tipo 159 alfetta

琴線に触れる。
a0152288_17152322.jpg
それは音楽でも絵画でも、映画に彫刻、漫画にアニメ、フィギアに…全ての造形物に
ある日突然訪れるもの、と個人的に思っています。
クルマに全く興味が無く「物を買う」という行為だけがドーパミンを発していた
始まりから、何かが連鎖して、その物(fiat 500)の魅力に取り憑かれる。
a0152288_16225153.jpg
フォルギエリさんのblogからtipo 308の存在を知り、そこから辿っていき
tipo 158/159に突き当たり、その記事を読んだ数日後にspazioさんで
"Alfetta The Alfa Romeo 158-159 Grand Prix Car"なる本を購入したのですが、
その後は何となしに、それ程その本を捲ること無くおりました。
a0152288_16282767.jpg
それが何かは解りませんが、あることがきっかけでドップリと
tipo 158/159の魅力に取り憑かれ、改めてこの本を捲る機会が増えました。
当時は手回しだったであろうクランクに専用?の電動工具を差し込み、
3チョークのweberキャブと過給器が呼吸を始め何とも表現し難い
エキゾーストノートを響かせる。数万にわたるであろう部品が完璧に同調し
車輪へ動力を伝え走り出す…何ともクラシカルでありながら、
驚愕せざる得ない美しい風貌と力強さを感じました。

ただ今度はfiat 500と比較してですが容易に手に入れ、操り感じられるものでは無く、
(アタリマエ)残存数も極めて少なく、更に言えば出自もフォーミュラーカーであり
美術品としても充分過ぎるほど通用するクルマ。さりとて、
そのどうしようもなく、手が届かないもどかしさが何故か心地よかったりして、
所謂「憧れのスーパーカー」というのはそういうものなのかな、と感じるのです。
tipo 158及び159の戦歴や開発ヒストリーは、私のような無知には
語る事は出来ないのですが、多くの有名ドライバーを知るきっかけにもなりました。
a0152288_17282910.jpg
a0152288_17283814.jpg
Juan Manuel Fangioに"Nino”Farina。
FangioのニュルンブルクでのドイツGPのフェラーリとの戦いなどは、
生身の人間とそれを許容したマシン、そして当時の環境が生み出した物語なのでしょう。
a0152288_17435386.jpg
そんな壮絶な戦いの果て、かたやfiat 500をレーシングカーと言われるまで
昇華させたABARTH&C社、その商才と理にかなった技術力は多くを語られる所ですが、
ABARTH 595/695及びfiat 500をベースにした車両で、逸話を残したドライバーと
言えば…悲しいかな私の知識では思い浮かびませんでした。
しかしfiat 500は現在進行形(historic challenge 700等)である強みもあり、
レギュレーションの厳しいイタリアのワンメイクレースでは、新たな物語も
生まれているのでないかとも思うのです:-)
それは人馬一体の時代は、まだ過去の話では無いのだと裏付ける様に。
[PR]
Commented by おかんの頭の頭 at 2011-12-17 07:50 x
とうとうアルフェッタまで守備範囲を広げましたか、ジュリア乗りでも知らない人が多いアルフェッタは元々これ、F1なんですよねぇ~

だから2代目アルフェッタが当時出たとき、どう思われたのかな?って思ってました、F1の名を持つ乗用車。
無論トランスアクスル、インボードブレーキを採用した部分は高く評価しますし、2代目アルフェッタも良い車だと思いますが、158-159と比べるとねぇ~

その電動工具はスターターですね。
昔は手で回してましたが・・・・
Commented by fotografiat500 at 2011-12-18 10:46
お頭

様々な車種を知ることで、色々な側面が知れて楽しいです:-)
この時代のクルマって、少しクラシカル過ぎると思っていた
のですが、改めて先入観無しで見てみると想像以上に
モダンなデザインをしているんですよね。
機関についてもスーパーチャージャー付きに四輪独立懸架、
かと思えばV16をまっぷたつにしてV8と、自由な発想。

2代目アルフェッタは私もいいクルマだと思います。
良い意味でアルファロメオらしくないアルファと言うか。
アルフェッタ(小さなアルファ)という通称がよく似合うかと:-)
身近なアルファロメオな方々が垣根無しで遊んでくださるので、
興味の入り口に立てたかと思います。
Commented by いちろうちゃん at 2011-12-22 08:51 x
この細いタイヤ・上半身ムキ出しで300㌔!しかも60年前ですぜ、旦那!!

前にお頭のブログでもコメントさせてもらいましたが、20年前のカーグラTVで見たこのクルマのむせび泣く様なエキゾーストにしびれ、鳥肌が立ちました(さすがに息子までは立ちませんでした、エロDVDを見るとソッコー立ちます)。

このサウンドが今現在、僕がアルファに乗っている要因の一つになったのは間違いない。

当時は高くて手が出なかったビデオ「Alfa 80」、たしか6000円ぐらいした。
高原書店でDVDを見つけ、久々に聞いた時は感動したなぁ~♪
今でも、時々見ては鳥肌立ててます。

Commented by fotografiat500 at 2011-12-22 14:14
いちろうちゃん

上半身むき出しで300km/hは想像もつきませんが
これが60年前に走っていたというのは素晴らしいですよね。
この頃のフォーミュラーカーはスポンサードされていない分、
塗装色が主張する個体ばかりで、今のF1も良いですが
また別次元のお話のような気持ちにもなります:-)

まぁいちろうちゃんのエロDVDは言わずもがな(笑)ですが
私もtipo 158/159の良さを発見出来た時は鳥肌ものでした(笑)
alfa 80もいいDVDですよね〜。
"Victory By Design"のアルファロメオもお持ちかも
知れませんが、具沢山で見応え有りましたよ!
Commented by フォルギエリ at 2011-12-24 03:01 x
来年はMUSEOに行って、ゼヒ着座して来てください(笑)
Commented by fotografiat500 at 2011-12-26 14:23
フォルギエリさん

イタリア語を来年は日常会話ぐらいはマスターして、
イタリアに飛びたいと思います:-)
お姉様は役得でありましたね〜。
museoは今でも着座OKなんでしょうか?(笑)
無理なら匂いだけでもかいできます。
by fotografiat500 | 2011-12-16 18:27 | 独言 | Comments(6)