Funghi

a0152288_12281695.jpg
京都市左京区は縦に長く、ここは本当に「区」なのだろうかという景色が広がります。
風は既に冷たく秋を飛び越して冬の寂しさだけを先取りした様な天気ですが、
a0152288_12291589.jpg
そんな気持ちを察してか、ちらほら晴れ間も覗きます。これから向う奥深い山の中には
ヘタをすれば直径50cm重さ10kgを越える獲物が居るという…wikiによるとですが。
a0152288_12351167.jpg
大人と二人の子供が軽トラ2台とバンに分乗し、あの場所までの入り口へ向います。
私有地でもある山林に到着し、もうここからは皆で徒歩と思いきや
a0152288_14501422.jpg
何故か先ほどは全員乗れた軽トラが地元の猟師さんの
「ここから男は歩いてやー」の一言でいつのまにか「女性専用車両」となり、
女子だけ乗せた軽トラは山道を登って行きます。
この道は結構な石や岩が散乱しており、歩きにくいことこの上ありません。
男子は汗を流して(私は更に息を切らして)登っていくのでした。
しかしこの軽トラ、1速ギアの更に下の「スーパーローギア」なるものが
装備されており、無論4WDですが山岳地帯のロバのように健気に
悪路を走破していきます。まさしく、はたらくくるまでありました。
a0152288_1458710.jpg
a0152288_156230.jpg
「はたらくくるま」でも、さすがに倒木には適わず、そこからは女子も歩くことに。
途中、開けた場所にてお待ちかねの昼食を取ります。
まだこれから山道を登って行かなければならず、ここでお腹いっぱい食べることは
自らの首を絞める様なものです、がそんなことは知らんとばかりに、
パートナーが作ってくれた大きめおにぎり4つを美味しく頂きました。
「うめぼし入り全面焼き海苔」と「ゆかり+梅のダブル梅おにぎり」でした。
a0152288_15154630.jpg
心地よい木漏れ日に昼寝をしたくもなりましたが、全員で捜索開始です。
a0152288_15195662.jpg
熊も逃げ出すような怒濤の勢いで探します。
a0152288_1520934.jpg
猟師さん曰く、このオレンジの「害獣駆除ジャケット」は鉄砲を打つ免罪符だそうな。
a0152288_15202789.jpg
柴犬「はなちゃん」も山奥に入ると、もののけ姫の山犬「モロ」の風格に変貌します。
a0152288_15271279.jpg
私の予想では「もういいよ」と言うぐらいに、獲れると思っていたのですが
山の中は静まり返って、そのような気配はいっこうに感じる事が出来ません。
このままでは、おまんまの食いっぱぐれになってしまいます。疲れも出て来た
そんな時「あった!」と元気な子供の声が遠方でしました。
a0152288_1541554.jpg
舞茸。
「香り松茸 味しめじ」のどちらにも入っていない舞茸ではありますが
自生のものは中々探すのが難しく、舞茸の語源の一説には、見つけた時に
舞い上がってしまう程嬉しくなるキノコだからだとか。
その後も探しまわってみたものの、結局これ1つだけで打ち止めとなりました。
直径50cm重さ10kgには到底及ばない大きさではありましたが、ボウズにならず
良かったな、怪我無くて良かったな、としきりに猟師さんが仰っていました。
正直、もう少し欲しかったのは事実ですが久しぶりのハイキングを楽しめ、
山の緑と旨いおにぎりにありつけたのが収穫でした:-)

と言ったものの、舞茸の語源が実証されたかのように舞い上がってしまったのか、
はたまた悔しかったのか、ただの食いしん坊か解りませんが
a0152288_155142.jpg
a0152288_15511414.jpg
普段ならば絶対に買いやしない、ボリュームと値段の舞茸を
帰路のスーパーにて、友人Aさんと共同購入して憂さ晴らしをしたのでありました。
[PR]
by fotografiat500 | 2010-10-14 16:02 | メンテナンス(ウェット)