<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012 euro cup rd.3 / ex run

a0152288_1442598.jpg
5月27日(日)ユーロカップ第3戦、エキサイティングランに参加しました。
本当は4月の第2戦にも参加する予定だったのですが、私の不注意により足に
怪我を負ってしまい、参加料を無駄にしてしまう始末。
今回ご一緒したのは、カメロンパンさんroadkingさん
a0152288_147650.jpg
当日の天気は良く、路面のコンディションも抜群だったと思います。
セントラルサーキットは昨年11月の第5戦以来。その際の仕様を纏めてみると…。

エンジン…
650cc / 110F型ヘッド(オートマイスター製 超軽量ビッグバルブ)
/ 80度ハイカム / weber 28 IMBキャブ

足回り…
4.875から4.333ファイナルへのハイギアード化。
フロント→市販品ダウンリーフ  リア→オートマイスター製ハードスプリング
10インチスチールホイール(165/70/10 DUNLOP R7)


更にこれまでの走行記録を覚え書きとしても記したいと思います。

1 / 初走行2010年9月第4戦…2分18秒641
2 / 10年10月チャオイタ  …2分11秒237
3 / 11年2月第4戦     …2分11秒170ココまでノーマルヘッド
4 / 11年5月第5戦計測器不調のため未計測。→ココまで145ラジアル
5 / 11年10月チャオイタ  …2分05秒390
6 / 11年11月第5戦    …2分05秒618

そして今回新たなエンジンをオートマイスターさんに組んで頂きました。
詳細はこちらに既に記していますが、緑字との仕様の大きな違いは
排気量は738ccへ。オートマイスター製の超ビッグバルブ1ポートヘッド、
クランク・ハイカムの変更とキャブの大径化(40 DCOE)でしょうか。
この仕様になってから、勿論体感出来る程の加速の違いと、吹けの
良さだけではない、たっぷりのトルク感を味わうことが出来、エンジンの
スープアップの確信から今回のユーロカップは密かに昨年のチャオイタからの
-5秒更新の2分切りを目論んでいました。

当日は2回走るつもりだったのですが、諸般の事情で午後前からの1回走行。
「今日は1回です」とroadkingさんに伝えた時の驚いた顔が忘れられません…。
(ちなみにカメロンパンさんも1回でした)
a0152288_15204826.jpg
そのお陰と言っては何ですが、roadkingさんの気持ちよい走りを見る事ができ、
a0152288_15223140.jpg
久方ぶりにセントラルで28ばんさんの中も外も一新したベローチェを拝見でき、
a0152288_15254342.jpg
Fさん+チビジュリエットさんにもご挨拶と出走前の談笑を楽しみ
a0152288_15414371.jpg
イタジョブでも毎度気になっていた青い戦闘機、だいごさんとも
改めてお話しする機会がありで、充実した待ち時間でありました。

さて肝心の走行ですが、今回は車載動画もばっちり対策を施していたのですが、
いざ出走の際に録画ボタンを押しても無反応。帰宅してから解りましたが、
ゲートオープンからパドック駐車までのどこかで、なぜか録画ボタンが
押されていたようで、車内から談笑する姿だけが永遠撮影されていたという、
何とも言いようのない呆れるバカっぷり…。
バッテリー+メモリ不足の為、今回も車載動画は無しです。
a0152288_15441528.jpg
結果はベストラップを2秒207だけ更新し2分03秒183という不甲斐なさ。と言うのも
このエンジンの仕様ならば2分切りは充分可能な範囲であったのに、機械は
変わってもヒトが変わらない故のこの結果でありました。
ホームストレートで-1秒、バックストレートで-1秒。
車速が上がった分これで稼いでますが、コーナーでのテクニカルな要素は
何一つ上達しておらず、というのが目に見えて解ります。

新しいエンジンで初めて走ったサーキット。
感触としてはドライビングが難しくなったということでしょうか。
ただしそれは私の様な何も考えず、フィーリングで運転するような無精者に
言えるだけであり、fiat 500というこの「愛車」とも言えるエンジンの鼓動と
タイミングがシンクロすれば驚く程のポテンシャルを発揮してくれることが解りました。

