euro cup rd.5/女子力

a0152288_20592582.jpg
恐らく今年の締めになるであろう、ユーロカップ。
4、5月とエキサイティングランに参加しましたが、生憎の天気に消化不良気味。
どこかで晴れ男な方がツーリングでもしてくれれば…なんて半分冗談でありましたが、
11/20、前日の雨も嘘のように上がり、サーキットにも日差しを届けてくれました。
a0152288_20593833.jpg
a0152288_20595024.jpg
そして、もしかしたら隠れ晴れ男かも知れない…そんな気持ちを裏付けさせる
青空の様なブルーのfiat 500を様々なシーンで楽しまれているホットさんも、
Coppa del lavoro Italiano、そしてチャオイタリア見学をきっかけに
セントラルサーキットを走ってみようということで、いつもご一緒している
カメロンパンさんと3人での楽しい一日となりました。
a0152288_2102795.jpg
a0152288_2103986.jpg
ユーロカップに何度か参加してきて思ったのは、BMW、ポルシェ勢の勢いがあること。
特に今回のクラシックカーのカテゴリでは参加台数もいつもより少なめで、
寂しい気もしましたが、そんな中でもジュリエッタやジュリア系の勇姿を
拝見する機会は何度かあり「自分が走る」以外にも、興奮する時間を
持てるのはサーキットに来る楽しみの一つでもあります。
a0152288_2105233.jpg
ex-runの場合、申込時は1本だけですが、当日受付で1本追加することも可能です。
当初、その予定にしていたのですが早朝の回は路面が弱ウェットだったこともあり、
午後前からの1本に絞ることにしました。気温はそれ程低くはありませんが、湿度が
高くチャオイタリアの時よりも若干コンディションは落ちる感じだったと思います。
a0152288_2111186.jpg
一眠り、いや二眠りは出来る程、時間的余裕もあったので今回は会場内をうろうろと。
その中で気になったのはラヴォイタ時もご一緒させてもらったミケーレさんの
101ジュリエッタSV。朝の光は太陽が低くコントラストがつくのですが、
そんな中でも曇りの無い美しいボディと、サイドから白く耐熱塗装されたマフラー。
この美しい個体で今回もレース参戦されており「スプリント・ヴェローチェ」をまさしく
地で行く楽しみ方は、個人的にとても惹かれるスタイルでありました。

今回ホットさんが参加した時の気持ちも、変わらず同じであると思います。
と言うのは、やはりサーキットを走るというのは、私の非常に少ないサーキット走行の
経験の中からでも感じられるように、公道を走り込む時より負荷は大きいですし、
壊す可能性も高くなる。そんな中でも常々ブログを拝見していて愛情持って、
コツコツと維持し大切にしていると私自身感じている、通称「カバ吉くん」と
楽しもうという決心は大袈裟かも知れませんが、希少性の高い、代替えの効かない
クルマをレースに参戦させる時の気持ちと同じだろうとも思うのです。
そしてそれはあくまでも個人的見解ですがナンバープレートを付けてレースに
参加している全てのクルマに言えるのかも知れません。
私がもしFiat Abarth 695 ssを手に入れたとして、それがまさに純真無垢、
曇りの無い個体だったとしても、賛否両論あるとは思いますが、
同じ様にレース参戦しているだろうなぁ…と思う訳であります。
a0152288_2113060.jpg
少し話が脱線しましたが、ex-run、今回はベストラップの更新はなりませんでした。
しかし新たな課題も見えたのは事実。前回はライン取りの重要さに気付き
今回はブレーキングの重要さを気付く、という何ともド素人丸出しで、あの
ポールフレールの本を買った意味は何だったんだ、と言いたくなる回り道の鈍くささ。
相変わらず最終ラップでその回のベストラップが出るクセというか、中盤での
攻め込みの甘さが露呈する走り…。
しかし三歩進んで二歩下がる、これが私のやり方なのかも知れません、が
もう一度ポールフレールも含め、様々な本を読んで勉強し知識として
蓄えておこうと改めて思いました。知りそして体験する、最初の
「知り」があるだけでも体験した時のインパクトは違うものになるとも思います。
今回は車載カメラを設置し、撮影にこぎつけたのでyoutubeにUPしたいと思います。
前を走る水色のmini(1300cc)との接戦ですがコーナー時にはパス出来るものの、
ストレートでじんわり抜かされるもどかしさを感じつつ、
レースの際に必要となる心構えの予習の予習になったようにも思います。

