カテゴリ:イベント( 35 )

italian job 2016…リハビリ

イタリアンジョブ2016に参加してきました!
2014年はASDさんのカラシ号で参加させてもらい…昨年の2015はクルマ無かったので参加せず、
そして今年は自分のクルマ、白鼠号で復活して初めてのイタジョブでもありました。
a0152288_18531056.jpg
今年のメインフューチャーは「スパイダー」
a0152288_18551385.jpg
遊び(遠隔操作)で撮った写真ですが、端的に「イタジョブ」を
表している写真だなぁ…と。
”くつろぐ人、はしゃぐ人、クールでおしゃんなクルマ”

久しぶりのイタジョブは、マイ椅子を忘れて人の椅子に
勝手に座って寝てしまったり、前泊の飲みの段取りを安易に考えていたり
(飲みの段取りは重要!)
と、少し「あぁイタジョブってこんなんやったなぁ」と
思い出しながら終わった一日でありました。

個人的にとても嬉しかったのは、色んな方に
「復活してよかったね〜!」「おめでとう」と言ってもらえたこと。
正直、乗っていなかった時期は自分勝手だなと思いつつも、
今はその時期やない、と情報をシャットアウトしていたので、
こうして勝手に戻って来ても、受け入れてもらえたことがとても嬉しかったのでした。

ただいつも通り、もっと色んな人と話したかったなぁというのは事実。
来年はもっと話せるかなぁ…。



[PR]
by fotografiat500 | 2016-05-16 19:04 | イベント

italian job 2016

今年もこの季節がやってきました。
イタリアン・ジョブ→Oh my Giulia 5

2015は参加できず。2014はASDさんのジュリアをお借りしての参加。
今年は張り切って楽しみますよ。肩に力入ってるって言われても:)
a0152288_19341229.jpg
そしてgrungeさん撮影のポスター。
ものすごく素敵です。さすが…。
毎年「メインフューチャー」なるものがあり、言わば今年の注目
ということなんですが、今年は「スパイダー」
一度、アルファロメオ・スパイダーに乗せてもらいましたが
あの解放感は想像を超えました。まったく違う機械というか…。

そんなぼくも、耐久レースのドライバーとして参加することになり、
耐久号はfiat 124スパイダー(幌は閉めると思いますが…)

今年はサーキットに山にと動き回れそうです。



[PR]
by fotografiat500 | 2016-04-05 19:42 | イベント
a0152288_211581.jpg
今年も一番に楽しみにしていたイタリアンジョブに参加いたしました。
初めて前泊(徳山会館)し、アルコールと楽しい皆さんとの楽しいひと時。
天気のことは抜きにして、当日もとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
a0152288_21193585.jpg
a0152288_21433259.jpg
1975年までにつくられたイタリア車、ということが参加車両の前提に
なるわけですが、多分、例えば私が所謂世間一般で言われる「普通車」というものに
乗り付けて見学しに行ったとしても、当の本人に純粋に興味があり話を聞きたいと
思えば、オーナーの皆さんは快く、もしくは変態的に受け答えしてくれるであろう、
と感じるのがイタリアンジョブの醍醐味なのかも知れません。
普段は口下手でも、藤橋のあの場所が、周りの車が、空気が、そういう自分にしてくれるような。
a0152288_2136036.jpg
本当は天気が良ければな、と正直に言って思うのですが、
だからと言って、中止!だなんてとんでもなく:-(、雨が降ろうが槍が降ろうが関係はなく、
その場に居て皆さんとお話しできた、という思いがそうであるように、自分の中では
何でもいいから…と言えば語弊があるかもしれませんが、集まってワイワイ出来れば良かったんです:-)
a0152288_21304434.jpg
a0152288_21424666.jpg
私は自分の所有するfiat 500(セダン)以外のヒストリーや機構をそれほど詳しくは無い方なのですが、
この3台を会場で見て、それぞれの違いを楽しむことはできますし、
間違い探しのように、なるほどなぁここが違うんだと気づけました。
a0152288_21232274.jpg
段付き(GTA)・あまり見たことのないクルマ・エレガントで速そう。
少し前の自分ならこうした区分けをしていた訳で、カッコ内のGTAなんて単語も知りませんでした。
でも今なら3台の名前はわかりますし、それぞれのヒストリーもオーナーに教えてもらったり、
実際に乗せてもらったりして、とても身近なクルマとなりました。それでも見飽きないのは
毎回見る度に違う発見があるからだとも感じます。
a0152288_21461756.jpg
未だに、あまりお話を聞くことが出来なかったなぁと思うのは、
アルファロメオ・スパイダー系のオーナーの方々。
grungeさんはその中でも仲良くして頂いているオーナーですが、コーダトロンカだとか、
ボートテール、スパイダータルガ、はたまたエンジンの種類にデザインの遍歴の面白みなどは、
全く知らないと言っていい程、知識がありません。
来年はその辺りのことも話しかけてお聞き出来れば、また新しい発見もあるのかもなぁと思います。
a0152288_21533467.jpg
それと同じく124(ピニンファリーナ)スパイダーも同様です。
知識が無く、もっと知りたいところ。
a0152288_2158744.jpg
a0152288_21594245.jpg
a0152288_21592885.jpg
a0152288_22102869.jpg
要は私自身、何かにつけ様々なクルマを見ていたとしても、その詳細というのは
全くと言っていいほど知らないなぁと思うわけであります。
しかし何度か書いたような記憶があるのですが、読み始めた小説が思いの外面白く、
様々な物語を紡ぎながら、その世界にはまった時、終わりを迎えるのは寂しいもの。
今まだこの世界(クルマ)には知りたいことも、知るべきこともたくさんある、
物語の序盤を迎えたド素人のような私は、ある意味恵まれているとも思うのです。
a0152288_224564.jpg
a0152288_22265699.jpg
a0152288_2251043.jpg
a0152288_2227748.jpg
a0152288_22302115.jpg
a0152288_225416.jpg
イイコちゃんなことを書こうとしている訳でなく、小難しいことは抜きにして
自分の趣味の時間ぐらい何も考えずに、片意地はらず今後も楽しみたいと思います:-)

