manutenzione

a0152288_073035.jpg
走ると痛む、減る、壊れる、はたまた崩壊する。
クルマは機械なので絶対的に言えば人格などは無いし意志も持たない、はず。
そこでそのクルマを所有する人間が時には自分の気持ちとして、そのクルマの
「不良箇所」を修理し、時には生物になぞらえて「治療」を施すことになる。

私の場合、どちらかな…と答えの出ない考え事をしながら、いつもの長吉長原へ。
アライメントの調整とコイルスプリングからの異音、各部グリスアップと
油脂類交換と、サーキット走行後の一連の確認と整備をお願いしました。
a0152288_23111194.jpg
機械だからどんなに手塩に掛けても直接的な意味での見返りはない、はず。
でもそんなやり取りや試行錯誤をしている内に、少しづつクルマとシンクロして走り、
共感することは理論的にも破綻していないんでなかろうか、と思う訳であります。
しかし面白いことに、クルマを本当に好きと思っている人や、本気で遊んでいる
人達が口を揃えて言うのは「あのクルマはオーラがある」という言葉。
それはクルマを物質として見ているストイックな人から、そのクルマが持つ
ヒストリーを加味して魅力を見いだす人まで区別無く。
a0152288_2356567.jpg
クルマの希少性は珍しく、そして楽しく、また歴史的背景は大変興味深く。
そのような物語があるから機械であるクルマにも人は惹かれる訳ですが、
(=)イコールというか類義語…そのような雰囲気の言葉で表すならば、一般大衆車、
量産車でさえもオーナーの愛情いかんによっては、希少性の高いクルマが持つ
オーラとはまた違った、独特のオーラを持つに至るんだろうと感じています。
いつも仲良くさせて頂いてる方々が言った「オーラがある」というのは、
勝手ながらむしろ独特のオーラのことを指すんであろうな、とも思います。
*個人的には「オーラ=権威」では無く、もっと柔らかいニュアンスと捉えています。
a0152288_257394.jpg
fiat 500を購入し丸3年が経過した訳ですが、結果、この個体との距離
というものがあるのならば、それは近付いていると感じるこの頃。
少し感傷的に書くとするならば、購入当時は私は今と比較して全く無知だった。
そして、この個体もそれを知っていたからこそ、敢えて歩み寄ろうとしなかった。
車体トラブルや不意の故障など、何となく噛み合ない時期があった。
その冬の時代を知識と経験を積み(勿論主治医に適正化して頂き)なんとか
次のステップにいけたと自負するのですが、今はその培った関係性というものを、
少しずつですが、わずかに感じられてくる時期なのかも知れません。
a0152288_23573253.jpg
自分で自分のことを客観的に見れる人間と言うのは、非常に稀で、もしかしたら
そんなことは論理的に出来ないことなのかも知れませんが、それを敢えて
するとするなら、私の個体はその独特のオーラといいうものは、まだ当たり前ながら
全くもって纏っておらず(将来的に纏えるかは別として)、さりとてその
「至って普通」が、今の自分に合っていて心地良い部分でもあります。
a0152288_2563032.jpg
ウマに乗っている我が車体を眺めながら、ふと思ったのは、
そのオーラを濃密に漂わせている車両(オーナー)とonでは無くoffで一緒に走り、
熱く語り、ヒストリーや裏話を知る楽しさが、fiat 500との関係性に影響を与え、
更に良きものにしてくれ、そして必然的な故障や不具合はあるものの、
飛躍的に楽しい車体にしてくれたことは否めないと感じるのでありました。
fiat 500をいつまで乗ることが出来るのか、それは全く不明ではありますが、
古いオイルを抜かれるfiat 500を眺めながら、その始まった関係性を
まだまだ深めていければ、と何故かぼんやりと思うのでありました。
[PR]
Commented by おかんの頭の頭 at 2011-11-06 07:05 x
仰るとおりですが、長く生き延びた車からのオーラってのもあると思います、それがあって、その車とオーナーが向き合った時間のオーラ。

