重森三玲+庭園

a0152288_22483741.jpg
松尾大社

以前、吉田神社近くにある「重森三玲邸」を拝見した時の心の沸騰を
もう一度味わいたく松尾大社にある、重森三玲作の庭園へ。
a0152288_22562328.jpg
曲水の庭
王朝文化が栄えていた頃、貴族達の雅遊の場を表現したもの。
個人的にあまり「ピン」と来ず、大してヒットもしませんでしたが
優雅に曲線を流れるせせらぎに一服の清涼を頂けただけでもありがたやです。

ピンと来なかった為、写真をあまり撮らなかったのですが(悪い癖です)
見る角度によって、2種類の「亀」の形をこの曲線に見て取る事ができるようです。

また写真奥には笹が植えられており、7年前にこの笹は一度
植え替えられたようです。と言うのも笹の寿命は諸説はありますが
約60年と言われ、その命果てる時に一輪の小さな白い花を咲かせます。
7年前にその笹の花が咲き寿命がつき、再度植生しなおしたそうです。
a0152288_2337264.jpg
関西地方では有名な「商売繁盛で笹持てこい」という今宮戎の
掛け声がありますが、以前は正直言って笹持って来てもろて
何が嬉しいねん、という疑問がありました。
ただこの場合の「ささ」は「さけ(酒)」が訛ったもので、酒樽の写真が
示す様に、松尾大社は酒造神も祀る神社でもある為
長野より大金をかけ笹を取り寄せた経緯があるようです。
a0152288_23463732.jpg
蛇足ですが、こちらは昨年拝見した「重森三玲邸」
a0152288_2348763.jpg
シャープ/アクオスのCMで吉永小百合嬢がはんなりと液晶テレビを
おすすめしていた場所、ということで有名になりました。
a0152288_23522397.jpg
a0152288_014270.jpg
こちらの家は吉田神社の社家・鈴鹿家が所有していたものを、昭和18年に
重森三玲が譲り受けたものです。当時は近衛文麿が下宿していたとか…。
a0152288_23553844.jpg
照明には親交があった、イサム・ノグチの物が使用されており
こじんまりした家ですが、おおらかで細部のデザインに至るまで
目を瞠るものがあり、また充分すぎる程に現代デザインと拮抗するその形は、
良い物はやはり良いと肩肘張らず納得させてくれ、そして
様々な職種の製作者にとって刺激を与えてくれる場所だと感じました。
[PR]
by fotografiat500 | 2010-08-15 00:24 | 日常