カテゴリ:autodromo( 30 )

banca di s.p.a

a0152288_19232683.jpg
5/29 に第1回開催の"BANCA di s.p.a."(バンカ ディ スパ)に参加してきました。
場所は愛知県の海沿いにあるスパ西浦モーターパーク(1周約1.5km)

この大会はイタリア車のみのサーキットイベントで、
タイムアタック、スプリントレース、30周耐久レースや
プロレッスン、レーシングカー体験など盛り沢山の一日となりました。
a0152288_19254256.jpg
a0152288_19281874.jpg
a0152288_19254355.jpg
ぼくはスプリントレースでの出場。
グリッドスタートでの所謂レース形式でのサーキット走行は初めてで
走行台数18台中で最小排気量。しかし気持ちだけは前向いているので
なんとかなるだろうと参加を決めました。
a0152288_19354511.jpg
でも本当はオートマイスター清野さんはじめ、お頭や温泉さんなど
色んな意味で楽しい方々がいたからこそ。

とはいえ。
a0152288_23354465.jpg
photo by pさん

車速違いすぎる車両+経験値も高い皆さんに混ざり
自分の遅さと経験の低さを実感したのも事実。
迷惑もかけたと思います。すみません。

予選の時は怖かったですし、俯瞰で見る動作では無く、
自分の目線で走ることの難しさ。
サッカーの試合だってあれ、俯瞰で見てるから色々わかるんですよね。
いわば神の視座です。現実ではありえない、VRの世界と似てる気がします。

理論では無く、サーキットで走ることの諸々…
イレギュラーがレギュラーになる怖さ。
何だかいろいろ突っ込み頂いているみたいなので、
書いてみましたが、こっちだって正直いろいろ言いたいんです。
って書くとまた言われるからこれぐらいにしておきます。
a0152288_23242080.jpg
今回は来年の耐久レースにぼくも乗ることになった
耐久号ことFIAT 124スパイダーも参戦しました。
スプリントレースはMr.Mさん、タイムアタックはとしさん、
耐久レースはgrungeさんとs800さん。
マザーヘッド耐久号として、着々と仕上がってきています。
(ぼくは何もできませんが)
でも出来ないからっていって、言われることだけをするようなことはしませんよ:)
遅いからってこのままでいるつもりがないのとおんなじ。
そうやって自分の身丈で楽しんでいくつもりです。
そういう風に楽しんでいける仲間に出会えたことの幸せさも
感じた一日でありました。

