tettuccio rigido #2

a0152288_2343081.jpg
硝子繊維強化プラスチック。FRP(GRP)のハードトップの装着が完了しました。
一般にFRPは金属と比較して、軽量で強度も実用に耐えうる素材だと認識しています。
ただこの場合、キャンバストップと比べ軽量化に寄与しているかと言われれば残念ながら
「ほぼ重量は同じ」で手で持った感触としては全く同じであろうと感じました。
勿論FRP製品にもピンからキリまであるものですが、私のこの安物ハードトップは
フィッティングは良いものの、鈑金職人さん曰く素材が薄く、一部ヒビ割れも
あった上、コート部分を均すのに大変難儀されたようです。
a0152288_247416.jpg
室内側の留め付けは主治医にお願いして、アルミ板でステーを作って頂きましたが、
この無骨さが大変気に入っております。専用設計で隙無く造られた製品も良いのですが、
このアルミとFRPむき出しなコンペティティブネスな造作は皮(ボディ)の丸みと
相反した無機質な色合いが、個人的には非常にグっと来るものを感じます。
a0152288_322090.jpg
前回の記事でも書きましたが、キャンバストップを外すことは暫く悩みました。
メンテナンス性と開放感、そしてアイコンとしてのキャンバストップは
やはり素晴らしいと思いますが、私のfiat 500に関してだけ言えばこの
方向性で良かったであろうと自負しております。整流効果もプラシーボ効果かも
知れませんが、少し良い感触を得ることが出来ました。
a0152288_3132153.jpg
好き勝手に色々と弄っておりますが、このfiat 500は私だけのものではありません。
「共同オーナー」であるパートナーは私とは真逆で本来コンペティションな形状より、
ノーマル形状のfiat 500を好む訳でありますが、このfiat 500に関しては
「このデザインの方が好き」と言ってくれており、取り合えずは安心した次第です。
[PR]
by fotografiat500 | 2011-03-21 03:17 | パーツ