それは所有した単純な時間ではなく、一緒に戦ったり、ドライブしたり、修理したり、手をかけたりっとゆう機械と人の時間が融和させた感じではないかと思ってます。

そして生きてる車両は美しく素敵なオーラがあります。
たとえ錆びてても、美装されて動かぬ展示車両にはもてない、魅力的なオーラ、それは白鼠さんのチンクにも感じますし、オーナーにも感じてますよ!
Commented by Z987 at 2011-11-06 07:33 x
バイクに乗り始めて1年過ぎた17歳半ば、サーキットを走る先輩に、誰よりも速く走りたいならバイクを磨きバイクの声を聞けと言われました。
バイクの声とは、異音・ノイズが大きくなっていないか?で調子をみることは、何となく解ってました。
磨くのが嫌いな自分は「磨き」が解りません??・・・
バイク屋に勤めて初めて磨きの大切さが解りました。
ネジの緩み・オイルのにじみ・ワイヤーのほつれ・スポークの緩み、機械・バイクにきちんと向き合ってこそ速く安全に走る事が出来るんです、いとおしんで磨いたバイク・車は必然的に大切にします、乗らなくても毎日車庫の中を覗きたくなります(笑)
Commented by ヒロ at 2011-11-06 19:52 x
先日はありがとうございました。
イイですね~~オーラ!
人もクルマもイッパイオーラが出るとイイのですが
自分自身ナカナカオーラが出ないので、
GIULIAだけでも、せっせとピカピカ磨きたいと思います(笑

って、これしか出来なのがダメですよね(大汗
Commented by いちろうちゃん at 2011-11-06 21:22 x
購入当時(4年前)と今の自分を比較すると、相変わらずの無知だった!
セントラルから帰ってきて我が愛車を眺めながら、ふと思ったのは「結果オーライ」。何処を走るにしてもリスクは付き物。常に注意を怠ったらあきまへん・・・これが、なかなか難しい。
クルマ磨きはもちろんですが、僕の場合自分磨きに精を出さないと。。。
Commented by fotografiat500 at 2011-11-06 23:46
お頭

>機械と人の時間が融和させた感じ
そう!それです。そういう風に書きたかったのですが、
上手く文章が出て来ず、すっきりしました:-)
ありがとうございます。

「オーラ」って書くと、その語感から何となく
上から目線を感じて、少し抵抗があったのですが、
お頭が書いてくれた単純明快な意味が私にとっては
ズバリ、その意味かも知れません。
周りで仲良くして頂いている、水色な人とか
オープンな方とか、オタフクな人とか、勿論車体も
素晴らしいものですが、それ以上の魅力をみせてくれる、
そんな良い影響を与えてもらっていると思います:-)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-06 23:52
Z987さん

そうなんですよねぇ…磨くってボディじゃなくて
中身の方。まるで人間と同じのような感じですが、
その辺りを「磨く」と自ずと不具合が見つかりますよね:-)
私もオイルパンの汚れをある方に指摘してもらってから、
その箇所を注意深く清掃していたところ、ある不具合を
発見できた経緯があり、それからはシコシコと磨いております。
Z987さんのように、良き先輩がおられることは
幸せですよね、自分がそうであるからよく解ります。

しかし…Z987さんはバイク屋にお勤めされてたんですね(今も?)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-06 23:56
ヒロさん

こちらこそお邪魔させて頂きありがとうございました:-)
いやぁ、なかなかどうしてヒロさんとこの間お話していた時に、
ヒロさんのスタイルを確立されているのは、エエなぁと
思っていたところなんですよ、お世辞でなく。
資料本やネット、様々な知識を手に入れることは出来ますが、
自分が過ごして来た年月というのは「オリジナル」ですから、
ヒロさんは結構ロックな日々を送られてきたんでないか、
と勝手に想像しております(笑)
Z987さんも仰られているように、磨くのは大切なことです!:-D
Commented by fotografiat500 at 2011-11-07 00:04
いちろうちゃん

相変わらずのいちろうちゃん節、ありがとうございます(笑)
でもいつも言い得て妙、というか
核心を突いてきはるんですよねぇ(感心)
無知の知という言葉がありますが、私にはその部分が
欠けているんでは無いかな、と思った次第です。
ちょっと知ったかな部分もあって、数回経験しただけで、
それは自分の知っていること、と思い込む節があります。
いちろうちゃんにはそれが無い。しかも知らない風で、
驚くほど詳しかったり…。いちろうちゃんは決して
無知でない、と私は本気で睨んでおります(笑)
Commented by お父さん鼠 at 2011-11-07 10:47 x
白鼠よ

人車、一対になるのじゃ
カメロンパン先生は、先生ご自身が
500のメインパーツのようじゃ

温泉先生は、同じ車を2台お持ちで
比較研究に励んでおられる
先日はデスクワークの研究中
その音楽に波長が狂われたそうじゃが(笑)