最後にBANCA di s.p.a.の主催をしてくださったIさん、
スタッフの皆様、ありがとうございました。

ぼくの原点はこのスパ西浦で開かれた"BANCA di s.p.a,"になりました。
てっきりチャオイタかと思っていましたが、嬉しい誤算でした。

これからも自分のfiat500を煮詰めていき
ゴマメでなく、いつか皆さんと競えるように夢見ています。

でもやっぱりあっさりと抜かれるのは悔しいですね。




[PR]
by fotografiat500 | 2016-05-30 23:42 | autodromo

autodromo

a0152288_01405139.jpg
先日、バケットシートをオートマイスターの清野さんに取り付けてもらいました。
なんて書くと、ポン付けのように聞こえますが、暫く作業を横で拝見していて、
今更ながら「すごい」と思える、乗り手に対する配慮と技術と経験値の高さからくる、
行程の細やかさでした。
a0152288_01405221.jpg
シートポジションに対する、ステアリング位置の変更。
これも一筋縄ではいかない作業ですね。
シフト位置も調整するはずだったのですが、僕の好みでは
従来の位置で全く問題なかったので、今回はこのまま。
a0152288_01474278.jpg
その作業の時、我が愛車は見たことのないトーアウト。
言わずもがな、タイロッド外しているからなのですが…
思わず吹き出してしまう違和感でした。
a0152288_01522634.jpg
様々な行程と微調整を経て、装着完了!
元々、fiat500のシート位置は左にオフセットしていて、
ABCペダルを踏むには身体を右に振らなければなりません。
もちろん、普段乗るにはそれ程の違和感もなく、問題無いのですが、
バケットを取り付けるにあたり、かなり中心に寄せてもらいました。
ちなみにこのシートの取り付け幅は370mm。座面がかなり小さいのと
形状がうまい具合にセンタートンネルを避けてくれたので、
かなり寄せることが出来ました。
a0152288_01572497.jpg
シート高さ、ステアリング位置、ポジション。
様々な要因が変更になったので、いきなりサーキットを混走で走るのは、
自分の腕に自信が無かったので練習へ。(シート装着とは別日)
今回もほぼ貸切でありました。
僕は知識も経験に裏打ちされた理論も持ち合わせて無いので
難しいこともわかりませんし、
実際、ドライビングはうまい方ではありません。
なので回数を重ねて経験を積んでから理論を理解するしかないのです。

ベストラップは前回と比較して1.6秒縮まりましたが、それよりも嬉しかったのは
力まずともコンスタントにベストラップ付近を走ることが出来たこと。
裏を返せばギリギリまで攻めてないってことですが、
今回の目的は新しい環境に慣れることでしたから自分の中では御の字です。
a0152288_02044952.jpg
プラス、今回はfiat500のことを隅々まで知っている
オートマイスター清野さんにお願いして、自分の愛車の状態をサーキット走行で
確認してもらう機会を得ることが出来ました。
(正規の走行手続きをしています)
a0152288_02243184.jpg
当日は気温も高く、油温上昇を少しでも抑えるため
ヒーターダクトは空けての走行。もちろん走行後は汗だく…。
ありがとうございます…。
的確なアドバイスを色々と頂き、現在の状態でのウィークポイントと
対処からの展開と限界を聞くことが出来ました。
大袈裟な言い方かもですが、光明が見えました。

ただ、この走行だけで当り前ですが自分のベストラップを
あっさりと更新されたのは改めてすごい人やな…と。

まだまだな僕ですが、目標とする人が近くにいてくれて
本当に幸運だなぁと思う楽しい一日でした。






[PR]
by fotografiat500 | 2016-05-25 02:34 | autodromo
に、参加してきました。
久しぶりのサーキットイベント。
色々な方とお話でき、その分レースそのものより
お話に夢中になる…いや、それは言い訳か。
結局、ぼくは二人に勝負を挑んだのですが、敢え無く連敗。
悔しい…でも気持ちは盛り上がったなぁ。
a0152288_19425046.jpg
nishi_!さん撮影(写真ありがとうございます:)

順位は振るわず。
ですが、こんな小さなサーキットでもクルマの個性を感じたり、
ウィークポイントを知ったり、自分がどうしたいのかクルマの方向性の
一端を考えられたり。専門用語が解らなくても
フィーリングで最初の一歩を掴めるのは確か。
a0152288_19472502.jpg
そのフィーリングを感じる大切さはクルマが買い物用なのか、ドライブなのか
使用する用途はあんまり関係ないと思います。
途端に道具ではない、何か愛着のようなものが持てるはず:)
a0152288_19522427.jpg
そして、バッシバシにうまい+アグレッシブなドライビングを
間近に見れる機会でもあります。
a0152288_19491340.jpg
何より想像以上に楽しいです。

次回もたくさんの方とお話したいなぁ…で、その上でスタッフとしても
もうちょっと気の利いた動きをできるようにしなきゃ。

お会いできた皆様、ありがとうございました:)

[PR]
by fotografiat500 | 2016-03-23 19:54 | autodromo

練習走行

a0152288_23545782.jpg
次回、セントラルサーキット練習走行を妄想中。(ラヴォイタ後)
とりあえずは迷惑をかけないように、行って帰ってくるのが目下の目標。
その上で目標タイムをコンスタントに出せれば。
JAF入会、10万円分までの距離レッカーサービスの保険特約。
予備パーツ(各種ボルト・ナット、パッキンその他消耗品)の準備完了。
その上で出来れば走行前に主治医に点検してもらえれば御の字。
…言わば「はじめてのおつかい」のような感覚か。

