ライセンス

来年の頭ごろにはセントラルサーキットのライセンスを取得しようと思う。
宣言ではないけど覚書みたいなもの。

走ることに関してセンスも経験もないぼくは
走って走って経験を積むしかないんだな。

ぼくの500の挙動を知り尽くしたい。
セントラルはぼくにとって何か特別な感覚を覚えるし
何より楽しい。
それがすべて
a0152288_21215167.jpg


[PR]
# by fotografiat500 | 2015-12-23 01:04 | autodromo | Comments(2)

再会

Andiamo su!
a0152288_22481285.jpg
2年間のブランクを終え今月末に再会します。
E/gは以前積んでいた738ccから650ccに。でもハイカムだけ入れてもらいました。
こう書くとグレードダウンした感じに受け止められるかも知れないけど、
エンジンを組んでくれたのは信頼するあの方、それだけでも嬉しい。

今は乗れるだけ、ガレージにあるだけ、仕事中にふと振り向いた時に目線に入るだけ、
それだけで至福の時間になる。

クルマを手放して、同じ個体でまたたのしめること。
カメロンパンさんと、相方、そしてクルマが無い時でも同じように接してくれたあの友達にも感謝。
というわけで、また楽しみます。でも今度は自分をもっと出していこうかな:)

[PR]
# by fotografiat500 | 2015-12-18 23:00 | 独言 | Comments(2)

presto


Il lupo perde il pelo ma non il vizio

a0152288_23494631.jpg

[PR]
# by fotografiat500 | 2015-12-02 23:53 | 独言 | Comments(6)

仕事と一年

業種は変わってないけど今までの仕事プラス、新しいベクトルの仕事を始めさせてもらって8ヶ月。
求められるクオリティの高さと、アーティスティックな視点(苦手)、それらと相反する
手際の良いルーチンワークの熟練度に勉強させてもらっています。

すごく久しぶりな更新は、また「取り敢えず」のストック品の追加があったため。
a0152288_16125877.jpg
a0152288_1613990.jpg
a0152288_16131749.jpg


FUSINA!

これは綺麗だと思います。
アンコはどうなってるかわからないですが、あの車に付けたら最高やろな〜って
思ったので迷わず。

いろいろと皆さんから助言頂き、心に響いたのは
やっぱり「肩の力を抜いて」という言葉です。
こう決めたから…という気持ちは今も勿論持っているのですが、
じゃあ決めなかった方の事柄には一切触れないの?っていうのは確かにおかしいかな。

何やらよくわからない書き方してますが、
生ガス嗅ぎたいし、アイドリングストップは運転してて面白く無いし、
やっぱり格好いい車がいい、とい思うので、それに向けてしこしこと用意する毎日を過ごしています:-)
[PR]
# by fotografiat500 | 2014-12-27 16:18 | 日常 | Comments(6)

auto withdrawal syndrome

a0152288_1851469.jpg
Jaegerの四連メーターに関しては、今まで都合4つほど手に入れては手放し、としてきましたが
初めて非レプリカのものを手にすることが出来ました。
まだ手元に届いていませんが、先方からの写真が届きました。
一番の違いは速度計のオドとトリップのフォント形状と位置。よく出来ているレプリカのものは
写真の物とはテレコになっています(経験上ですからイレギュラーはあるかもしれません)
またトリップの1桁台の「0」表示が赤バック地になっていること。
そしてメーターリングの形状(造作)でしょうか。違いを言い出せばキリがありませんが、
a0152288_195525.jpg
懸念とされるところと言えば、機械式のタコメーターです。
勿論、あの頼りなさげで、曖昧な機械式の針の動きは魅力的なのですが信頼性と耐久性を
考えると、個人的には今までの経験上やはり電気式に軍配があがります。
a0152288_1994510.jpg
こちらはタコメーター。独特の色あせ具合がとても素敵です。ただ先方が言うには
a0152288_1912183.jpg
メーターリングが外れてしまっているということです。カシメればいいだけなのにな…
と思いつつ、これを手に入れたのには理由があります。タコメーターを中身だけ電気式にコンバートして、
その他配線類をメンテナンスしやすく尚且つ、やれ具合はそのままに、見た目を綺麗に
実用性もあるメーターに仕上げたいなということです。
a0152288_19294275.jpg
a0152288_19295189.jpg

レプリカもオリジナルも各々良いところがあり、どちらも肯定否定はしませんが
この独特のウェザリングはやはりエエなぁとしみじみ思う訳でありました。
[PR]
# by fotografiat500 | 2014-01-08 19:29 | パーツ | Comments(10)

traning

a0152288_18501026.jpg


写真というものに携わって、どのくらい経過したかは忘れましたが、
これまでの間に様々な変化を遂げた分野の一つであると思います。
カメラ機材の進歩もめざましく、誰でも綺麗な写真を撮ることが出来、
昨今は3DCGも急速な進歩を遂げ、はたまた3Dプリンターなんて代物も出てきて、
フィルム時代のスタンダードは崩れ去り広告の分野では所謂「広告写真」は
パっと見、斜陽なカテゴリに入るのかもしれません。

ただそれは個人的に思うのは、ただの言い訳であって、世界中で活躍しているカメラマンは
居る訳ですし、それは新しい分野の何か(仕事)を獲得し、カメラと光の技術を、
普遍と流行とを感じ取りながら腕を磨いていた人たちにとっては、?かも知れません。

ふとそのようなことを寝る前に考えていたら、自分の車であるfiat 500を撮影したくなり、
とりかかることにしました。ただ500のサイズでも自宅兼スタジオのスペースでは、
キツキツ故の写り込みの難しさや画角の限界、ちょっとしたことが原因でセットの崩壊…
等々ありましたが、さすがに自分の興味を強く惹く、この時代のクルマを撮影する作業は
とても楽しく試行錯誤することが出来ました。

SNSでは途中経過のものを掲載しました。
コンセプトは修正済み写真のように、ですが、これはコンピュータグラフィックスや、
デジタルでの修正、作り込みが当たり前になってきているデジタル写真の分野とは
少し逆行し、デジタル修正無しの一発撮りを、あたかも修正したような雰囲気の
光を作って撮ってみようと少々意味のわからない、やる気で抑えてみました。

車体部分のみPCで切り抜き、セット部分は明度を落とす作業は行いましたが、
車両の部分は手を加えていません。どうだ!すごいだろ…と胸を張って言いたい所ですが、
まだまだ本当に課題は山積みであります…。
後ろからも撮りたかったけど、セットを崩さなければならず敢え無く断念。
ただウィークポイントは見えてきた気もしますし、また期間を空けて
もっと違った雰囲気で再チャレンジしたいと思います:-)
[PR]
# by fotografiat500 | 2013-06-12 19:24 | 日常 | Comments(18)