+22:35追記

一番大切なことを書くのを忘れていました。
何が言いたいかというと、こういうクルマのことを知らない自分でも
様々な楽しみ方があり、そこから先を知りたければそれ以上に、
そうでなければ、それでいいという楽しみ方が出来るんだなぁと感じたのは、
イタリアンジョブでお会いした皆さんと話して感じたことであります。

ただ思うのは謙遜では無く、毎年反省ばかりの写真。
覚書として、来年はもっとクルマ本来の魅力溢れるラインを切り取りたい、と思います。

今年は雨で短い時間になってしまいましたが、来年はもっと何と言われようと、
張り切って思う存分はしゃいで、楽しみたいと思えるやっぱり楽しいイタリアンジョブでありました。
会場で声を掛けてくださった皆さん、スタッフの皆様、本当に楽しい時間をありがとうございました!
[PR]
by fotografiat500 | 2013-05-23 22:30 | イベント

2012 / Italian Job FOTO

言い訳ココから

今回は全くもって納得いく写真がありませんでした。
思い出せばふらふら〜と絞り優先でカシャカシャと
林家ぺーさんばりにシャッターを押しただけ。
それぞれオーナーが大事にされている車にかろうじて助けられ
「記録」としては残せるものとなりました。反省。
来年は昨年書いた様に、商品撮りのような気持ちで再チャレンジしたいと思います。

→言い訳ココまで
a0152288_12392434.jpg

a0152288_12411880.jpg
a0152288_1242578.jpg
a0152288_12411146.jpg
a0152288_12405637.jpg
a0152288_12394463.jpg
a0152288_12395347.jpg
a0152288_1253577.jpg
a0152288_12393997.jpg
a0152288_13252370.jpg
a0152288_1244231.jpg
a0152288_12463725.jpg
a0152288_12472488.jpg
a0152288_1247589.jpg
a0152288_1249057.jpg
a0152288_1254562.jpg
a0152288_12543917.jpg


今回も色々な方とお話する機会が出来、本当に感謝しています。
それでも9時から16時までの7時間では足りないぐらいでした:-)
何より楽しかったですし、天気もちょうど良かった。
今頃、鼻の頭と額の皮がめくれてきましたが、これも毎年の恒例となりそうです。
改めてありがとうございました。



今回はナンバープレートの修正はしておりません。
不都合でしたらお手数ですがコメント欄にてお教え願えれば幸いです。
[PR]
by fotografiat500 | 2012-05-25 13:19 | イベント