ストレートの伸び、それはバックストレートから3コーナーへの突っ込みが
全く違うことで解りました。今までは3コーナーから登坂になるため、
少々のオーバースピードでも登坂により車速が自然と押さえられた訳ですが、
その勾配をものともせず、グングン車速を上げて行くようになりました。
よってその後、のぼりストレートから5・6コーナーの緩やかなS字ゾーンは
必然的に車速が上がり、コントロールが以前と比較してラフな状態では
とても追いつけず、シビアになったことは事実です。しかしそれはやっと
「普通のサーキット走行」というものを体感出来ただけなのかも知れません。

その反面、コーナー立ち上がりの如何ともし難い非力さは無くなり、
踏めば呼応してくれるストレスの無さには感動すら覚えました。
a0152288_1614938.jpg
今回はこのADVAN 032RのSタイヤで参加する予定でしたが直前に以前の
ダンロップR7に変更することにしました。その理由としては145から165に変更した際の
グリップ力の上昇に満足し、ずっとダンロップのラジアルで走って来ているという慣れ、
そしてある程度滑らせることによる横転という危険性の回避という部分からでした。
そして見た目をどう見ても、接地面積ではR7の方が勝っており、これでも
充分でないかと言う部分を自分でも確認したかった為でもあります。
a0152288_165046.jpg
650ccライトチューンであった以前のエンジンの際は全くもって安心し、
走行に不安無くしっかりと力強く路面を掴んでいる感触だったこのタイヤ。
738ccになり各部様々な変更を行なった今回のエンジンでは、ある意味パワーを
使い切れない不安要素とストレスを感じ、再度145の時の不安定感を感じたのは事実。
しかし今回のことでこのタイヤでは私個人的に、そして私の車両の場合では
サーキット走行にはスペックに問題があると自身で感じる事が出来ました。
(遅過ぎって聞こえてきそうですが…)

今年のチャオイタまでに走行出来るのは9月のみ。
それまでに今回のパワーフィールを復習し、更に次回はSタイヤを新調して、
どの程度の違いが感じられるのかを確認したいと思います
[PR]
by fotografiat500 | 2012-05-29 16:28 | autodromo

2012 / Italian Job FOTO

言い訳ココから

今回は全くもって納得いく写真がありませんでした。
思い出せばふらふら〜と絞り優先でカシャカシャと
林家ぺーさんばりにシャッターを押しただけ。
それぞれオーナーが大事にされている車にかろうじて助けられ
「記録」としては残せるものとなりました。反省。
来年は昨年書いた様に、商品撮りのような気持ちで再チャレンジしたいと思います。

→言い訳ココまで
a0152288_12392434.jpg

a0152288_12411880.jpg
a0152288_1242578.jpg
a0152288_12411146.jpg
a0152288_12405637.jpg
a0152288_12394463.jpg
a0152288_12395347.jpg
a0152288_1253577.jpg
a0152288_12393997.jpg
a0152288_13252370.jpg
a0152288_1244231.jpg
a0152288_12463725.jpg
a0152288_12472488.jpg
a0152288_1247589.jpg
a0152288_1249057.jpg
a0152288_1254562.jpg
a0152288_12543917.jpg


今回も色々な方とお話する機会が出来、本当に感謝しています。
それでも9時から16時までの7時間では足りないぐらいでした:-)
何より楽しかったですし、天気もちょうど良かった。
今頃、鼻の頭と額の皮がめくれてきましたが、これも毎年の恒例となりそうです。
改めてありがとうございました。



今回はナンバープレートの修正はしておりません。
不都合でしたらお手数ですがコメント欄にてお教え願えれば幸いです。
[PR]
by fotografiat500 | 2012-05-25 13:19 | イベント

2012 / Italian Job

a0152288_0232314.jpg
イタリアンジョブは年に一度開催されている、同好?の1975年までに
生産された(一部例外除く)イタリア車のイベントです。主催されているのは
古いアルファ・ロメオにお乗りのアルサロさんとおかんの頭の頭さん。
そして種々様々な魅力的な車にお乗りのスタッフの皆さんが支えている
イベントでもあると思います。そして当たり前ですが、皆さん良い意味で
極々普通な人であり一般常識を兼ね備えている人たちでもあります。