練習走行でさえ、かなりの消耗をすることが改めてわかった。
軽微な損傷も気づかなくては。またそれを修繕するスキルも。
まだまだちゃんとレースするには先が長い…。

[PR]
by fotografiat500 | 2016-03-15 00:03 | autodromo

licenseと+

a0152288_09152077.jpg
今年始め、カメロンパンさんと兵庫県は多可郡にある
セントラルサーキットのライセンスを取りに行こう、
という話しをしていました。
僕は練習のために、カメロンパンさんは主に車両テスト(+練習)のために。

セントラルサーキットのライセンスを取得するには
事前にセントラルサーキットの事務局(0795-32-124)に電話をし、
講習を受けるための予約をします。

講習当日は、座学と実技(コース4周ほどして信号の確認等)があり、
当日必要なものは、

1 / ヘルメット
2 / グローブ
3 / 長袖・長ズボン
4 / 4点式以上のシートベルト
5 / 免許書
6 / 次年度の年会費(4輪 ¥17,500)引き落とし口座番号がわかるものと届け印
7 / 入会金20,600円 年会費17,500円 共済会費12,000円を合算した ¥50,100

以上が必要です。
a0152288_09095094.jpg
講習(信号の意味や走行会とはまた違った注意点など)は1時間ほどで終わり、ライセンスカードがもらえます。

これで4輪の練習走行枠で自由に
いつでも走れることになります。特別なイベント以外(チャオイタなど)
では、入場料¥1,000も無料になるので、サーキット出入りは自由。
a0152288_09342989.jpg
走行チケット(30分¥5,400)を購入し練習走行へ。
平日ならほぼ毎周クリアラップで走ることができ、僕達が行った時も
ほぼ貸し切り状態でした(30分で合計3台しか走ってない)。
色々なことを確かめながら走ることができ、とても満足な感触。
a0152288_10545308.jpg
得るもの大きく。
タイヤの滑り始めからの挙動、立て直し方を少し理解。
コーナー減速から如何にスムーズに立ち上がりへ繋げるか、
その一連の車速を少し理解。
何より現状エンジンのポテンシャルを感じました。
トレッドが大きくなり、踏ん張りも効いている分エンジンパワーは
想像以上に取られますが、それでもまだまだやれそうです。
何より久しぶりのサーキットは楽しかった…。30分があっという間でした。
a0152288_11040682.jpg
次回練習の時の目標タイムは2分6秒をコンスタントに出すこと。そして、
コーナー進入速度の限界をもう何度か体感して、モノにすること。
その他細かいことはありますが、ゆっくり底上げで行こうと思います。
なので、前言撤回。ユーロカップ参戦はまだ少し先にします。
今の僕ではまったくもって参戦する技術なし!
a0152288_11123234.jpg
昼少し過ぎには帰路へ。夕方前には家に着きました。
でも、こうして一緒に走ってくれる仲間がいることはほんとに幸せだと思います。
1人だったらこうは行かないよなぁと、コンビニおにぎりを食べながら思う1日でした。


.

[PR]
by fotografiat500 | 2016-03-09 11:22 | autodromo

EURO CUP 2016 / 第一戦

a0152288_0374569.jpg

4/3(日)に開催されるユーロカップ。
今まではエキサイティングランと呼ばれる走行会でしたが、
レースに初参戦しようかと、目論んでいます。

レースとなると、混走はもちろんですが、
いわゆるエキサイティングランで見られないような
「ガチンコ」な場面が多々あり、歴戦の猛者が集う場でもあります…。
もちろん車速の違いは明らかで、走るシケインと
言われるならまだしも、その勝負の邪魔になるような状況を作り出すことに
なってしまった場合は…
恐ろしすぎます。