2012 / Italian Job

a0152288_0232314.jpg
イタリアンジョブは年に一度開催されている、同好?の1975年までに
生産された(一部例外除く)イタリア車のイベントです。主催されているのは
古いアルファ・ロメオにお乗りのアルサロさんとおかんの頭の頭さん。
そして種々様々な魅力的な車にお乗りのスタッフの皆さんが支えている
イベントでもあると思います。そして当たり前ですが、皆さん良い意味で
極々普通な人であり一般常識を兼ね備えている人たちでもあります。

'05年から'11年までの7年間は藤橋城(プラネタリウム)の駐車スペースでの
開催でしたが、該当地が改装作業を行い、それに伴い集客数の増加を見込み、
許可が降りなかった為、今回、新会場である道の駅は「星のふる里ふじはし」にて
開催されたイベントです。そしてイタリア車好き、クルマ好き、機械好き、
生ガスの匂い好きであればどんな方でも楽しめるイベントであるとも思いますし、
1975年までに生産されたイタリア車を所持してなくとも、ツーリングがてら見学に
来て、参加されている皆さんに色々と質問をするのも個人的に楽しいとも思います:-)
a0152288_0383997.jpg
今更ながらなことを書いているように自分でも思いますが、
今回新たな会場地である「道の駅」が前回までの会場地と比較して、より様々な
人が利用する公共の場所であり、私自身バイカーの方や老夫婦、現場帰りの
おじさんに色々と質問されたからでもあります。(なんの集まり?etc,etc...)
何度か書いたことがあると思いますが、誰かのブログが何かの小さなきっかけになり、
現在のクルマと出会い、そして魅力的な人たちに出会えた糸口であったと思いますし、
今はこのイベントに参加して楽しかった、という本音があるから私のような
ブログでも少しでも参考になればと思い、まだ3回目ですが、このイタリアン・ジョブに
参加しての自分なりの解釈を書いてみようと思いました。

それよりも銀塩カメラで撮影したため(近くにあったカメラがたまたま銀塩だった)
現在アップする写真が無い、という部分も大きく影響しているのは否めません…。
a0152288_057956.jpg
そんな中、心に刺さった車両はiphoneで撮影しましたが、この記事
一番上の写真はアルファロメオ・ジュリア GTA。言わずもがなですが、70年代の
レースシーンを彩り、強くて速いアルファロメオの代名詞でもあると思います。
そして2枚目、その熱い走りと好戦的とも思えるスタイルをオマージュしたジュリア。
これも各々のオーナーのその形へ行き着いた気持ちが、若輩者過ぎる私ですが
痛いほどわかる…(ような気がする)。これら2枚は今年のメインフューチャーであり、
GTAのオーナーでもあるボンバロッサの方々が、このGTAがGTAたる所以と
そのヒストリーを紹介してくださる一面もあり、大変楽しい時間でもありました。
そして上記の写真GIulia1967さんのヴィタローニ・セブリングミラーのアップですが
台座の取り付け方が個人的にとても美しく感じ、その内真似させてもらえればと思い、
参考に写真を撮らせて頂きました。セブリングミラー自体が「現代の形状」を
彷彿させる完成された形でもあると思うのですが、それにこの一見アンバランスな
細身のステーで橋梁のように支えられた無骨さが、個人的にとても気に入りました。
a0152288_1124585.jpg
そしてメインフューチャーの一台でもある、○島さんのジュリアスプリントGTA。
希少価値という部分よりも、私のようなアルファロメオド素人でも理解出来る、
そのクオリティの高さと質感の素晴らしさは、欲しい云々では無く純粋に惹かれ、
とても興味深く拝見させてもらいました。工藝品という部分でもアウトラインが
しっかり引き立てられていて、初めて視界がクリアにGTAを見れた気がします。

メインフューチャーのアルファロメオばかりになってしまいましたが、綺麗に並べられた
クルマ全て嘘偽りなく興味深く、楽しく、時には何も考えず見ることが出来ました。
所謂オリジナル派もノーマル派も改造派も、どんなカタチでも結局は素敵だと思います。
それをオーナーが所有して、運転して動かしている気持ちは決してネガティブでは無く、
ポジティブでもあると思いますし:-)

