moro moro

a0152288_17593952.jpg
ステアリングを交換しました。32φ
下にあるのがアバルト製ステアリング 35φ
握り経はほぼ同じ。
a0152288_18000116.jpg
prototipo 80年代ぐらいのものかな。
装着してみて、まず見た目はしっくりきています。やはり
小さいなクルマですから、35φでも相対的に大きく見えてくる。
32φの設定は現時点では正解だったと思います。
a0152288_18030849.jpg
そしてクイックリリース。ワークスベル製のリリース。
後々バケットに交換した際に必要となるもので、正直今は必要なし。
ただワークスベルだと造作・フィーリングもしっかりしているし、
ショートボスも設定されているため、ポジショニングの応用がききそうです。
装着することによって、60mm前にきます。
a0152288_18024659.jpg
ぽっちりの奥、パドルシフトのような扇型をしたものはフリッパー。
手前に引くとすぐにステアリングを外せます。
上記写真はロックが掛かった状態。
a0152288_18025034.jpg
この状態でリリース可能。
a0152288_18024102.jpg
ぱかっと。
a0152288_18112248.jpg
おうかがいするため、近場のお山で少し走りこみ。
やっぱり楽しいなぁ…ほんとストレスが無い。
移動の手段のみとして、このクルマを持っていたならストレスがある
クルマであることには違いがないですが、自分の相棒として
持ったのならドライブ、お出かけ、仕事に遊び、
走る楽しさを想像以上に感じることが出来ると思います。

a0152288_18165108.jpg
a0152288_18165304.jpg
ミラーを交換。ビタローニ・カリフォルニアン。
セブリングとの視界の良さは比べるまでもなく、ビタローニは良好です。
正直、セブリングでは付け位置を工夫しないと右側のミラーは
見えてませんでした(ハウジングがちらっと見えるぐらい)
ただ走ってみて思ったのは、ミラーも見ているが目視も多用している、
ということ。安全第一ならビタローニ、でもセブリングも
それほど悪くはない、といった感触。しばらくビタローニでいきます。
a0152288_18192217.jpg
何回か往復しステアリングの感触は素晴らしく良好でした。
なぜにもっと早くこの経にしなかったのか…
小径でクイックになった分、轍の感触は拾いやすいですが
そんなものは鼻糞まるめて万金丹です。
10インチ+ワイドトレッドで慣れてます。
それより、ダイレクト感が増して35φより意外にも
オーバーステアにならず、感覚とシンクロしてコーナリングを
しやすくなり、今のところいいこと尽くめ。
a0152288_18294615.jpg
クイックリリースを装着後60mm、ステアリングは前にきた訳ですが、
これも正解。まだもう少しシートを後ろにしても良い感じです
(現状シートレール長が足りないので不可)
ただひとつ、懸案事項は…
メーター…さて、冬の間に出来ることは片付けてしまおう。

[PR]
by fotografiat500 | 2016-02-09 18:32 | メンテナンス(自力)