まだ一歩踏み出せないのはそう言った「レース」に参加する為の
自分なりのボーダーを超えられていないのだろう、という認識でもあります。
更にリスクは走行会と違い大きくなるのも理解できます。

ですが「何かのきっかけ」を待つより、自分の性格上、
やってみなくちゃわからないのと、
経験して得るものは大きいであろうが故に参加したい気持ちが強いこと。

大袈裟かも知れませんが、とにかく周りの状況を把握しつつ、
ちゃんと走って帰還する、ということを大前提に
初レース参戦というベクトルでことを進めたいと思ってます。
a0152288_0434533.jpg

参戦するのは"EURO&JAPANクラシックチャンピオンレース"
LT-1000(1000cc以下のLT車両)
怖いなぁ…。(でも楽しみやなぁ…)



.
[PR]
by fotografiat500 | 2016-03-06 00:46 | autodromo
a0152288_13442260.jpg
Coppa del lavoro Italiano Openことラヴォイタオープン戦が
今年も開催されます。ぼくが参加した中での記事のみですが、
と、このような雰囲気の中開催されています。

参加規定は「Oh My Giulia」さんのブログから転載

+ここから

国籍、年式ともに不問!旧車も現代車もイタリア車以外も全部参加出来ます!
レーシングカーも普段乗ってる車もナンバー無しも全てOK
(シートベルト等安全装備に問題無い車両前提)
が、1つだけお願いがあります。自慢の愛車で参加お願いします!
このレースは中古車レースではありません
愛車と共にスポーツ走行を楽しむ為の場所
こんな思いを理解していただける参加者大歓迎!

+ここまで

最後の3行共感〜。国籍・年式縛りがないからこそ、
色々なクルマの走りが見れる訳でして、それが楽しみでもあります。

fiat500を購入した当初、まだイベントにも行ったことがなく、
こういうイベントって結構仲間意識強くてどうなんだろう…って
正直思ってましたが、それが無かったのはイタリアン・ジョブでした。
誰かに思いっきり挨拶代わりにお尻叩かれたのも良い思い出…(人違いで)

自身、後々の様々なイベントに参加するきっかけともなった
そのイタリアンジョブのスタッフの方々も参加・主催されてますので
よければご一緒いたしましょう!:)

[PR]
by fotografiat500 | 2016-02-13 14:06 | autodromo

ライセンス

来年の頭ごろにはセントラルサーキットのライセンスを取得しようと思う。
宣言ではないけど覚書みたいなもの。

走ることに関してセンスも経験もないぼくは
走って走って経験を積むしかないんだな。

ぼくの500の挙動を知り尽くしたい。
セントラルはぼくにとって何か特別な感覚を覚えるし
何より楽しい。
それがすべて
a0152288_21215167.jpg


[PR]
by fotografiat500 | 2015-12-23 01:04 | autodromo

2013 Coppa del lavoro Italiano

a0152288_1455068.jpg
2013Coppa del lavoro Italianoの開催が決定したようです:-)
2013年11月4日の祭日。まだまだだなぁと考えていましたが、残すは7ヶ月。
a0152288_2201685.jpg
a0152288_1473831.jpg
昨年は雨模様だっただけに、今年は是非晴れて頂きたい!
そう天気を左右する何かにお願いするここ最近でもあります。
このCoppa del lavoro Italiano(通称ラヴォイタ)、クローズドのミニサーキットで規定のコースを
複数回走るのですが、排気量の差が出難いサイズでもありfiat 500/600に代表される非力なE/gにも
一筋の光明が見えるイベントでもあり、さりとて1,3~2オーバーまで排気量でのステージも
迫力の走りも楽しめる非常に見応え走り応えのある楽しいサーキットイベントでもあります。
a0152288_1521852.jpg
それぞれの楽しみ方があり、それを踏まえた上で敢えて申すのであれば、
残り7ヶ月と言えば走りを熟成させる、または車両の設定変更、チューニング等々を
施すにはちょうどいい、それか少し短いとも私、認識しています。
a0152288_1563791.jpg
a0152288_22241.jpg
私の場合はタイミングよく板金+設定変更が、もう暫くすれば終了し、その変化を伴った車体を
7ヶ月の間、様々な場面で操作し、この体に覚え込ますことが可能でもあり、その反面
もう言い訳は効かないという心地良いプレッシャーを感じていたりもしておりますが、更にその反面では
a0152288_2174389.jpg
このセッティングになれば…という密かな野望も抱いていたりします。
a0152288_2114751.jpg
a0152288_2113641.jpg
今年も撮影スタッフとしても参加しますが、今年は昨年までの自分の中の既成概念を取り払って、
自分の撮りたいように自由に新しい気持ちでも撮ってみようとも思っています。
a0152288_2114288.jpg