ex-runも終わり、miniのホイールを観察しにカメロンパンさんとminiの
集団がいるパドック辺りに行くと、先ほどの水色のminiのオーナーさんが登場。
思わず二度見しましたが、そのオーナーさんうら若き女性、というか女子でありました。
女性を卑下する気は毛頭ありませんが、それでも何となく悔しかったこと、
包み隠さず言うならば「マジっすかっ!」と思ったのは事実:-D
しかし福田オートの奥様もバリバリのレーサーでもありますし、あんなに
fiat 500の可愛さを体現したカバ吉君も2:19秒台、サーキットでは見かけ(性別)で
判断出来ない、という大変大きな社会勉強にもなった楽しい一日でありました。
[PR]
Commented by take at 2011-11-22 23:41 x
今回もベストコンディションで挑めなかったのは残念でしたね。
でも、楽しく走れてるのが凄く伝わりますよ。羨ましいーっ!
動画も観れて大満足!
で、おぉーっと言ってしまったエンブレムの復活!ええじゃないですかぁーこうでなくっちゃね。
次回がまた楽しみですね。
Commented by Mr.M at 2011-11-23 09:17 x
サーキットにも女子会の匂いが・・・(ムフフ)
Commented by コニーリオ at 2011-11-23 09:50 x
お~ミケーレさん号にチビジュリエットさん号だっ!
チンクもジュリエッタもサーキットを全開で走り、無事家まで帰れる整備とドライバーに拍手ですね♪
Commented by rpkm23524 at 2011-11-23 10:19
動画、拝見しました(^_^)

「ええですねぇ~!」

なんか、体の中に眠っていた「なにかが」むくっと起きだした
ような感覚になりました。楽しそう・・・

ブルーの500っていうのも、ビビットな雰囲気でいいですね!
Commented by KEI at 2011-11-23 11:21 x
排気量の差はねぇ...
女性も速いヒトは速いです。先日もカートで一緒になった女性、2人のお子さんのお母さんですが、簡単にちぎられました。その時は車両はイコールコンディションなので、体重差ってことにしておきましたけど(泣)
Commented by ヒロ at 2011-11-23 12:30 x
女子会????
ボクも参加で検討しようかなぁ~~(笑
カラミまであるなんて、ステキです!!
Commented by roadking at 2011-11-23 18:19 x
miniは速いっす。
全くノーマルの1300でも1分50秒台とか。
でも逆に言うと、その域まで皆さんの500が到達しだしてる
ってのは凄い事ですよね。
Commented by ホット at 2011-11-23 20:44 x
当日はお付き合いいただきありがとうございました。
ほんと日が欠けると寒かったのに、わずか数周で汗ビッショリ(笑)
興奮しましたねぇ!

大事な、大好きな愛車だからこそ、それでサーキットも走りたいと思います。
単に結果を求めるだけならそれに適した車で走ればいいわけで、それとは違ったなんかロマンというのか......(^^;ボキャブラタリナスギ
サーキットに向いてようが、向いてなかろうが関係なくて。
その気持ちは自分の車が大好きな人はみんな一緒なんだろうと僕も思いますよ。

ただ、おっしゃるとおりサーキット走行のダメージは確実にあるでしょうね。うちの子も先日ブレーキを整備してもらって初期制動からものすごくタッチがよくなってたのですが、早速そのあたりが悪化?というか普通になっちゃいました......(^^;
ほかにもエンジンもまわしすぎただろうし、ドラシャにも負担がかかったことでしょう。これは避けては通れないことだろうし、そういう遊び方をする分、普段はもっといたわろうと最近思うようになりました。整備もちゃんとして(お願いして)ね!
Commented by ホット at 2011-11-23 20:48 x
なんか文字数制限にひっかかったので、つづきです(笑)

動画拝見しました。あの女子ミニとのバトルが見ごたえありました。というか、白鼠さんの気持ちになって「ムキー」って(笑)
コーナーで抜いて直線で抜き返されるのは......いやだろうなぁ。
走り終えて「パワーが欲しい~」と言っておられたのがこの動画を見るとよく分かります。

また次は春でしょうか? 是非またご一緒させてくださいね!

