<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

banca di s.p.a

a0152288_19232683.jpg
5/29 に第1回開催の"BANCA di s.p.a."(バンカ ディ スパ)に参加してきました。
場所は愛知県の海沿いにあるスパ西浦モーターパーク(1周約1.5km)

この大会はイタリア車のみのサーキットイベントで、
タイムアタック、スプリントレース、30周耐久レースや
プロレッスン、レーシングカー体験など盛り沢山の一日となりました。
a0152288_19254256.jpg
a0152288_19281874.jpg
a0152288_19254355.jpg
ぼくはスプリントレースでの出場。
グリッドスタートでの所謂レース形式でのサーキット走行は初めてで
走行台数18台中で最小排気量。しかし気持ちだけは前向いているので
なんとかなるだろうと参加を決めました。
a0152288_19354511.jpg
でも本当はオートマイスター清野さんはじめ、お頭や温泉さんなど
色んな意味で楽しい方々がいたからこそ。

とはいえ。
a0152288_23354465.jpg
photo by pさん

車速違いすぎる車両+経験値も高い皆さんに混ざり
自分の遅さと経験の低さを実感したのも事実。
迷惑もかけたと思います。すみません。

予選の時は怖かったですし、俯瞰で見る動作では無く、
自分の目線で走ることの難しさ。
サッカーの試合だってあれ、俯瞰で見てるから色々わかるんですよね。
いわば神の視座です。現実ではありえない、VRの世界と似てる気がします。

理論では無く、サーキットで走ることの諸々…
イレギュラーがレギュラーになる怖さ。
何だかいろいろ突っ込み頂いているみたいなので、
書いてみましたが、こっちだって正直いろいろ言いたいんです。
って書くとまた言われるからこれぐらいにしておきます。
a0152288_23242080.jpg
今回は来年の耐久レースにぼくも乗ることになった
耐久号ことFIAT 124スパイダーも参戦しました。
スプリントレースはMr.Mさん、タイムアタックはとしさん、
耐久レースはgrungeさんとs800さん。
マザーヘッド耐久号として、着々と仕上がってきています。
(ぼくは何もできませんが)
でも出来ないからっていって、言われることだけをするようなことはしませんよ:)
遅いからってこのままでいるつもりがないのとおんなじ。
そうやって自分の身丈で楽しんでいくつもりです。
そういう風に楽しんでいける仲間に出会えたことの幸せさも
感じた一日でありました。

最後にBANCA di s.p.a.の主催をしてくださったIさん、
スタッフの皆様、ありがとうございました。

ぼくの原点はこのスパ西浦で開かれた"BANCA di s.p.a,"になりました。
てっきりチャオイタかと思っていましたが、嬉しい誤算でした。

これからも自分のfiat500を煮詰めていき
ゴマメでなく、いつか皆さんと競えるように夢見ています。

でもやっぱりあっさりと抜かれるのは悔しいですね。




[PR]
by fotografiat500 | 2016-05-30 23:42 | autodromo

autodromo

a0152288_01405139.jpg
先日、バケットシートをオートマイスターの清野さんに取り付けてもらいました。
なんて書くと、ポン付けのように聞こえますが、暫く作業を横で拝見していて、
今更ながら「すごい」と思える、乗り手に対する配慮と技術と経験値の高さからくる、
行程の細やかさでした。
a0152288_01405221.jpg
シートポジションに対する、ステアリング位置の変更。
これも一筋縄ではいかない作業ですね。
シフト位置も調整するはずだったのですが、僕の好みでは
従来の位置で全く問題なかったので、今回はこのまま。
a0152288_01474278.jpg
その作業の時、我が愛車は見たことのないトーアウト。
言わずもがな、タイロッド外しているからなのですが…
思わず吹き出してしまう違和感でした。
a0152288_01522634.jpg
様々な行程と微調整を経て、装着完了!
元々、fiat500のシート位置は左にオフセットしていて、
ABCペダルを踏むには身体を右に振らなければなりません。
もちろん、普段乗るにはそれ程の違和感もなく、問題無いのですが、
バケットを取り付けるにあたり、かなり中心に寄せてもらいました。
ちなみにこのシートの取り付け幅は370mm。座面がかなり小さいのと
形状がうまい具合にセンタートンネルを避けてくれたので、
かなり寄せることが出来ました。
a0152288_01572497.jpg
シート高さ、ステアリング位置、ポジション。
様々な要因が変更になったので、いきなりサーキットを混走で走るのは、
自分の腕に自信が無かったので練習へ。(シート装着とは別日)
今回もほぼ貸切でありました。
僕は知識も経験に裏打ちされた理論も持ち合わせて無いので
難しいこともわかりませんし、
実際、ドライビングはうまい方ではありません。
なので回数を重ねて経験を積んでから理論を理解するしかないのです。

ベストラップは前回と比較して1.6秒縮まりましたが、それよりも嬉しかったのは
力まずともコンスタントにベストラップ付近を走ることが出来たこと。
裏を返せばギリギリまで攻めてないってことですが、
今回の目的は新しい環境に慣れることでしたから自分の中では御の字です。
a0152288_02044952.jpg
プラス、今回はfiat500のことを隅々まで知っている
オートマイスター清野さんにお願いして、自分の愛車の状態をサーキット走行で
確認してもらう機会を得ることが出来ました。
(正規の走行手続きをしています)
a0152288_02243184.jpg
当日は気温も高く、油温上昇を少しでも抑えるため
ヒーターダクトは空けての走行。もちろん走行後は汗だく…。
ありがとうございます…。
的確なアドバイスを色々と頂き、現在の状態でのウィークポイントと
対処からの展開と限界を聞くことが出来ました。
大袈裟な言い方かもですが、光明が見えました。

ただ、この走行だけで当り前ですが自分のベストラップを
あっさりと更新されたのは改めてすごい人やな…と。

まだまだな僕ですが、目標とする人が近くにいてくれて
本当に幸運だなぁと思う楽しい一日でした。






[PR]
by fotografiat500 | 2016-05-25 02:34 | autodromo

italian job 2016…リハビリ

イタリアンジョブ2016に参加してきました!
2014年はASDさんのカラシ号で参加させてもらい…昨年の2015はクルマ無かったので参加せず、
そして今年は自分のクルマ、白鼠号で復活して初めてのイタジョブでもありました。
a0152288_18531056.jpg
今年のメインフューチャーは「スパイダー」
a0152288_18551385.jpg
遊び(遠隔操作)で撮った写真ですが、端的に「イタジョブ」を
表している写真だなぁ…と。
”くつろぐ人、はしゃぐ人、クールでおしゃんなクルマ”

久しぶりのイタジョブは、マイ椅子を忘れて人の椅子に
勝手に座って寝てしまったり、前泊の飲みの段取りを安易に考えていたり
(飲みの段取りは重要!)
と、少し「あぁイタジョブってこんなんやったなぁ」と
思い出しながら終わった一日でありました。

個人的にとても嬉しかったのは、色んな方に
「復活してよかったね〜!」「おめでとう」と言ってもらえたこと。
正直、乗っていなかった時期は自分勝手だなと思いつつも、
今はその時期やない、と情報をシャットアウトしていたので、
こうして勝手に戻って来ても、受け入れてもらえたことがとても嬉しかったのでした。

ただいつも通り、もっと色んな人と話したかったなぁというのは事実。
来年はもっと話せるかなぁ…。



[PR]
by fotografiat500 | 2016-05-16 19:04 | イベント