その辺りの多種多様なクルマを見れるのもイタリアン・ジョブ、の
醍醐味でもあるなぁと改めて感じることが出来ました。

自分がフィルムで何を撮ったのか、あまり覚えていないのですが焼きあげて
また後日にアップしたいと思います。お頭のブログに当日の模様が細かに
上げられていて、尚且つ参加された方々のレポートのリンクも
貼られていますので、そちらも是非ご覧になってみてください:-)

改めて主催者、スタッフの方々、お会いできお話できた皆様、ありがとうございました!
[PR]
by fotografiat500 | 2012-05-23 01:40 | イベント

楽しむ

a0152288_121139.jpg
*上記画像は本文と関係ありません

こちらOh My Giulia 5おかんの頭の頭さんのブログで紹介されている、
「2012 イタジョブ オープン戦」
a0152288_1242958.jpg
待ちに待った参加申し込みの受付が始まりました:-)会場に赴けば、
お話好きな人、走りが好きな人、観るのが好きな人、とにかくまったりが好きな人。
どんな趣味趣向の方でもきっと楽しめる、きっとそんな1日となる、と
断言は出来ませんが…その可能性は非常に高いと思います:-) それは
Coppa del lavoro Italianoに参加した感想であり、実感した1日でもあるのです。

以下は該当ブログより抜粋です。
-----
ナンバー付きでも、ノーマル車両でも楽しんでいただけると思いますが、
勝ちだけにこだわる方や、一般的なモラルやルールが守れない方はご遠慮願います。
ジムカーナではなくミニコースタイムアタックです、180度ターンもなければ、
パイロンコースでもありません、少し勇気を出してみませんか?
2012年3月18日(日曜)
名阪スポーツランド
参加資格:イタリア自動車のみ年式不問
費用:1万円
-----他詳細は記事上部のリンクからお読みください。

イタリア車のみではありますが、年式不問でもあり新旧入り乱れて、大袈裟に言えば
様々な「自動車」の遍歴も、進化も温故知新もあるんではないだろうか、と
今から観る方としても楽しみでもあります。
サーキットを走るというと構えてしまいがちですが、小学生のころ
徒競走で味わった心地良い緊張感と、走り終わった後の爽快感を感じ、
そしてまた自分のクルマが好きになれる、そんな1日になるような気がします。
当日皆様とお会い出来ること、ほんとうに楽しみにしております:-)
[PR]
by fotografiat500 | 2012-01-11 01:33 | イベント

meet cinquecent

a0152288_19492591.jpg
天高馬肥。
a0152288_1952260.jpg
12/4、嵐山・高雄パークウェイで開かれた京都チンク会なる、ゆるい集まり。
実在の団体として「京都チンク会」というものがある訳では無く、便宜上
そう名乗っているだけであり、fiat 500に乗っている方、他車種の方、
クルマに興味がある方なら、一緒に楽しみましょうというミーティングであります:-)
a0152288_19563711.jpg
京都での開催は3回目となりますが、いつも楽しく
そして遠方からも、更に初めてお会い出来る方々も多く、いちろうちゃんに
倣って私もそういう場合の名刺を作っておこうかしら、と思うこともしばしば。
a0152288_19582661.jpg
相も変わらずfiat 500の話は延々と繰り広げられ、それ以外のプライベートや四方山話、
ご一緒して頂いた皆さんと晩秋の高雄で目一杯、だらけさせて頂きました。
当日は風が強く肌寒い一日でしたが、沢山の方々とお話出来非常に満足した
時間ではありましたが、山を降りてからは情けないことに体調がグズグズと…。
何とかは風邪引かない、なんて言いますが、珍しく引いてしまい
今日になってやっと回復した次第であります。
a0152288_2035367.jpg
会場では、Sさん夫妻がそんな寒さを見越してかとても上品な
おぜんざいを来られた皆さんにお裾分けしてくださいました。
上品な甘さのこし餡と、しっかりと餅米の味がするお餅。
美味しゅうございました:-)御馳走様でした。
a0152288_209059.jpg
毎回思うのですが、このような場に居て、もっと沢山話したかったなぁとか、
あの人とはお話出来なくて残念…という場面があるのですが、
そう思うからこそ、私自身また参加しようと思うのでしょう。
腹八分目、が良いのかもしれません。

また新緑の美しい、暖かい頃にお会い出来れば。
お相手してくださった皆さん、本当にありがとうございました:-)
[PR]
by fotografiat500 | 2011-12-07 20:26 | イベント