'05年から'11年までの7年間は藤橋城(プラネタリウム)の駐車スペースでの
開催でしたが、該当地が改装作業を行い、それに伴い集客数の増加を見込み、
許可が降りなかった為、今回、新会場である道の駅は「星のふる里ふじはし」にて
開催されたイベントです。そしてイタリア車好き、クルマ好き、機械好き、
生ガスの匂い好きであればどんな方でも楽しめるイベントであるとも思いますし、
1975年までに生産されたイタリア車を所持してなくとも、ツーリングがてら見学に
来て、参加されている皆さんに色々と質問をするのも個人的に楽しいとも思います:-)
a0152288_0383997.jpg
今更ながらなことを書いているように自分でも思いますが、
今回新たな会場地である「道の駅」が前回までの会場地と比較して、より様々な
人が利用する公共の場所であり、私自身バイカーの方や老夫婦、現場帰りの
おじさんに色々と質問されたからでもあります。(なんの集まり?etc,etc...)
何度か書いたことがあると思いますが、誰かのブログが何かの小さなきっかけになり、
現在のクルマと出会い、そして魅力的な人たちに出会えた糸口であったと思いますし、
今はこのイベントに参加して楽しかった、という本音があるから私のような
ブログでも少しでも参考になればと思い、まだ3回目ですが、このイタリアン・ジョブに
参加しての自分なりの解釈を書いてみようと思いました。

それよりも銀塩カメラで撮影したため(近くにあったカメラがたまたま銀塩だった)
現在アップする写真が無い、という部分も大きく影響しているのは否めません…。
a0152288_057956.jpg
そんな中、心に刺さった車両はiphoneで撮影しましたが、この記事
一番上の写真はアルファロメオ・ジュリア GTA。言わずもがなですが、70年代の
レースシーンを彩り、強くて速いアルファロメオの代名詞でもあると思います。
そして2枚目、その熱い走りと好戦的とも思えるスタイルをオマージュしたジュリア。
これも各々のオーナーのその形へ行き着いた気持ちが、若輩者過ぎる私ですが
痛いほどわかる…(ような気がする)。これら2枚は今年のメインフューチャーであり、
GTAのオーナーでもあるボンバロッサの方々が、このGTAがGTAたる所以と
そのヒストリーを紹介してくださる一面もあり、大変楽しい時間でもありました。
そして上記の写真GIulia1967さんのヴィタローニ・セブリングミラーのアップですが
台座の取り付け方が個人的にとても美しく感じ、その内真似させてもらえればと思い、
参考に写真を撮らせて頂きました。セブリングミラー自体が「現代の形状」を
彷彿させる完成された形でもあると思うのですが、それにこの一見アンバランスな
細身のステーで橋梁のように支えられた無骨さが、個人的にとても気に入りました。
a0152288_1124585.jpg
そしてメインフューチャーの一台でもある、○島さんのジュリアスプリントGTA。
希少価値という部分よりも、私のようなアルファロメオド素人でも理解出来る、
そのクオリティの高さと質感の素晴らしさは、欲しい云々では無く純粋に惹かれ、
とても興味深く拝見させてもらいました。工藝品という部分でもアウトラインが
しっかり引き立てられていて、初めて視界がクリアにGTAを見れた気がします。

メインフューチャーのアルファロメオばかりになってしまいましたが、綺麗に並べられた
クルマ全て嘘偽りなく興味深く、楽しく、時には何も考えず見ることが出来ました。
所謂オリジナル派もノーマル派も改造派も、どんなカタチでも結局は素敵だと思います。
それをオーナーが所有して、運転して動かしている気持ちは決してネガティブでは無く、
ポジティブでもあると思いますし:-)

その辺りの多種多様なクルマを見れるのもイタリアン・ジョブ、の
醍醐味でもあるなぁと改めて感じることが出来ました。

自分がフィルムで何を撮ったのか、あまり覚えていないのですが焼きあげて
また後日にアップしたいと思います。お頭のブログに当日の模様が細かに
上げられていて、尚且つ参加された方々のレポートのリンクも
貼られていますので、そちらも是非ご覧になってみてください:-)