(長々とすみませんでした)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-24 11:31
takeさん

今回も楽しく走る事ができました:-)
ベストコンディションというのは稀だろうなぁと思います。
なので様々な状況で走れるのは逆に色々勉強に
なっていいことかなと最近は思っております。
サーキット経験者の皆さんが言うのは、やはりチャオイタの
辺りが路面、気温、湿度ともにベストでないだろうかということでした。
動画見て頂いてありがとうございます:-)
やっと新しいムービー用カメラも買いましたので、これから
自分自身の復習のためにも、やはり残しておいた方が良いだろうと。
エンブレムは以前のステッカーがパートナーにかなり不評でしたので、
取り敢えず暫定として戻してみました(笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-24 11:34
Mr.Mさん

そうですよ〜、イタジョブだけでは無くセントラルでも
女子会の勢いが。いやぁ、しかし走ろうと思うだけでも
イイね!ボタン押したくなりますね(笑)
最初の方は後ろから見てても解るぐらい、miniの方も
考えあぐねてる感じでしたが、後半になると車速も上がって来て、
タイムを縮めているだろうなぁと感じました。
Mr.Mさんもムフフでしょうし、またご一緒しましょう:-)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-24 11:39
コニーリオさん

ありがとうございます:-)
毎回、自走帰宅が第一目標ですが初めてセントラルに
行った際にお頭に無事に帰りましょう、と言われたことが
妙に頭に残っていまして…鳥の刷り込みのようなものでしょうか(笑)
チビジュリエットさんも今回は前日まで整備に
掛かっていたらしく、福田さんとお会いした時に
お話したのですが、ほぼ
徹夜で作業されていたようです…。
ミケーレさんは今回も全開でありました:-)
やっぱり良いですよねぇ、私も末永くこのサーキットを
楽しみたいと思います。
Commented by fotografiat500 at 2011-11-24 11:44
rpkm23524さん

ありがとうございます〜:-)
むくっと起き出しましたか?それでは春に向けて
その芽を開花させましょう(笑)やっぱりどんなクルマでも
サーキットで走ると楽しいものだと思います。
もちろんツーリングやドライブも楽しいのですが、
様々な体験を出来るクルマをチョイス出来る環境で
幸せだったと思います。
ブルーの500、ホットさんですがこの方も
アグレッシブな楽しみ方される人なんです。
また12/4に昨年と同じ京都の高雄でチンク会をやりますので
ご都合宜しければお越し下さい:-)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-24 11:48
KEIさん

私は基本、体験して理解して打ちのめされるタイプですので、
排気量の差は頭で理解していても何とか根性で行けるんでないか、
と時代遅れな考え方なのですが(苦笑)
今回は良い勉強になりました。
昔何かの本で読んだ「運動神経」いついて、男女の差は
動物学的に違いが出てくる、それはクルマの運転にも
言えることだとありましたが、ことサーキットに関しては
競技と言う意味と「馬」が何かということで、その差は
無くなりますよねぇ。私も体重の差、ということにしておきます(笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-24 11:50
ヒロさん

意味深なコメントですね〜(笑)
カラミはあるかわかりませんが(苦笑)ユーロカップで
前回開催からファミリーランが復活したようです。
パートナーさんとサーキットツーリングなんて
如何でしょうか(笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-24 17:18
roadkingさん