お父さんは昨日、神戸のお花公園の帰り
六甲山奥のくねくね道を疾走する
500、600、の後をGプントで
自称サービスカーで追っておった
その道20年選手の綺麗な走行を見た
お父さんはその日はぐっすり眠れたのじゃ
満足感とともに
Commented by Mr.M at 2011-11-07 10:59 x
私は個々の車体のもつ方向性が一本化されていると、オーラというかとてもカッコよく見えます。
また、オーナーの手足のように馴染んだ車などを見ても同様にオーラを感じますね。

ちなみに、私は白鼠さんにヘンな汁が出るぐらいヘンなオーラを送ってるんですけど届いてます?(笑)
・・・おふざけごめんなさい。
Commented by fotografiat500 at 2011-11-07 18:27
お父さん鼠さん(!)

500のメインパーツのよう、の件は名言です(笑)
タイヤ・ボディ・エンジン、そして「自分」
どんなにブラッシュアップされた車体でも、ドライバーが
へっぽこであれば、生かしきれないのは事実。
温泉さんに至っては追随するのみ。
いらんことを言うと、また呆れられるので
ここでは多くを語らず、結果で示したいと思います(笑)
お二方に言えるのはストイックで、実践に裏付けされた
自信というものを持っているというところでしょうか。

オレンジの500と白の600ですね。
あのお二方の走りは先日のラヴォイタでも拝見しましたが、
魅せる走りでもありますよね。くるくるさんが
ぐっすり眠れたのも頷ける気がします(笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-07 18:32
Mr.Mさん

その方向性が意外と私には難しかったりします。
何でも影響を受け易く、そして好みの幅は意外に
広かったりするんです。でもそれは経験や知識が
無いからそうなってしまうのかも。
ここ最近は何だか良い感じに方向性が見えてきた気がします:-)
Mr.Mさんのジュリアもラヴォイタの時にじっくり拝見しましたが、
その方向性のセンスの良さを感じたのは本当であります。

そうそう、全く関係ない話ですが、急に思い出しました。
3年前の雨のイタジョブ、その受付の時にMr.Mさんに
人違いされて挨拶代わりにお尻をバチコーンッと叩かれたことを
思い出しました(笑)覚えてます?
オーラ?届いてますよ〜〜(笑)
Commented by Mr.M at 2011-11-08 08:16 x
思い出したもなにも、忘れ去りたい過去の三大のうちの一つです(笑)
というのは言い過ぎましたが、あの時はゴメンなさいね。
ついつい、叩いてみたくなる様なお尻だったものですから(そりゃ違うか)
トモアレ、今日もこれからオーラを発出してみます・・・。
(うぅぅ・・・。その事は忘れろ~、忘れろ~、忘れろ~・・・爆笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-09 00:21
Mr.Mさん

(笑)やっぱりそうでしたか:-D
私もあの時は「イタジョブってやっぱりフレンドリーなんだぁ〜」
って呑気に思っておりました+良い想い出になっております(笑)
来年も叩かれるように、少しシェイプしないといけないですね!
忘れませんよ〜楽しみにしております(笑)
Commented by フォルギエリ at 2011-11-10 00:29 x
クルマと言うのは女性と同じですね。
幸福な人は良い雰囲気を出しているし、美人でも幸薄い印象の人も居ます。
生活は顔に出ますからね。これはお金があるとか無いとかは関係無いですね。


Commented by fotografiat500 at 2011-11-11 17:10
フォルギエリさん

…確かに(苦笑)やっぱり私生活でも仕事でも、何かしら
その反動は表情を作っても「顔」に出てくるものですね。
それは取り繕っても隠す事が出来ない訳で、それと比較して
クルマもまた同じ、というのは同感であります。
その意味で言えば、フォルギエリさんちの六ちゃんなんかは
表情豊かでファニーな雰囲気を醸し出していますから、
きっと幸せ者なんでしょう:-)私の車体はどうもまだ表情を
読み取るまでコミュニケーション出来てない様な気もします。
機械も人間も元をたどれば宇宙のチリだった訳で、
そんな風に考えると、無機質が感情を伝えられないかという
部分は?になってきますね…ってこれは極論か(苦笑)
by fotografiat500 | 2011-11-06 03:27 | メンテナンス | Comments(16)