが、なんなでしょうねぇこの感覚。
一緒に楽しもう、というスタンスが私にはとても合っているのかも。
でもいつかはサーキットでの走りについての濃い話
「そー!そー!」みたいに話せるよう、私こそ精進いたします(笑)
ポテンシャル…物理的な制約や法則による制限は
どんな物質でも数学的に証明出来るものですが、
こと「走り」に至っては熱く、ど根性もありつつ、
精神論も少し信じてみて、楽しみたいですね。
これからもご一緒してくださいまし!
Commented by fotografiat500 at 2011-10-11 23:40
roadkingさん

いやいや、もう少しすれば今までとは形勢逆転!
倍の排気量ですから、精進は少し休みませんか?(笑)

ですがこれからは追う立場として「サーキットでは」挑みますよ(笑)
勿論それ以外の山でも駐車場でも、クルマ無しでも
これからもご一緒出来ること楽しみにしております:-)
roadkingさんにとって一番の選択であったこと信じております!
Commented by fotografiat500 at 2011-10-11 23:45
takeさん

そうなんです、闘志だけは一人前。走りはへっぽこの3人前ですから
そろそろ結果を出さねばと思っているのですが、これがなかなか。
でもそこが楽しかったり(笑)たまたま選択したのが、
何故かfiat 500ということになったのですが、なかなかの
ポテンシャルを持つ車体に巡り会えたのは良かったと思っております。
実際、私がfiat 500を運転している時なんか、客観的には
ズバッと走って、エレガントに曲がり、停車してもシャープな
ライン!と思い込んでいますが、ショーウインドウに写る
車体を見て「あれ?こんな丸っこっかったっけ」とびっくり
することがあります(笑)自身の体型(スタイル)も
最近びっくりするのですが…(汗)

また23日、ゼッケン付けまっせ!!一緒に楽しみましょう:-)
by fotografiat500 | 2011-10-10 23:43 | autodromo | Comments(8)