そうですよね、miniはやっぱり他の参加車両を見ていても
ジュリアともタメをはれる車両が多く、作りも全くの別物ですよね。
FFらしくグイッと引っ張る挙動なんか見てても
面白そうなクルマだなぁと最近やっと気付きました:-)
私のはまだまだですが、カメロンパンさんなら1300ノーマルとも
良い勝負をしてくれるんでないかと思っております。
私もいつかっ(笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-24 17:24
ホットさん

今回はこちらこそご一緒出来て本当に楽しかったです。
当日はイメトレしているホットさんを見て、
私も自分を顧みて反省…(汗)カメロンパンさんという師匠が居て、
同じ目線で楽しめるホットさんがいて、とサーキット走行も
いつもの雰囲気で楽しむことが出来ました。
しかし19秒台、さすがだと思います。私が初めてセントラルを
走ったときが18秒台でしたから、こりゃ新たなライバル出現で
私も負けてられまへんっ、とこれからのモチベーションも
上がった次第であります:-D
サーキットを走ると様々な部分が痛む、というのは
ホットさんが書かれている通りですが、また気付かなかった
ウィークポイントが見えてくるという側面もあり、
それは特権でもあるかもしれません。

次は暖かくなった頃ですね:-)
12月、一人でも行こうかと考えてもみましたが、
ここらで一服するのも長く楽しむために必要かな、とも
考え直しております(笑)
これからも末永く無理なく一緒に楽しみましょう:-)
Commented by ヤンシロウ at 2011-11-24 19:26 x
私も
「排気量、馬力、年式は気合いで何とかなる!!」と思ってる1人です(^_^;)

同日程で行われた今回のラテンフェスタもサンクアルピーヌにぶち抜かれました(ToT)

よく、『こんな車でレースなんて???』と言われますが、

「これだからレースしてるんです!(^o^)v」と言い返す私です。

来年もバンバンレース参加しますので頑張りましょう(^o^)/

Commented by 温泉 at 2011-11-25 10:58 x
ぴかぴかの丸いボンネットに浮かぶ白い雲・・・

白鼠さんには、これが“見える”ということが素晴らしいです。

私もそういう人間になりたい・・・(笑)
Commented by いちろうちゃん at 2011-11-26 21:15 x
わかるな~、その気持ち。
僕の場合はミニ同士、こちらが1000であちらが1300。
ま、抜かれはしなかったけどネ・・・あちらが終始前を走ってたから(笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-26 22:18
ヤンシロウさん

ラヴォイタでのアグレッシブな走りを拝見したときに
何か似たニオイを僭越ながら感じていました(笑)
頭では解っていて、到底無理ということも現実としてあるのですが、
何だかこのクルマ、そして整備をお願いしているメカニック、
そして自分の気持ちがあれば、ドンデン返しもあるんで
なかろうか、と私自身アホな夢を楽しみながら、はしっております(笑)

そうなんですよね、まさしく仰る通り「これだから!」と
いう気持ち、それは柔よく剛を制す、とかでは無く、
案外本気で、このクルマなら勝てると思っている自分が
いたりします。だからサーキットに行くのかも知れません:-)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-26 22:20
温泉さん

早く温泉さんに「これはかなり良い走り」と
コメント貰える様な走り、してみたいっす…。
でもお褒め頂きありがとうございます。
温泉さんの写真も好きですが、この辺りの持ち場は
せめて私らに残しておいてください(笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-11-26 22:23
いちろうちゃん

ミニは1000だったのですね〜。
しかし、相変わらずのコメントありがとうございます(笑)
いつもオチがついていて、今回は突っ込もうと思ったのですが、
思いの外、ちゃんと落ちていたのでやめときます(笑)
やっぱり排気量の差というものは、数値では
負けてしまう部分もありますが、こちらもまだ650ccという
排気量で余力(ボアアップ)を残していますので、
いつかはズバッとまでは行かなくとも、じんわり
ストレートで抜き返してみたいです。サーキットに
行くと、何かしら発見がいつもあるのは有り難いことです:-)
by fotografiat500 | 2011-11-22 23:01 | autodromo | Comments(23)