京都チンク会+高雄

a0152288_10485286.jpg
今年も12月4日(日)嵐山・高雄パークウェイで京都チンク会が開催されるようです。
+リンク先に詳細アリ

当日はパークウェイ内ではフロムセブンミーティングも開催される模様で、
「チンク会」と銘打ったこの集まりでも、等しくfiat 500だけではなく
年式車種問わず並べて、日がな一日楽しめればというスタンスであります。
fiat 500というある部分では濃いクルマに乗っていると、それ以外は興味が
無いような見られ方も個人的にはされる場合もありますが、垣根無く様々な
クルマ+オーナーの皆さんと一緒に楽しめればと思っております。
最近はサーキットばかりでしたので、まったり出来るのが
ある部分では嬉しかったりします:-D

会場は紅葉も美しい京都の山ですが、寒さも市街地よりかは感じられると思いますので、
防寒対策をしっかりして、向いたいと思います。
当日お会い出来る皆様、宜しくお願い致します。
[PR]
by fotografiat500 | 2011-11-30 10:54 | イベント

この10日間ほど、様々な天気予報サイトを見ては溜息をつき、天気を擬人化しては
にっくき妖怪「雨ふらし」と心の中で、格闘する毎日。

あなたは多分相当に陰湿な性格なんだろうね、そんなに人が
楽しみにしている日に雨を降らして、ほくそ笑んでいるあなたは
いったいどんな教育を受けてきたのか、と罵倒し
何とか自分に都合の良い予報を、出しているサイトがないものかと探す毎日。
a0152288_9124737.jpg
ですが、格闘の末に何とか雨ふらしの心を改心させることが出来そうです:-)
お頭も書いていますが、皆が晴れ男と思いたいのは事実(笑)
何を隠そう、私も晴れ男だったのかもしれません:-)

天気の回復に嬉しくてついついこのような冗談めいたtweetしてみましたが、
明日はいよいよ2011 Coppa del lavoro Italiano!
お会い出来る皆様、宜しくお願いいたします:-)
[PR]
by fotografiat500 | 2011-09-17 09:20 | イベント

mother head / 2011 Italian Job

a0152288_1222434.jpg
a0152288_1236443.jpg
GTAmを纏った、おかんの頭の頭さんのジュリア。
ナローボディの一部を切り取った物をチャリティの一環として販売されていました。
勿論、全額募金で手間ひまと材料費を考えれば赤字なのではないかなぁと思いつつ
購入した物の、出来映えを見て感じました。
a0152288_12385694.jpg
私が選んだのはベルトーネのエンブレムが残るボディの一部。ベルトーネは
コーチビルダーとして、また全盛期にはジウジアーロやガンディーニと
いったデザイナーを擁したデザイン集団でもあります。そのような
活気溢れる社名の入ったエンブレム付きの一部はいつか自分のガレージが
出来た時にでも鎮座させようかと考えております。
a0152288_12441685.jpg
全体像はきちんと計算されて切断されており、この直線とアールの絶妙な
組み合わせがなかなかのお気に入りです。まさかお頭とお会いした頃は、
あのナローボディの一部が京都の町家に飾られている、なんてことは
想像だに出来ませんでしたが、このような洒落と実益、そして出来映えに妥協の
無い所は、お頭たる所以なんだろうな、としげしげと赤い欠片を見ながら感じました。
a0152288_12241886.jpg
a0152288_1331646.jpg
そしてアルサロマンから頂いたチョコ。パートナーと美味しく頂きました:-)
これをアルサロマンという映画ルチャリブレに出て来そうな覆面の方が配る訳ですが、
その笑いと狂気紙一重な様子はイタジョブならでは、であります(勿論褒め言葉です)

毎回思うのですが、真面目さと洒落、そして硬派と軟派、
走りとまったり、様々な側面を垣間見せる異種混合のイタリアンジョブは、
スタッフの方々のバラエティ溢れる面々も含め、お頭とアルサロさんの
「俺だって楽しみたい」と想う気持ちがあるからこそ、また訪れたいと
思わせる所以なのだと感じることが出来ました。もう2012イタリアンジョブまで
あと360日ほど。来年も遊びに行きたいと思います:-)
[PR]
by fotografiat500 | 2011-05-18 13:42 | イベント