というような、各々の物語さえも生み出す2013Coppa del lavoro Italiano
詳細な情報はこちらのブログで:-)
[PR]
by fotografiat500 | 2013-04-07 02:25 | autodromo
a0152288_22173434.jpg
photo / grungeさん
a0152288_22104650.jpg
photo /にゃおえさん

はや先月のこととなりましたが、久しぶりにサーキットを走った一日は
とても楽しい時間でもありました。雨という障害はありましたが、
天気だけは如何ともし難く、それも含めて楽しむのもありかと。
今回はgrungeさん、ホットさんの奥様から素敵な写真を頂いたので、
たまには自分の走っている姿もブログに載せて、こんなチンクもいるんだと
いうことを宣伝広告したいと思います:-)
a0152288_2221545.jpg
photo / にゃおえさん

前回走った3月も同じくらいのコンディションだっと思いますが、違いといえば
Sタイヤ(3月)とラジアル(今回)ぐらいだったと思います。
あとはエアクリーナーのスポンジがびっちゃびちゃだったことで、
だだカブりだったこと。前回はウェスをキャブの上に被せてそれを防いでいました。
油温が上がらず苦労しましたが、来年はヒートガンでも持って行って
キャブ、オイルパン辺りに当ててやろうかなぁ…なんて考えたり。
a0152288_22253344.jpg
photo / grungeさん

その上で今回再確認したことは、fiat 500の車重程度だと、
ウェットの状態でもSタイヤの方が断然グリップするということでした。
(あくまでも私のfiat 500の場合)
その上での雨の際の空気圧の誤解と先入観。カメロンパンさんともサーキットで、
その部分の話をして、理解することができました。

常に乗っていた状態から、暫く乗る機会が減って…というか殆ど無かったわけですが、
そうなるとやっぱり車との「馴染み度」(というものがあるとすれば)
は、やはり私みたいなへっぽこドライバーの場合だと、その期間と
比例して減っていくのが顕著なんだなぁと、ここ最近はエンジンを掛けて
走らせることも多くなり、少し馴染みを取り戻した体でしみじみと実感しました:-)



お頭も書いてらっしゃいましたが、ブログというのはある意味では書き手で
ある自身のその人となりのキャラクターを、読み手に半分委ねるという
ちょっと難しい部分もあろうと思います。ブログを少し更新しないと
本人全く知らないところで、ウワサ話なんてものが出てくるわけですが、
私はfiat 500を売り払ってませんし、ましてや海外逃亡もしておりません(笑)
頭ガチガチの性格でもありませんし、冗談も笑い話も好きですが、
個人的感想としては上に書いた例は関係なしとして、
基本「笑えないセンス0の噂話」はワイドショー並に下世話だと感じてしまいます、ね。

暫くは降りる気もないですし、まだまだこの扱いにくくも面白く素直に
いい個体(エンジン含め)のfiat 500と楽しみたいと思っております:-)
[PR]
by fotografiat500 | 2012-12-02 22:50 | autodromo