ripari della dinamo

a0152288_14112429.jpg
電車で帰宅中、急遽主治医から連絡をいただき、多忙極める中
時間の合間をぬって京都まで出張修理に来て頂けました。
急いで帰って晩御飯を流し込みましたが、予想以上の早さで京都に到着されました。
第二京阪が全線開通したことによって、京都へのアクセスは良くなったようです。
a0152288_1425223.jpg
肝心のダイナモですが、まずプーリー、ベルトを外し手でダイナモを
回してみますが電圧は正常な値までにはならず、ブラシが機能していないことを確認。
そして、主治医が手に持っているこのアルミのカバーがガッチガチに
固まっており(製造から一度もOHはされていない模様)ダイナモの
カバーから外すのに難儀されていましたが程なく無事に外れ、
その後アーマチュアコイル、フィールドコイル共異常が無いかを調べます。

無事、ダイナモのパンクでは無い事が解りブラシ交換へ。
a0152288_144939.jpg
作業は手際よく進み(当たり前ですが…)、しかし「これは私には無理」と
思える作業でした。ただ横でずっと凝視させて頂き、いつもの様にレクチャーを受け、
次回このトラブルがあった場合は、なんとか切り抜けれそうな
一筋の光明が見えた「ような気がした」ことも事実です。
a0152288_15143545.jpg
明朝 /ブリッピング時

バッテリー充電が終わったのは深夜。
その為E/g始動はその日には叶いませんでしたが、ジェネレーターランプも消え
ズバッと心地よく廻るE/gに復帰いたしました。
走行した感触は少しパワーが上がったような…これはよく言う
プラシーボ効果でしょうか。僅かに軽く廻る感触はあるのですが…。
遠方まで、また遅くまで作業して頂いて本当にありがとうございました。
[PR]
by fotografiat500 | 2010-09-29 15:35 | メンテナンス