発電

a0152288_16521726.jpg
メーターナセルに組み込まれているジェネレーターランプ。
これはおおよそアイドリング時(約900-1000rpm)には点灯し、走りだすと消灯する
仕組みになっています。走行時に消灯している、ということは簡単に言ってしまえば
正常に発電しバッテリーへも充電の補助を行なっているという証拠でもあります。
そして現状fiat 500の電力変換装置には2つの選択肢があります。それは
ダイナモ(直流)とオルタネーター(交流)。
a0152288_1774641.jpg
ダイナモの歴史は古く、1831年まで遡ります。発明者はマイケル・ファラデー。
ファラデーは磁場の研究でも有名で勉学に疎い私のようなものでも知っている
学者でありますが、現在私達が使っているipadからパーソナルコンピュータ、
本を読むための電灯、すべての電気を使う機器の基礎を築いた物理学者でもあります。
a0152288_16581716.jpg
少し話が逸れましたが、私の使用している電力変換装置はダイナモであります。
(上記写真はフィールドコイル)
このダイナモ、当然オルタネーターと比較してアイドリング時の発電量や耐久性と
言う部分で劣るわけですが、オルタネーターと比較して回転時の抵抗が少なく、
重量も微々たるものですが、若干軽いという利点もあるかと思います。
a0152288_17151281.jpg
今回は走行中にジェネレーターランプが点灯し、フィールドコイルの異常のため、
主治医に急遽交換してもらいましたが、細い銅線が巻かれたフィールドコイルは
いつ破断してもおかしくなく、これからもダイナモを使用する限りは
このような突発的な発電不良にも対処していかなくてはならないでしょう。

特に高回転で使用する頻度が高いサーキットでは、発電するためのブラシが摩耗する
速度も、それと比例して早く、電圧もオルタに比べ不安定という部分で
劣勢であることは否めません。その証拠に本気でレースをしている車両にダイナモ、
という組み合わせは見たことがなく、ほぼ皆無ではないかなと感じています。
a0152288_17243699.jpg
今回ダイナモの修理のため、エンジンマウントを外したのですが
その際に軽微な破損箇所を発見できたのは幸いでした。
a0152288_17271121.jpg
こちらはエンジンマウントのassy。
この部品によりエンジンとマウントパネルを接合し、さらにエンジンの揺れを
中に仕込まれたスプリングにより逃がす至ってシンプルで、
されどなんとも言えない機能美が到達した面白く美しい形状でもあります。
a0152288_17313589.jpg
この部品の下部にあるサポートパネルにヒビが入っていました。
このヒビ部分はエンジンが脱落する起因となるような部分ではなくエンジンが左右に
揺れるのを防ぐ部分であるので気付きにくい部分でもあります。
エンジン載せかえの際には異常が無かったことから、排気量が上がりエンジンの
揺れも増えたことにより、寿命によりヒビが入ってしまったのでしょう。
新しく交換することにより、今後はこの交換部分の心配は無さそうです。

フィールドコイルを交換したその後は発電も問題ありませんが、
サーキット走行も多く走りたい、そして通勤時には京都から大阪間のfiat 500に
とっては長距離走行をこなすという私の使い方では、今後のために
オルタネーターに交換すべきと決断した次第です。
[PR]
Commented by おかんの頭の頭 at 2012-04-22 20:11 x
案外知られてないけど、段付など前期のジュリアもダイナモです。
しかし、仰るとおり回したり長距離には弱点もあり、オルタに変えてることが多いです。
私も以前の段付時代に鈴鹿走行後ランプ点灯しっぱなしとゆうダイナモ殺しをした経験があります。
Commented by nuova51ono at 2012-04-22 20:29 x
オルタでもこだわってマレリにされるんでしょうね(笑)
先日のツーリングで暖機運転している時、友人のF/Lタイプエンジンマウントと私のRタイプのエンジンマウントを比べた時Rタイプの揺れの激しいのにビックリしました。
F/Lタイプに交換予定ですが、なぜかF/L用エンジンマウントを2セットも持ってます(汗)

Commented by fotografiat500 at 2012-04-22 21:26
お頭

そうなんですね〜…ジュリアは1600 GT以外はオルタだと思ってました。
どうもオルタの形状が馴染めないのですが、つけてしまえば
案外気にならないのかなぁと決断しました。物(オルタ)の
個体差があるようなので、主治医OHものでお願いしようと思ってます。
しかしアルファロメオはダイナモの形状をしたオルタ、
dynatorがあるから良いですよねぇ…羨ましい。
そういえばお頭の段付き時代ってあんまり知らないです。
ちょっとoh my giulia読み返してみます:-)
Commented by fotografiat500 at 2012-04-22 21:29
nuova51onoさん

いやいやそれがですね、onoさんならご存知かも知れないですが、
マレリ製は選びません!(笑)色々な考え方の不特定多数の人が
見ていると思うので、詳しくは書きませんが私の主治医にでも
一度聞いてみてください:-)
Rタイプの揺れ、そんなに激しいんですね!機構の違いが
目に見えて解る差になるとは驚きです。onoさんのエンジンも
相当なもの、とお聞きしているのでF/Lマウントにすれば
レスポンスも良くなりそうですね。しかし、なぜ2個(笑)
Commented by roadking at 2012-04-22 22:33 x
外観上(美観上)のこだわりと機能とのせめぎ合い(笑)。
とうとうオルタネーターに行かれますか。
まあそうすべきでしょうね。アナタの場合(笑)。
Commented by ホット at 2012-04-22 22:34 x
同じタイミングでダイナモ壊しましたね(笑)
もっとも僕は今年4回目のダイナモ修理を昨日したとこです......(^^;
ついにオルタにいかれますか、やっぱりダイナモは回すとダメですね。

僕も一瞬オルタが頭をよぎりましたが、自分で触れなくなるのがいやなのでもう少し粘ってみます......(^^;
でもそう遠くない未来にオルタになってるかもしれませんね♪
Commented by fotografiat500 at 2012-04-23 08:31
roadkingさん

せめぎあい、ですねぇ…(笑)サーキットで思う存分
走りたい、という気持ちが強いので懸念材料のダイナモは
やはりオルタに交換、という決断でしたが取り付ける際に
一工夫してみたいと思います、というより
カメロンパンさんにお願いしてみたいと思います。
同じく回すroadkingさんのジュニアはオルタ?
ちょっと確認してみよっと(笑)
Commented by fotografiat500 at 2012-04-23 08:35
ホットさん

そうなんですよね:-D
同じ時期にダイナモがいっちゃってるなぁとブログの記事
拝見させてもらってました。しかし、ホットさんの場合、
DIYで点検、修理。其の後、プロにお任せするところは
きちんとやってもらう、というスタンス。
fiat 500というクルマがそのスタンスにはとても合致している
と感じました。私の場合はもうほぼ丸投げで…(汗)
今年4回目!って1ヶ月に1回ペースですね〜。
でも今回の自身でやられた修理で、治まるといいですね:-)
Commented by いちろうちゃん at 2012-04-23 14:51 x
ファラデー、知りませんでした!

サワデーなら知っとるけど(^^)
Commented by fotografiat500 at 2012-04-23 17:58
いちろうちゃん

爽やかサワデ〜、ですね(笑)
ファラデーは日本では誰もが知っているという存在では
無いかもですが、成し遂げた偉業はすんごいかも!
by fotografiat500 | 2012-04-22 17:45 | メンテナンス | Comments(10)