piacere

a0152288_342996.jpg
初めまして!

という言葉が出てくるほど、いつも見ている私には印象が変わって見えました。
手元に戻ってきたら、以前と同じ角度で撮影して、比較してみたいと思うほど。
a0152288_37369.jpg
塗装もあと少し磨きを残すのみ、そしてエンジンマウントの塗装でほぼ完了です。グニャグニャで
左右の形状が狂っていたFRPフェンダーを、ここまで仕上げてもらって本当に感謝です。
常々「対価」というものをシビアに考えているが故に、ここまで持ってくる技術・人材確保・設備・時間を
金額に換算すると個人的に納得の出来る作業工賃でありますし、そこかしらに見える
手を抜かないという仕事のやり方を見ていて(写真で)やってもらって良かった、と思います。
a0152288_31244.jpg
前々回の記事を除き、今回の記事も含め写真は全てカメロンパンさんから頂いたもの。
忙しい中時間を割いて頂き、こちらも感謝ですし、どうなるの〜とコメント頂いた方々にも感謝:-)
この写真はまだ車高調整やグリルエンジンフードなどが付いていませんから
少し間抜けな感じでもありますが(まだ実際この眼で見ていませんが)とても良い感じで、
送られてきた写真を何度も見返し、さながら納車前のわくわくするような気持ちでもあります。
ずっとやりたかったフェンダー、我が事ながら感慨ひとしおであります。

ボディに関してはこれで、フェイスエンジンフードハードトップ、そして今回のフェンダーと
N板金さんの元でひと通り手を入れて頂きました。

来週辺りにはカメロンパンさんのところへ戻り、車検+の作業が始まると思います。
よく言われる車高の低さは知能の…なんて言葉がありますが、私のfiat 500は
これに当てはまるものになりそうです。もちろん走行性能に支障の出る見た目だけのものではなく、
主に旋回性能の向上のためでもあります。
もう一つ、ホイールの選定ですが現在履いているものを、ある所で少し加工することになりそうです。
ダイナモもパンクしてしまっていますし、車検+フロント+ホイール加工…ということで
予算的にはもうギリギリ。暫く清貧な生活を送り、ノーマルシートで走ることになりそうです…。
[PR]
Commented by KIT at 2013-03-09 09:18 x
白鼠さんこんちは。
基本ノーマルフェンダー好きの私なのですが、
こう言う行程を見せて頂くと、ちょっと気持ちが揺らぎます。〈笑〉

今後の進化、チャオイタ、ユーロカップ、ラヴォイタと楽しみ満載ですね。
私もようやく、125から145になりましたので、
今年はチャオイタを走ってみようかと思っていますので、
また、よろしくお願いします。
Commented by フラスカ at 2013-03-09 09:51 x
思うに、板金職人って彫刻家とか作陶家と同列の造型芸術家ですよね
(除くパテ盛り職人)

私がMy嬢のボディをお任せしている古くからの友人も、難しい内容であればあるほど静かに燃えるタイプですから
いつかヒトガタに変形するように依頼してやろうと機会をうかがってマス
(笑)
Commented by nuova51ono at 2013-03-09 10:14 x
私もKITさんと同じくノーマルフェンダー派ですが、本物の695や白鼠号、N板金さんの仕事ぶりを見るとグラグラきますね~。
大掛かりな板金作業をお願いするなら再度大阪上陸です、いつか・・・
Commented by fotografiat500 at 2013-03-09 18:20
KITさん

そうですね〜:-)私もノーマルのフェンダー大好きですよ。
あの微妙な膨らみとアーチライン、少しサイドから振った時に
見えるエンボス感、素敵ですよね:-)
私はノーマルフェンダーのfiat 500を所有せず、最初からオーバーフェンダー
だった訳ですが、今回のやり直しは新たな車両、と言っても過言ではない
ほどの変わり様でありました。ただ今までの「良い部分」…これは
具体的に口で説明するのは難しいですが、白鼠号として培ってきた
車体の良さを引き継いでいけるよう、思案しているところです。

チャオイタ!ご一緒出来そうなんですね:-)嬉しいです。
お互い結構熱くなるタイプなので、マイペースで当日は楽しみましょうね(笑)
どんな感触だったかも、その時のレビューも楽しみにしています:-)
Commented by fotografiat500 at 2013-03-09 18:25
フラスカさん

ほんとそう思います。2つの感性(技術者+芸術性)を
持っていなければ難しい職業でもあるんだなぁと感じました。
さらに言えば、それは自分の物では無くオーナーのもの。
愛着もあるし、その人が思い描いている形状もある…難しいですよね〜!

今回お願いしたN板金さんは、職人肌だけどオーナー(受け手)の
意向も見ぬいてくれて、こちらが「こうだ」と伝えれば、
それをきっちり形にしてくれる、バランス感覚を持った方でもありました。
フラスカさんのご友人の方も難しい内容であれば燃える人なんですね(笑)
私の仕事もそうですが、何か筋の通った無理難題ってとても
奮起しますし、そのお気持ちよく解るような気がします:-)

人型は私、賛成出来ないなぁ〜(笑)
Commented by fotografiat500 at 2013-03-09 18:29
nuova51onoさん

グラグラきてますか?(笑)そういえば、onoさんのfiat 500は
ノーマルフェンダーで10インチでしたよね。あれはかなり
苦労されていたのが見ていてわかりましたが、
出来上がりは、お世辞抜きにかっこいいですね:-)
12インチも決して悪くないんですが、10だと少しキリッと
締まった感じに映るのが面白いなぁと思い拝見していました。
10インチ化されているのを見て、私もナックルを探しましたが
あれはなかなか、一向に見つかりませんね…(汗)

こうしてここ最近は詳細にオーバーフェンダーの取り付け作業を
掲載しているページが無かったので、何かの役に立つ…とまでは
思いませんが、参考になればなぁと詳細にアップしてみました。
onoさんもぜひいつかは?(笑)
Commented by roadking at 2013-03-09 19:58 x
特にリアフェンダーの丸みが可愛いですね〜。
これが轟音とともにサーキットを駆ける姿を早く拝見したいものです。KITさんもサーキットを走るんですか?それは楽しみ!
今年は賑わいそうですね!
Commented by KEI at 2013-03-09 22:11 x
いいなぁ、新車じゃん!
Commented by fotografiat500 at 2013-03-10 01:15
roadkingさん

ありがとうございます!:-)
昨年は諸事情でチャオイタにも参加出来ませんでしたから、
今年は目一杯楽しみたいなぁと考えております。
その際はぜひ一緒に、またあーだこーだ熱く過ごしましょう:-)
信貴山も戻ってきたら、走りのリハビリとフィーリングを確かめに
行きますので、ぜひご一緒してくださいませ!
あ、あと意外?ですが、roadkingさんのジュニアの助手席にも
乗せてくださいよ〜…ただし酔わない程度でお願い致します(笑)
Commented by fotografiat500 at 2013-03-10 01:19
KEIさん

いえいえ、新車なんてとんでもない(苦笑)
オートマイスターのカメロンパンさんのブログ拝見されましたか?
黄色い綺麗なチンクがボディをレストアされた車両なんですが、
あれこそ新車!です(笑)実際に目で見たのですが、
今まで見たことのないチンク、ある意味出来立てのパンのような、
生まれたての赤ちゃんのような、不思議な光景で感動すらしました。
私のはボディの状態は悪くはありませんが、
新車には程遠いです…が、今回錆の心配が減ったのは大きな
副産物でもありました:-)
by fotografiat500 | 2013-03-09 03:41 | OTAFUKU | Comments(10)