改めて主催者、スタッフの方々、お会いできお話できた皆様、ありがとうございました!
[PR]
by fotografiat500 | 2012-05-23 01:40 | イベント

MADE IN FRANCE

a0152288_17482127.jpg
a0152288_1743193.jpg
a0152288_1744534.jpg
バラバラになったフランス製イエーガーのメーター。24V用52パイの油圧計です。
フランスのebayでどんな状態のものでよかったので、安価な24V物を取り寄せました。
a0152288_17514961.jpg
その目的はこのパーツのため。
メーターの構造としては、表からメーターリング→ガラス→そして該当パーツである
メーターカバー(勝手に命名)→メーターパネル→油圧計という順番なのですが、
このメーターカバーに[JAEGER]と印刷されているものは案外少なかったりします。
よく見るとプリントされる部分は長方形に台座が出来ており、この種のメーターは
少ない経験上、Jaegerの前期型と睨んでいるのですが…。
a0152288_17564152.jpg
さらにこのように横にエンボス加工が施されている物、
そしてツルっとしたフラットなものなど(後期型?)、探していくと様々なものが
見当たり、個人的な好みとしてこの横エンボスのパネルを探していました。

探すと言っても、このタイプの在庫は海外に結構安価であり、日本での
半額程度で入手出来る物ですが、問題は私のクルマはMADE I ITALYというところです。
例えば油圧計を示す「PRESS OLIO」フランス・イエーガーの場合の表記はもちろん、
「PRESS HUILE」(HUILE=OIL)となっており、ゴルディーニやシトロエンDS、
A110にも使用されていたようですね。
a0152288_18184275.jpg
ではJaegerで尚かつイタリア語表記、そして油圧計(PRESS OLIO)の場合は10bar
油温計(TENMP OLIO)は130度スケールの物は何に使われていたのか。
探した所ランボルギーニ・ミウラ(P400)に使用されている事が解っただけ…。
他にもあるのか、そもそもこの時代にP400専用として作成されたかも疑わしく、
様々なクルマに流用されていたんだろうと想像出来ます。
a0152288_18283563.jpg
そして、何故かイタリア語表記のものは少なく、あまり売買されている
ことも見かけた事がなく、半ばライフワークのようにイタリア語表記のイエーガーを
探していましたが、見つからないことに痺れを切らし自作する事に。
上記写真は以前装着していた油温計ですが、速度計・回転計の造作は良く
出来ているのに、何故か油温・油圧計の造作は大変甘く、せっかくうまくレプリカを
作っているのにもったいないなぁと感じていた所もきっかけになりました。
a0152288_18384865.jpg
a0152288_1843517.jpg
自作と言っても、目的のメータカバー部品取り用のメーターと、130度・10barの
メーターを探し出し、それらをばらしてイタリア語表記と同じフォントを
使い、スケール表示や文字詰めを同じ間隔で、新たに描き起こしたデータを
印刷しただけです。本物はシルクスクリーン印刷ですのでインクの盛り具合が
よく見ればわかり、エッジも良い雰囲気で甘く歪みもある、更に表記の白の色味、
パネルの黒さ加減、そして本来のパネルのテカリ具合を見て用紙を選択して、
再現すれば案外パッと見は解らないレベルのものが作成出来ると感じました。

ただ同じ52パイのメーターと言ってもとガラスの径も全く違いますし、
リングの形状も違う。私が最初に取り寄せたカバーは写真にあるように円の縁に
段差のないフラットパネルでしたが、実際に組み合わせて使用したのは2度目に
取り寄せた段差のある初期型?パネルでした。その他諸々、合計6個の
油温・油圧計メーターを取り寄せ、分解したことで様々な発見もありました。

こういうレプリカの作成は賛否両論あり、内緒にしようと思ってましたが、
取り敢えずこのような楽しみ方もアリなんではないかな、と個人的に感じたこと、
こういうバカなことをすることで、様々な発見がある楽しみもまた良いものです:-)
[PR]
by fotografiat500 | 2012-05-16 19:14 | パーツ